断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

CFDトレード話

CFDはの仕組みは差金決済取引

投稿日:

CFDは「Contract For Difference」の略称です。日本語では「差金決済取引」と訳されています。したがって、CFDというのは特定のモノをさす商品名というよりは「さまざまな投資対象を差金決済で売買するしくみ」と考えておいたほうがぴったりきます。

差金決済とは、モノの売買をした場合に、その反対売買をした後の最終的な差損益の額だけをやりとりすることです。たとえば現物株の取引の場合には差金決済が認められていませんから、50万円の株を買って52万円で売る場合には、最初に購入する際に、50万円の資金が丸々なければ売買はできません。しかしこれを差金決済で行なうならば、予想される差損益の金額を担保するだけの証拠金を納めておけば、あとは株の売買をした結果としての2万円のやり取りをすればよいことになります。このメリットは、その分、資金効率と回転率がよくなることです。

有価証券などの売買においては、電気製品やクルマの売買とは異なり、実際にモノを使うために受け渡しをするのではなく、売買の結果としての差損益をやりとりすることが目的となっているケースが大半です。ですから、CFDというのは投資やトレードに関しては非常に合理的なしくみだといえます。証拠金を納めて売買を行なうというと、何か思い出しませんか?そうです。FXと同じです。そこでCFDを説明するときに定番となっている言葉が「FXの証券版」というものです。

CFDの商品設計はたしかにFXと近くなっています。FXと同じようなしくみで、商品を取引できるものだと考えておけばよいでしょう…というより、正確にいえば、FXもCFDの一種であり、そのトレード対象が通貨であるもの、といったほうがよいのです。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トレンドラインの実践的な使い方

トレンドラインに付随する重要なラインとして、平行線があります。トレンドラインはたしかに便利なラインではありますが、それだけではせっかくの効果が存分に発揮されません。平行線を引くことによって、その効果が …

FXの規制強化と政権交代でCFDの時代到来児

F×に対する規制がどんどん厳しくなっていることをこ存じでしょうか? 10年2月には信託保全が完全義務化されるとともに、同年8月には第一弾としてレバレッジが50倍に規制されました。さらに、11年8月には …

ボリンジャーバンドを使ったお手軽手法

次に紹介するのはボリンジャーバンドを利用した手法です。ボリンジャーバンドはご存じの方も多いでしょう。非常に人気のあるテクニカル分析のひとつで、移動平均線をもとに、標準偏差の考え方を取り入れたテクニカル …

CFD株価指数トレードが最強である理由

大切なのは、過去のデータやファンダメンタルズから予測するのではなく、現実の相場の値動きにあわせて対応するということです。 プロのアナリストやストラテジストであっても、先行きはどうせ的中させることはでき …

トレンド転換を確認する1-2-3の法則

トレンドの底打ちはどのように確認したらよいのでしょうか。ぜひご紹介し たいのがク1-2-3の法則万です。 1-2-3の法則は、その名のとおり、3つのステップを踏んで底打ちを確認するシグナルです。3つの …

Count per Day

  • 623468総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング