主夫トレーダーKMAの「かんたんなお金の増やし方」

FXトラリピとS&P500株価指数インデックス投資の不労所得で誰でも簡単に不労所得でセミリタイヤできる方法を教えます #FX #トラリピ #株価指数 #CFD #インデックス投資 #豪ドル #NZドル #S&P500 #不労所得 #経済的自立 #FIRE #早期退職

ビットコイン4本値トレード手法解説

2020年第6週☆ビットコイン4本値トレード☆買い+35229円 売り-50371円

投稿日:

仮想通貨トピックス

仮想通貨ビットコインは10日、一時300ドル急落し、1万ドルを割った。Coin360のデータによると、9850ドルまで下落した後に反発し、現在は9900ドル付近を推移している。

CMEのギャップ埋めとクジラの影響か
こうした急激な下落は先物市場で週始まりの取引開始と一致しており、先週金曜日の取引の最後に残っていたCME(米シカゴ先物市場)が提供するビットコイン先物の「ギャップ(窓開け)」を埋めたために起きたと考えられる。

CMEのビットコイン先物には週末などマーケットが休みの際にチャート上にギャップが生まれ、経験上このギャップは埋められる傾向があった。

CME先物は先週9850ドルで終了しており、今回の価格と一致する。

また価格が下がったことでデリバティブ大手ビットメックスで一回のトランザクションで200万ドル以上のBTCを購入したことが確認されており、こうした「クジラ」の動きも影響しただろう。

コインテレグラフに寄稿するテクニカルアナリストのflibflibは1万ドルのサポートを割ったことについて「週末に1万ドルを突破したことと、CMEギャップを埋めるために価格が動いたことは高い確率で起こることが予想できた」とし、問題は1万ドルを再び回復するのにどれだけ時間がかかるかどうかだという。もしくはより低い値でのテストが発生するかを見る必要があると指摘した。

一方で、ギャップが埋まったあと、全体的に好調を維持しており、CMEビットコイン先物はすでに1万ドルを超えて取引がされている。

マイナーの損益分岐は12000ドル以上に
1万ドル推移している現在、目下の話題は半減期だ。半減期に向かってどれだけ価格が上がっていくかが課題となる。特に長期の価格に影響を与えるビットコインマイナーのインセンティブに影響を与えることは必至だ。

ビットコインのハッシュレートは上昇を続けており、現在120エクサハッシュを超えて、過去最高を更新し続けている。明日には2週間に一度の採掘難易度(Difficulty)調整を控えるが、調整値は1.3%付近となる予定で、3回連続5%のプラス調整から一転、今回は大きな調整はない見込みだ。

マイナーの損益分岐点は半減期後に2倍になるため、利益を上げるにはビットコイン価格がこれまで以上に高値を記録する必要がある。

この価格について、ブロックタウンキャピタルのマネージングパートナーを務めるジェームス・トダロ氏は、半減期後のマイナーの損益分岐点を12000ドル〜15000ドルになる必要があると指摘した。

アルトコインではLISKが爆騰
一方で暴騰しているアルトコインがある。LISKだ。週末に50%超の大幅な上昇を見せ、足元では2.4ドル付近で推移、過去24時間で30%超と急激に上昇を続けている。

LISKはスイスに拠点をおくリスク財団が運営。開発拠点をドイツにおいている。コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用し、サイドチェーンによるスケーラビリティ問題に取り組んでいる。

現在は高騰しているLISKだが、昨年12月から1月にかけては価格が大幅に下落していた。

しかし、コインチェックのステーキングサービス開始や、バイナンスが今月6日にLSK/USDTの取引ペアなどの発表もあり、市場が好感した模様だ。

引用元 コインテレグラフ https://jp.cointelegraph.com/

ビットコイン円チャート(for B4T)

CCレシオ 橙色線 HHレシオ 赤線 LLレシオ 青線

今週の売買レシオ値の推移

年月日 CCレシオ HHレシオ LLレシオ MAレシオ MA20
2020/2/3 -0.16037 1.463415 0.859856 3.59 823263.3
2020/2/4 -0.54717 -2.40385 -1.19031 2.85 832184.5
2020/2/5 5.020532 5.314286 0.963133 7.49 840984.2
2020/2/6 1.63514 1.329167 4.542399 8.74 849309.1
2020/2/7 0.511808 0.07589 1.983395 8.77 858343.2
2020/2/8 0.933006 0.602323 -0.60424 9.06 866993.8
2020/2/9 2.277121 2.109218 2.299717 10.66 875536.9

 

当週のトレード結果

買い+35229円 売り-50371

DATE 終値 始値 前日差 買目線 買損益 売目線 売損益
2020/2/3 1008555 1010175 -5255
2020/2/4 1003300 1008820 50371 sell 50371
2020/2/5 1053671 1003300 17229 buy 17229
2020/2/6 1070900 1053671 5491 buy 5491
2020/2/7 1076391 1070910 9849 buy 9849
2020/2/8 1086240 1076199 24735 buy 24735
2020/2/9 1110975 1086240 -22075 buy -22075

-ビットコイン4本値トレード手法解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019/12/08☆ビットコイン4本値トレード☆様子見継続

昨日の仮想通貨トピックス リサーチ・アンド・マーケット社が発行したレポートによると、2027年までの量子暗号市場の年間平均成長率は39.2%になり、現在の約1億ドルから2027年には19億9610万ド …

2020/01/08☆買いポジ☆含み益¥+79632☆ビットコイン4本値トレード

昨日の仮想通貨トピックス 昨日のBTC相場はイラン情勢に振り回される展開、上に行って来いの形となるもレンジを切り上げており堅調な推移を見せている。イラク情勢の緊迫化や先に半減期を迎えるBCHなどの上昇 …

2019/12/14-15☆売り目線・含み損¥-6612☆ビットコイン4本値トレード

昨日の仮想通貨トピックス 仮想通貨取引所コインチェックは16日、2020年3月13日にレバレッジ取引を終了すると発表した。 現在ポジションを保有しているユーザーに対して、日本円残高を取引アカウントへ振 …

2019/11/24☆含み益¥234,282☆ビットコイン4本値トレード

昨日の仮想通貨トピックス 米人権団体「ヒューマン・ライツ・ファンデーション」(HRF)は11月20日、ステーブルコインの耐検閲性とプライバシー保護状況に関する分析レポートを発表しますた。ジーキャッシュ …

2019/12/18 買い目線転換 損切り¥-29696 ビットコイン4本値トレード

昨日の仮想通貨トピックス 19日にビットコイン(BTC)は急反発。5月以降の低水準から一気に800ドル上昇して7000ドルを回復した。一方、イーサ(ETH)はビットコインに連動する形で急騰したものの、 …

Count per Day

  • 626208総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
  • 34昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

RSS

Powered by RSSリスティング