断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

CFDトレード話

CFDなら為替コストも節約できる

投稿日:

CFDの魅力は海外市場の幅広い銘柄をトレードできることにあります。海外市場の株、株価指数、先物に目を向けてもらいたいのですが、その際に気をつけてほしいのが為替動向です。

私たちがcFDのロ座へ入金するのは、ほとんどが円でしょう。ところが、海外銘柄のcFDはドル建てやユーロ建て、ポンド建てなど外貨での取引になりますから、そこには当然、為替が絡んできます。円を外貨に交換する両替の必要が発生するのです。

資産管理はすべて円で行なわれます。外貨建て取引の場合は決済時の差損益のみが、決済時点での為替レートで自動的に円へと両替されることになります。外貨資産の取引とはいえ、為替レートの変動による影響を最小
にとどめられるようになっているのです。

少しわかりにくいかもしれませんので、丁寧に説明しておきましょう。現物株を取引した場合と比べるとわかりやすいでしょう。もし、米国株の取引ができる証券会社でグーグル株を10株ほど取引したとしましょう。買った時点での株価は350ドルでした。合計では3500ドルの取引となります。ところが、私たちが購入資金として証券会社に預けるのは円でしょうから、円を米ドルに両替する必要があります。両替には手数料が発生します。現物株取引の場合には、この両替コストが意外とバカにならないのです。ある大手ネット証券会社の説明を読むと、両替時には1ドルあたり片道25銭のスプレッドが発生すると書いてありました。他社を見てもネット証券では、片道25銭スプレッドがスタンダードとなっているようです。片道25銭のスプレッドということは、米ドル/円の為替レートの仲値が100円であれば、私たちが円を米ドルに両替するときは100円25銭で交換し、米ドルを円に戻すときは99円75銭で交換するということになります。これがどれほどのコストになるのか、先ほどの例で計算してみましょう。

グーグル株の購入時には350ドル×10株で3500ドルの両替となります。米ドル/円のオファーは100円25銭ですから、合計で35万875円が必要となります。さて、このグーグル株が購入後に思惑どおり、株価が上昇して1株360ドルとなりました。利益確定して売ったとします。このときは、360ドル×10株で3600ドルの取引です。為替が1ドル100円のままであれば、米ドルを円に交換するときのレートは1ドル99円75銭です。35万9100円です。35万875円で買った株が35万9100円で売れたので万々歳ではあるのですが、これで満足してしまってはいけません。もし、スプレツドがなければ100ドルの利益はl万円でした。ところが片道25銭スプレツドがあるために利益は8225円へと縮小してしまったのです。為替コストは意外にバカになりません。

では、CFDで同様の取引を行なったらどうなっていたでしょうか。先ほども説明したように、CFDでは決済時の差損益のみが両替の対象となります。350ドルで買ったグーグル株10株が、1株360ドルへと値上がりしたのですから、差益は100ドル。この100ドルのみが両替されます。現物株では取引代金の総額が両替の対象となりましたから往復で7100ドルに対して為替コストがかかっていたのに比べると、コストは大きく低減できます。

そうはいっても、もちろんCFDでも両替時のコストは発生します。為替レート(インターバンクの気配値)に土0・5%を上乗せして円へと両替されます。為替レートが100円であれば、米ドルを円に換えるときのレートは0.5%を差し引いて99円50銭ということになります。レートは悪くなりますが、両替金額の総額がたった100ドルのみと減額され、また往復ではなく決済時のみ、 片道の両替となるため利益は9950円と、現物株の
場合よりもグッと増えることになります。とくに取引の総額が大きくなる場合には、為替のコストもふくらんできます。取引が成功してせっかく利益が出ても「あれ、円にするとこれしかないの?」とがっかりすることにもなりますから、取引手段を慎重に検討する必要があります。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニューヨーク株価指数暴落!いつまで続く新コロショック?

新コロショックの始まり 新型コロナウィルスの感染拡大に端を発した株価指数の暴落(略して”新コロショック”)がとまらない。 そもそも今回の株価暴落はいつから始まったのかということを確認してみると、202 …

欧州指数CFDの特徴

欧州各国指数には、ドイツの「DAX指数」や英国の「FT100指数」、フランスの「CAC40指数」などがあります。 DAX指数は、フランクフルト証券取引所に上場するドイッ企業のうち、優良30銘柄を対象と …

レバレッジの仕組みとリスク

CFDは証拠金取引ですから、少額の証拠金を元に大きな金額のトレードを行なうことができます。こうしたトレードを「レバレッジを効かせる」といいます。レバレッジが何倍かというのは、元手に対してどれだけの金額 …

限定記事について

断酒院座堕悪的備忘録では 8月より限定記事をアップしております。   限定記事と通常記事は8割方同じ内容ですが、 限定記事には「チャート分析(会員限定)」という項目があり、 目線判断の仕方に …

CFDトレードの基本はトレンドフォロー

すでに何度も書いてきましたが、CFDで鉄則としたいのがトレンドフォローの戦略です。ところが、 いくら口を酸っぱくして言っても、初心者の方はとくにトレンドに反した売買をやってしまいがちであるのも事実です …

Count per Day

  • 623468総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング