CFD株価指数トレード

6/8利益確定56750円 6/9の売買目線ライン S&P500株価指数CFD

投稿日:2020年6月9日 更新日:

欧米市場の情勢

世界経済は今年マイナス5.2%成長に、戦後最悪の落ち込み-世銀

  • 世界経済、来年はプラス4.2%成長への回復を予想
  • 中国は1%増、インドは3.2%減-日本と米は6.1%減を見込む

世界経済は今年、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴い、第2次世界大戦後で最大の落ち込みとなる。世界銀行が8日公表した最新の世界経済見通し(GEP)でこう予測した。

それによると、2020年の世界成長率はマイナス5.2%が見込まれる。新興・途上国経済はマイナス2.5%成長と、統計が始まった1960年以降で最悪と予想している。

前回1月の予想では、世界経済は2.5%のプラス成長が見込まれていた。今回の予想は、過去150年で1914年、30-32年、45-46年に続く深刻なリセッション(景気後退)を意味すると世銀は指摘した。

世銀のジェイラ・パザルバシオル副総裁(公正な成長・金融・組織担当)は、パンデミックはまだ続いているとして、「その不確実性を踏まえると、見通しの一段の下方修正の可能性は極めて高い」との認識を示した。

先進国経済は今年、ユーロ圏が9.1%減と落ち込むことなどでマイナス7%成長が予想される。

中国は1%増とプラス成長を確保するものの、1976年以来の低水準を見込む。日本は6.1%、米国も6.1%、インドは3.2%のそれぞれマイナス成長の予想。

世銀は2つの別のシナリオも示しており、新型コロナの収束に予想以上に時間がかかり、制限措置の継続や再導入が必要になる場合、世界経済は今年ほぼ8%のマイナス成長に落ち込む可能性を指摘。一方、制限措置を近くおおむね解除できるシナリオでは、成長率は4%のマイナスにとどまるとの見方を示した。ただ、この場合でも、2009年金融危機時の2倍余りの落ち込みとなる。

一方世銀は、来年の世界経済についてはプラス4.2%成長への回復を予測した。

 

出典 https://www.bloomberg.co.jp/

 

S&P500のトレード結果(6/8)

日付け 終値 始値 高値 安値
2020年6月8日 3,232.39 3,199.92 3,233.13 3,196.00

ルール通りの取引で利益確定をすることができたが、NYcloseの1時間前に決済をしていることで最後の伸びを逃してしまった。大引けまで待った方が良いのか?

下段は週末に決済し損ねた週マタギのポジション。結果オーライとなったが、ちゃんとルールを守らないといけないな…

DAX30による目線判断(6/9

C=当日終値 H=当日高値 L=当日安値

bH=前日高値 bC=前日安値

赤実線…前日高値 赤破線…買い目線ライン

青実線…前日安値 青破線…売り目線ライン

日付け 終値 始値 高値 安値
2020年6月8日 12,819.59 12,722.68 12,913.13 12,670.95

買い目線判断ラインは12963

売り目線判断ラインは12621

-CFD株価指数トレード

Copyright© 10万円から始められる副業としてのFX(ドル円 豪ドルNZドル ドルコスト平均) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.