投資と断酒とミニマリスと 

INVETSING and SOBRIETY and MINIMALIST

FX相場分析

2021/10/01 FX相場分析 Forex Market Analysis 外汇市场分析

投稿日:

リバランス構想が通らず、株式市場の低迷が拡大する中、米ドル/円は後退する

本日のニューヨーク市場では、米ドルは対円で後退しました。 午前中に発表された米国の失業保険申請件数が予想を上回ったことで、売りが強まりました。 前日のドル円は、月末のリバランスの結果、112円台まで上昇していました。 また、米国株式市場のダウ平均が大幅に下落したこともあり、ドル円は111円の安値まで下落しました。

市場では、リスク回避の動き、米連邦準備制度理事会(FRB)の早期出口戦略への期待、予想以上に長いインフレ率の上昇などに慎重な姿勢が見られました。 このような状況下で、ドルは強力な買いポジションにありました。 しかし、市場では、2011年第1四半期までに2回の利上げを織り込むのは時期尚早との見方もあります。 市場はFRBの利上げ意欲を見誤ってきた歴史があります。パンデミックの不確実性と長期的な成長への影響を考慮し、FRBは経済の見通しに確信が持てるようになるまで利上げを急がないことを示唆しています。

また、今後数ヶ月の間にFOMCメンバーの再編成が行われ、FOMCがハト派的なスタンスに傾く可能性があると指摘しました。 アナリストによると、パウエルFRB議長の後継者も未定で、特にクラリダ副議長とクオールズ副議長が今年と来年初めに任期満了を迎えることから、そのような状況になっています。

ユーロは一時、対ドルで1.15ドル台半ばまで下落しました。 ダウ平均が500ドル以上下落したため、米国の株式市場では売りとリスク回避のドル買いが行われました。 ユーロは対ドルで昨年7月以来の低水準まで下落し、21日線を下回るペースが加速しています。

同日発表された9月のドイツの消費者物価指数(速報値)は、前年同月比4.1%増と約30年ぶりの高水準となり、インフレが加速しています。 しかし、市場ではECBが慎重な姿勢を維持することが前提となっており、米連邦準備制度理事会(FRB)や英イングランド銀行との金融政策のギャップが拡大することが予想され、ユーロに圧力がかかっています。

また、市場では、ドイツの10年債利回りがプラスに転じるまでに相当の時間がかかる可能性が指摘されており、ECBが2025年まで利上げを待つハト派シナリオと、2011年から2013年末までインフレ率の上昇により早期の利上げを目指す2つのシナリオに基づいて試算されています。 2つ目は、ECBが2011年に利上げを開始し、2013年末には0%に戻すというタカ派のシナリオです。 2つ目は、ECBがインフレ率の上昇により早期の利上げを目指し、2011年から開始し、2013年末には0%に戻すというタカ派のシナリオです。

GBPUSDは買い意欲に支えられ、1.35ドルレベルまで回復する場面もありました。 また、市場では、イングランド銀行が年内に利上げを開始する可能性も考慮されています。 しかし、11月または12月に開催される金融政策委員会(MPC)での決定の指針となる指標が非常に限られていることが指摘されています。

GDPデータは何度も修正されており、また連休明けの労働力関連のデータもまだ出ていないため、現在のところ予測は困難です。 10月のデータは12月のMPC会合までに入手可能となりますが、これが金利決定の基礎となる可能性は低いと思われます。

リバランス構想が通らず、株式市場の低迷が拡大する中、米ドル/円は後退する

本日のニューヨーク市場では、米ドルは対円で後退しました。 午前中に発表された米国の失業保険申請件数が予想を上回ったことで、売りが強まりました。 前日のドル円は、月末のリバランスの結果、112円台まで上昇していました。 また、米国株式市場のダウ平均が大幅に下落したこともあり、ドル円は111円の安値まで下落しました。

市場では、リスク回避の動き、米連邦準備制度理事会(FRB)の早期出口戦略への期待、予想以上に長いインフレ率の上昇などに慎重な姿勢が見られました。 このような状況下で、ドルは強力な買いポジションにありました。 しかし、市場では、2011年第1四半期までに2回の利上げを織り込むのは時期尚早との見方もあります。 市場はFRBの利上げ意欲を見誤ってきた歴史があります。パンデミックの不確実性と長期的な成長への影響を考慮し、FRBは経済の見通しに確信が持てるようになるまで利上げを急がないことを示唆しています。

また、今後数ヶ月の間にFOMCメンバーの再編成が行われ、FOMCがハト派的なスタンスに傾く可能性があると指摘しました。 アナリストによると、パウエルFRB議長の後継者も未定で、特にクラリダ副議長とクオールズ副議長が今年と来年初めに任期満了を迎えることから、そのような状況になっています。

ユーロは一時、対ドルで1.15ドル台半ばまで下落しました。 ダウ平均が500ドル以上下落したため、米国の株式市場では売りとリスク回避のドル買いが行われました。 ユーロは対ドルで昨年7月以来の低水準まで下落し、21日線を下回るペースが加速しています。

同日発表された9月のドイツの消費者物価指数(速報値)は、前年同月比4.1%増と約30年ぶりの高水準となり、インフレが加速しています。 しかし、市場ではECBが慎重な姿勢を維持することが前提となっており、米連邦準備制度理事会(FRB)や英イングランド銀行との金融政策のギャップが拡大することが予想され、ユーロに圧力がかかっています。

また、市場では、ドイツの10年債利回りがプラスに転じるまでに相当の時間がかかる可能性が指摘されており、ECBが2025年まで利上げを待つハト派シナリオと、2011年から2013年末までインフレ率の上昇により早期の利上げを目指す2つのシナリオに基づいて試算されています。 2つ目は、ECBが2011年に利上げを開始し、2013年末には0%に戻すというタカ派のシナリオです。 2つ目は、ECBがインフレ率の上昇により早期の利上げを目指し、2011年から開始し、2013年末には0%に戻すというタカ派のシナリオです。

GBPUSDは買い意欲に支えられ、1.35ドルレベルまで回復する場面もありました。 また、市場では、イングランド銀行が年内に利上げを開始する可能性も考慮されています。 しかし、11月または12月に開催される金融政策委員会(MPC)での決定の指針となる指標が非常に限られていることが指摘されています。

GDPデータは何度も修正されており、また連休明けの労働力関連のデータもまだ出ていないため、現在のところ予測は困難です。 10月のデータは12月のMPC会合までに入手可能となりますが、これが金利決定の基礎となる可能性は低いと思われます。

USD/JPY falls back, rebalancing moves fail to pass, stock market weakness widens

USD/JPY falls back, rebalancing moves fail to pass, stock market weakness widens

The U.S. dollar fell back against the yen in New York today. The U.S. unemployment claims data released in the morning came in above expectations, which triggered a stronger sell-off. On the previous day, the dollar had risen to the 112-yen level due to the rebalancing of the dollar at the end of the month. In addition, the Dow Jones Industrial Average fell sharply in the U.S. stock market, pushing the dollar down to the low ¥111 range.

The market is wary of risk aversion, expectations of an early exit strategy by the Fed, and a longer than expected rise in inflation. In this context, the dollar is in a strong buying situation. However, some in the market are suggesting that it is too early to factor in two rate hikes by the first quarter of 2011. The market has a long history of misjudgments about the Fed’s willingness to raise rates, and given the uncertainty surrounding the pandemic and its potential impact on long-term growth, the Fed has indicated that it will not rush to raise rates until it feels more comfortable with the economic outlook.

It also noted that a reshuffling of the FOMC membership could occur in the coming months, which could result in the FOMC leaning toward a dovish stance. Fed Chair Jerome Powell’s successor is also undecided, especially given that the terms of Vice Chairs Clarida and Quarles are set to expire this year and early next, the analysis said.

The euro-dollar temporarily fell to the mid-$1.15 level. There was a sell-off in U.S. stocks and risk-averse dollar buying as the Dow Jones Industrial Average was down more than $500. The euro-dollar has fallen to its lowest level since July last year, and the move below the 21-day line is accelerating.

Inflation was accelerating as the preliminary CPI reading for Germany for September released on the same day showed a 4.1% year-on-year growth, the highest level in about 30 years. However, there is a persistent view that the ECB will maintain its cautious stance, and the gap in monetary policy with the Fed and the Bank of England is expected to widen, weighing on the euro.

The market is also pointing out that it may take quite some time for the German 10-year bond yield to return to positive territory, with estimates based on two scenarios: the first is a pigeon scenario in which the ECB waits to raise interest rates until 2025, and the second is a scenario in which the ECB aims to raise interest rates early due to rising inflation, starting in 2011 and continuing until the end of 2013. The second is a hawkish scenario in which the ECB starts raising interest rates in 2011 and returns to 0% by the end of 2013. The second is a hawkish scenario, in which the ECB aims to raise interest rates early due to rising inflation, starting in 2011 and returning to 0% by the end of 2013.

The pound dollar was buoyed by buying interest and even recovered to the $1.35 level. The market is also factoring in the possibility that the Bank of England will start raising interest rates before the end of the year. However, some have pointed out that the Bank of England has very limited indicators to guide its decision at the November or December Monetary Policy Committee (MPC) meeting.

GDP data is difficult to predict at this point because it has been revised many times, and labor-related data after the furloughs are not yet available. although there will be October data by the time of the December MPC, it is unlikely to be the basis for the interest rate decision.

美元/日元回落,再平衡举措未能通过,股市弱势扩大

今天在纽约,美元兑日元回落。上午公布的美国失业金申请数据高于预期,这引发了更强烈的抛售。前一天,由于美元在月底的再平衡,美元曾升至112日元的水平。此外,美国股市道琼斯工业指数大幅下跌,推动美元跌至111日元的低位。

市场对避险情绪、对美联储提前退出战略的预期以及通胀率上升时间长于预期的情况持谨慎态度。在这种情况下,美元处于强劲的买盘状态。然而,市场上有些人认为,现在就把2011年第一季度之前的两次加息因素考虑进去还为时尚早。市场对美联储加息意愿的误判由来已久,考虑到围绕大流行病的不确定性及其对长期增长的潜在影响,美联储已经表示,在对经济前景感到更舒适之前,不会急于加息。

它还指出,未来几个月可能会发生FOMC成员的调整,这可能导致FOMC倾向于鸽派的立场。分析称,美联储主席鲍威尔的继任者也未确定,特别是考虑到副主席克拉里达和夸尔斯的任期将在今年和明年初到期。

欧元兑美元暂时跌至1.15美元的中间水平。由于道琼斯工业平均指数下跌超过500美元,美国股市出现了抛售和规避风险的美元买盘。欧元兑美元已跌至去年7月以来的最低水平,且跌破21日线的速度在加快。

通货膨胀正在加速,因为同日公布的德国9月CPI初值显示,同比增长4.1%,为约30年来的最高水平。然而,市场一直认为欧洲央行将维持其谨慎立场,与美联储和英国央行的货币政策差距预计将扩大,对欧元构成压力。

市场还指出,德国10年期国债收益率可能需要相当长的时间才能恢复到正值,估计基于两种情况:第一种是鸽派情况,即欧洲央行等待加息到2025年;第二种情况是欧洲央行旨在因通胀上升而提前加息,从2011年开始,持续到2013年底。第二种是鹰派情景,即欧洲央行在2011年开始加息,到2013年底恢复到0%。第二种是鹰派情景,即欧洲央行旨在因通胀上升而提前加息,从2011年开始,到2013年底回到0%。

英镑美元受到买盘兴趣的提振,甚至回升至1.35美元的水平。市场也在考虑英国央行在年底前开始加息的可能性。然而,有人指出,英国央行在11月或12月的货币政策委员会(MPC)会议上指导其决策的指标非常有限。

目前GDP数据很难预测,因为它已经被多次修正,而休假后的劳动力相关数据还没有出来。尽管到12月MPC会议时将有10月份的数据,但它不太可能成为利率决策的基础。


以下の商品は個人輸入のネット通販による飲み薬です。

ご購入とご使用にあたりましては、自己責任でお願いします。

購入・使用等に関わる全ての損害について当方は一切責任を負いません。

薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村



 

TOPへもどる

-FX相場分析

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

Count per Day

  • 628278総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 69昨日の閲覧数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

Powered by RSSリスティング