断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

CFDトレード話

CFDの大きな2つの魅力

投稿日:

CFDには2つの大きなメリットがあります。

①取引対象の幅広さ

②資金効率の高さ

言葉にすると「幅広い投資対象から収益チャンスを探すことができて」、「少額の元手を大きく増やせる可能性がある」ということになります。

2つのうち、まず①から説明していきましょう。

CFD取引では、証券会社によって取引できる銘柄が異なっていますが、例えば株式CFDでは、世界の主要な14の株式市場に上場する約5000銘柄が投資対象となっています(2009年2月末時点)。

皆さんのなかで株式投資の経験がある方は少なくないでしょう。ただ、多くの方が日本株のみの経験で、米国株や欧州株となると、経験のある方はグッと少なくなると思います。近年の日本では、「貯蓄から投資へ」という流れが進み、株式投資が以前よりだいぶ身近なものになったとはいえ、外国株となるとまだまだ縁遠い存在です。海外の証券会社を通じて取引しようとすれば、日本株と比べると、取引コストも割高になりますし、ロ座開設の手続きも煩雑です。株式市場はいま、世界的に下げ基調にあります。しかし、今後そのトレンドが変わるときもくるでしょう。そのときに、どの国の株式市場にチャンスがあるかは誰にもわかりません。

2007年に日経平均は1万8000円台の高値をつけましたが、翌2008年10月には7000円台を割りこみました。日本株がすぐに上昇基調に転じるとは考えづらく、もしかしたら欧州株や米国株のほうが回復は早いのかもしれません。そう考えれば、世界の株式市場ヘアクセスするクパスポートガを取得しておくことは、賢明な選択ではないでしょうか。

そうした意味では、世界の主要な14の株式市場ヘアクセスできるということは非常に魅力的です。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カジノ資本主義の時代を生き抜く術を身につけよう

カジノ資本主義が発展すれば、市場が不透明になるのも当然です。こうなると皆さんの興味は次の2つに絞られてくるのではないでしょうか。 ①カジノ資本主義は今後も続くのか ②カジノ資本主義の時代に投資で勝つに …

深夜でも日経225を取引できる!

日経225先物に投資するのであれば、CFDを使わなくても、普通に日経225先物や同ミニをトレードしたらいいのではないかと思う人がいるかもしれません。 しかし、CFDを活用するメリットは取引時間にありま …

合わせ技で使いやすいADX

今回紹介するのはADXです。初心者の方には少しむずかしいと感じるかもしれませんが、とても有用で応用のきく手法なので、ぜひがんばってマスターしてください。 RsIなど、さまざまなテクニカル分析を発明した …

実はとっても簡単なCFD取引の仕組み

FXのように、証拠金を担保に大きな取引をすることをレバレッジ取引といいますが、cFDも同じしくみです。自己資金をcFD業者に担保として預けることで、その資金の数倍から数百倍の額の取引をすることができま …

トレンド転換を確認する1-2-3の法則

トレンドの底打ちはどのように確認したらよいのでしょうか。ぜひご紹介し たいのがク1-2-3の法則万です。 1-2-3の法則は、その名のとおり、3つのステップを踏んで底打ちを確認するシグナルです。3つの …

Count per Day

  • 623468総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング