簡単なお金の増やし方

FX初心者でも簡単に始められるトレード手法を公開&毎日のトレード結果を解説

大竹まことゴールデンラジオ

2019/12/09大竹まことゴールデンラジオ 聾者の両親の下に生まれて 

投稿日:

日々黄金の歴史あり、ゴールデンヒストリー。今週は「母と子」というテーマでお送りいたします。

1983年、宮城県塩竈市。結婚10年目を迎えた夫婦のもとに待望の一人息子が生まれました。名前は五十嵐大。決して裕福な家庭ではありませんでしたが、大さんの望みをお母さんは一生懸命叶えてくれました。幼い頃お父さんと海で魚を釣って帰るとお母さんはよくそれを天ぷらにしてくれました。 

「あんなに美味しいものはなかった」

と、大さんは言います。 しかしやがて大さんは自分の家が、他の家と違うことに気付き始めます。お母さんとお父さんは耳の聞こえない聾者だったのです。

5歳ごろまで聴力があったお父さんに比べ、生まれた時から耳の聞こえないお母さんは、言葉をうまく話せません。 それでもお母さんは、いつも人一倍明るく優しい人でした。

「母は家にいるとき、ずっと手話で喋ってるんです。僕や父に向って、もう、休みなく。面白いことが大好きで、テレビに出てくるタレントの真似をして、僕をよく笑わせてくれました。」

しかし小学3年ある日、家に遊びに来た友達がこう言ったのです。

「お前んちの母ちゃん、喋り方おかしくない?」

恥ずかしくて、悔しくて、どうしようもない想いが胸の中でうずまきました。大さんは次第に、お母さんを疎ましく感じるようになります。学校で授業参観や運動会を知らせるプリントをもらっても、家には持ち帰らず、捨てました。外を一緒に歩くことも、二人並んで写真を撮ることも無くなりました。お母さんを嫌いになればなるほど、胸は苦しくなります。思春期になると、やり場のない怒りを抑えきれず、

「何で障碍者の家に生まれなきゃいけなかったんだ!」

何度もお母さんを責めました。するとお母さんはいつも手話で

「ごめんね」

と言い、寂しそうに笑いました。

大さんは進学校に通っていましたが、大学へ行くのを諦めます。家にそんな経済的余裕はなかったからです。何もやる気が起きず、高校卒業後は、実家で引きこもりのような生活を2年間続けました。

そして二十歳の冬、お母さんと二人で成人式のためのスーツを買いに出かけます。帰りに電車に揺られる30分ほどの間、大さんは手話を使って、 お母さんとたわいのない会話をしました。スーツを着ることの気恥ずかしさ、最近はまっているドラマ、バイト先での出来事・・・、楽しそうに頷いていたお母さんは、駅のホームに降りると、手話でありがとうと言いました。何故と尋ねると、お母さんは答えました。

「電車の中で、大勢の人たちが見ている前で、手話を使って話してくれて、本当に嬉しかった。」

大さんは、歩いて行くお母さんの背中を追いかけることができず、声をあげて泣きました。

誰よりもお母さんのことが好きだったのに、たくさんたくさん愛してくれたのに、ずっと傷つけていた。寂しい思いをさせていた。ごめんなさい、ごめんなさい。

36歳になった大さんは今、東京で一人暮らしをしながらライターとして活躍しています。

「この仕事を選んだのは、お母さんを喜ばせたかったから。耳が聞こえなくても、活字なら読むことができます。母がくれたたくさんの愛情を、どうやったら少しでも返すことができるのか、今、懸命に考えてるところです。

もし生まれ変わるとしたら、僕はもう一度母の元に生まれたい。耳の聞こえない、あの母と父の子どもになりたいです。」

-大竹まことゴールデンラジオ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019/12/09 大竹まことゴールデンラジオ【ゲスト:田村智子議員】

引用元はこちら https://note.com/cybershottad/n/n5421531432d5 太田アナウンサー(以下、太田アナ):公職選挙法違反や公文書破棄、反社会的勢力との交流など、様 …

2019/12/17大竹まことゴールデンラジオ 結婚と私 出産前日に出ていった夫

たまさんが夫からのメールを受け取ったのは、病室の中でした。 「一人になりたい。家を出て行く。自信がない。」 当時33歳。たまさんはパニックになりました。帝王切開での出産を翌日に控えていたからです。出会 …

2019/12/16大竹まことゴールデンラジオ「結婚と幸せ 10年目の離婚」

上田コウヘイさん38歳、関西の有名大学を卒業し、一流企業に就職。入社2ヶ月後に同い年の同僚と付き合い始めました。社内でも人気の美人だったと言います。2年半後に妊娠。未熟だった二人は戸惑い、一度は子供を …

2019/12/11大竹まことゴールデンラジオ「宮台真司氏 桜を見る会問題、男のクズ化、オリンピック後の日本について語る」

(壇蜜・下線)つづいては大竹メインディッシュです。本日のお客様をご紹介します。首都大学東京の教授を務められています。社会学者宮台真司さんです。   略     桜聞いちゃ …

2019/12/12 大竹まことゴールデンラジオ「母と子…自殺した母」

村尾まさきさんは、お母さんから、勉強しなさい、と言われた記憶がほとんどありません。だから、子供の頃は、友達と野球をしたり、サッカーをしたり、毎日思う存分遊びました。日がくれて家に帰るとお母さんの美味し …

Count per Day

  • 618567総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 51昨日の閲覧数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ