レート確認・注文・決済は早朝のみの1日1回 副業に最適な簡単手法でFXのデイトレードとスイングトレードで資産運用をしています。デイトレード対処通貨ペア:ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル。スイングトレード対象通貨ペア:豪ドルNZドル、NZドル米ドル トレード手法:10pデイトレ、トラリピ、ループイフダン、グルグルトレイン(グルトレ)、くるくるワイド

10万円から始める副業としてのFX

FXトレード結果・相場分析

2021/01/27FX&株価指数チャート分析

投稿日:

外為&株式市況

S&P500種株価指数は上げる場面もあったが勢いが続かず、小幅反落。新型コロナウイルスの変異種を巡る懸念が重しになったほか、追加経済対策へのハードルも意識された。コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)が終わるとの見方が後退する中、小型株が軟調だった。

個別銘柄ではゲームストップが急騰。大きく空売りされている同銘柄にデイトレーダーが引き続き殺到した。

S&P500種は前日比0.2%安の3849.62。ダウ工業株30種平均は22.96ドル(0.1%)安の30937.04ドル。ナスダック総合指数は0.1%下落。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りはほぼ変わらずの1.03%。

BMOウェルス・マネジメントのチーフ投資ストラテジスト、ユンユ・マ氏は「週初はやや不安定な相場となっている」と指摘。「不安定な動きの一因はウイルスの新たな変異種を巡る懸念で、こうした変異種はかなり拡大しているようだ。不確実性に加え、コロナの暗雲からいつ抜け出せるのかという疑問が生じる」と述べた。

外国為替市場ではドルが主要10通貨に対して広範に下落。27日には米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定を控えている。ユーロは上昇。欧州中央銀行(ECB)が対ドルでのユーロ相場上昇をより深く分析することで合意したと伝わると、一時は下落する場面もあった。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下。ユーロは対ドルで0.2%高の1ユーロ=1.2160ドル。ドルは対円で0.1%安の1ドル=103円62銭。

ニューヨーク原油先物相場は反落。新型コロナ感染状況が短期的に悪化すると予想され、始まったばかりの需要回復が台無しになるとの警戒が広がった。ワクチン普及が待たれる中、原油相場は上昇しても勢いを維持できない状態が続いている。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は、前日比16セント(0.3%)安い1バレル=52.61ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は3セント上昇の55.91ドル。

金スポット相場は下落。バイデン政権による経済対策案の行方を気にしつつ、FOMCの結果発表を翌日に控え、方向感の定まらない取引となった。

ニューヨーク時間午後2時46分現在、金スポット相場は前日比5.37ドル(0.3%)安い1オンス=1850.56ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比4.20ドル(0.2%)安い1854.80ドルで引けた。

1月27日の為替相場の注目材料

・米国の主要企業の決算発表→アップル、アボットラボラトリーズ、ADP、ボーイング、ブラックストーン、フェイスブック、コーニング、イルミナ、ナスダック、プログレッシブ、AT&T、テスラ、アンセム、サービスナウ、その他(26日にMicrosoft、27日にApple、Tesla、Facebook、2月2日にGoogle、Amazon)
08:30 オーストラリア 豪)ウエストパック景気先行指数
09:30 オーストラリア 豪)第4四半期消費者物価指数
オーストラリア 豪)NAB企業景況感指数
14:00 日本 日)景気先行CI指数【確報値】
16:00 ドイツ 独)GFK消費者信頼感調査
16:45 フランス 仏)消費者信頼感指数
21:00 米国 米)MBA住宅ローン申請指数
22:30 米国 米)耐久財受注
24:30 米国 米)週間原油在庫
28:00 米国 米)FOMC政策金利&声明発表
28:30 米国 米)パウエルFRB議長の記者会見
06:45 ニュージーランド NZ)貿易収支

FXトレード結果と相場分析動画

-FXトレード結果・相場分析
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 10万円から始める副業としてのFX , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.