断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

CFDトレード話

CFD取引の手数料は無料!

投稿日:

ここから先はCFDに関わるコストとそのしくみについて解説していきましょう。最近では投資家のリテラシーが高まり、コストに対して非常に敏感になっています。株式でもFXでも投資信託でも、手数料の引き下げ競争が起こりました。FXではもはや手数料無料はスタンダードですし、投資信託でも「ノーロードフアンド」と呼ばれる販売手数料無料型の投資信託が人気を集めています。まだサービスが始まったばかりのCFDですが、やはり手数料競争は厳しいものがあります(投資家にとっては歓迎すべきことですが…)。というより、サービスが始まった瞬間に行き着いた感すらあります。すでに手数料が無料となっていることをみればわかるでしょう。現物株でも全面的に手数料が無料というのは聞いたことがありませんから、CFD
が現物株をすでに凌駕してしまっているのです。コストが低いということもCFDの大きな魅力といえるでしょう。

ただし、手数料が無料といっても、コストがまったくゼロというわけではありません。ミニマムチケットフィー(最低手数料)といって、売買金額が一定の金額以下の場合に手数料がかかる場合があります。とくに資金の比較的少ない投資家の場合、このミニマムチケットフィーが収益に占める割合が高くなってくると投資効率が下がるので留意したいところです。ただし、「限月CFD」や「指数CFD」ではミニマムチケットフィーは発生しません。

また、もうひとつの「見えないコスト」がある場合もあります。それはスプレッドです。FX取引の経験があれば、心当たりがあるでしょう。現物株だと株価はひとつです。ところが、為替の場合は取引会社側からみた買いレート(投資家側からみた売りレート廿ビッド)と取引会社側からみた売りレート(投資家側からみた買いレート=アスク、オファー)という、ふたつのレ
ートが存在します。ニュースで為替が報道されるときに、「いまの為替は90円20銭から25銭でした」などとアナウンサーが言っているのを聞いたことがあるかもしれませんが、これは為替には売りと買い、ふたつのレートがあるためです。こうした価格表示の方式を「2ウェイプライス」といいます。初心者の方はどちらがビッドでどちらがアスクか戸惑いがちですが、オークションにおいて買いたいときに「ビッドする」といいますが、取引会社が「買いたい」という意思表示をしている価格がビッドだというふうに覚えておくとよいでしょう。

ビッドとアスク(オファー)のあいだには差があり、これをスプレッドといいます。取引会社としては、「買うときは安く、売るときは高く」したいわけですから、ビッドは安く、アスク(オファー)は高くなっています。この2ウェイプライスがなぜ「見えな
いコスト」なのでしょうか。

取引会社側は「買うときは安く、売るときは高く」ですから、投資家が買うときは上のスプレッドが足された価格で買って、スプレッドがひかれた価格で売ることになります。例えば、売り気配と買い気配のそれぞれ0・2%分上下にビッドとアスクが設定されている場合、売って買ってと1トレードで合計0・4%のコストを支払うことになります。とはいえ、スプレッドコストを勘案しても、手数料は格安ですから、CFDの魅力が薄れるということはありません。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

必勝法信仰は今すぐ捨てなさい

ここまで多くのテクニカル分析やトレード戦略を紹介してきましたが、これらを実践に用いる前に、皆さんに必ず心得ておいていただきたい投資の大原則があります。それは、 投資でク絶対クの戦略・分析は存在しないと …

移動平均線を効果的に使う

マーケットはさまざまに変化します。その変化に対して上手く立ち回るための基本的なツールとして、移動平均線があります。 移動平均線は過去の平均レートを1本の線で結んだだけの非常にシンプルなものです。20日 …

CFDは勝てる銘柄を幅広く世界から抽出できる!

「日本の株式市場に上場する会社なら、何となくわかるけど、ドイツの株式市場へ上場している会社なんてわからないよ」 そう思う方もいらっしやるでしょう。 でも、本当にそうでしょうか。上の感想には2つの誤解が …

努力は必ず報われる?トレード努力論

多くの人は考えます もっと努力をすれば よい暮らしができると 努力に努力を重ねていけば いつかは成功できると これはブラック企業が 搾取するときによく使う手法 AKB48の高橋みなみさんが残した名言 …

CFDトレードの始め方

売値と買値から売買ポジションを立てて決済するだけ CFDの取引の流れはいたってカンタンです。順を追って見ていきましょう。 ・取引するCFD業者を選ぶ CFDは、まだまだ新しい商品なので、FXのように業 …

Count per Day

  • 623120総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 40昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング