This site is about sober living, Forex trading and minimalist living in a local city in Japan.

断酒と為替とミニマリスト Soberism Forexism and Minimalism

CFD株価指数トレード

2019/12/19 S&P500様子見 EU50様子見 CFD株価指数トレード

投稿日:

欧米市場の情勢

S&P500種株価指数は反発し、初めて3200を突破。テクノロジーやヘルスケア、通信株が上げを主導した。同指数は10月入りから7%超、年初からは27%それぞれ値上がりしている。新規失業保険申請件数は予想ほど減らなかったものの、景気の健全性に関する見方を変えるには至っていない。米下院によるトランプ大統領の弾劾訴追は材料視されなかった。中国は13日に発表された第1段階の米中貿易合意に署名するため、米国と緊密に意思疎通していると明らかにした。

S&P500種は前日比0.5%高い3205.37。ダウ工業株30種平均は137.68ドル(0.5%)上げて28376.96ドル。ナスダック総合指数は0.7%上昇。ニューヨーク時間午後4時39分現在、米10年債利回りはほぼ変わらずの1.92%。

FTSEラッセルの世界市場調査担当マネジングディレクター、アレック・ヤング氏は「相場はここ7営業日のうち6営業日で上昇しているため、戦術的には買われ過ぎだ」と指摘。「季節要因は良好で、世界の経済成長や貿易という点でマクロ状況が改善したことも理解されている。気がかりなのは、これらの多くが既に相場に織り込まれていることだ」と述べた。

ニューヨーク原油先物相場は上昇。3カ月ぶりの高値を付けた。前日に発表された米燃料在庫は増加したものの、貿易を巡る楽観を背景に需要見通しが明るくなり、買いが入った。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は29セント(0.5%)高の1バレル=61.22ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント2月限は37セント高の66.54ドル。

ニューヨーク金先物相場は反発し、2週間ぶりの高値となった。米経済指標がエコノミスト予想を下回ったことで、逃避先資産としての金の需要が支えられた。新規失業保険申請件数は予想ほど減らなかったほか、フィラデルフィア連銀製造業景況指数は6カ月ぶり低水準。中古住宅販売件数と景気先行指標総合指数はいずれも予想に届かなかった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は0.4%高の1オンス=1484.40ドルで終了。中心限月の終値としては3日以来の高値。

引用元 bloomberg日本語版 https://www.bloomberg.co.jp/

欧州市場の値動き(チャート&レシオ)

CCレシオ=橙線 HHレシオ=赤線 LLレシオ=青線

 

S&P500のトレード

2019/12/18 様子見 ノーポジション

2019/12/19 様子見 ノーポジション

年月日 終値 始値 前日差 買目線 買損益 売目線 売損益
2019/12/18 3191.14 3196.29 14.23
2019/12/19 3205.37 3192.32

※損益は1pipsあたり$10(≒1,080円)

ユーロストックス50のトレード

2019/12/18 様子見 ノーポジション

2019/12/19 様子見 ノーポジション

年月日 終値 始値 前日差 買目線 買損益 売目線 売損益
2019/12/18 3739 3744 0.17
2019/12/19 3739.17 3741.53
※損益は1pipsあたり€10(≒1,200円)

-CFD株価指数トレード

Copyright© 断酒と為替とミニマリスト Soberism Forexism and Minimalism , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.