レート確認・注文・決済は早朝のみの1日1回 副業に最適な簡単手法でFXのデイトレードとスイングトレードで資産運用をしています。デイトレード対処通貨ペア:ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル。スイングトレード対象通貨ペア:豪ドルNZドル、NZドル米ドル トレード手法:10pデイトレ、トラリピ、ループイフダン、グルグルトレイン(グルトレ)、くるくるワイド

10万円から始める副業としてのFX

ビットコインドルコスト平均法

2019/11/28☆10日目☆含み損¥-10円☆ビットコインドルコスト平均法

投稿日:

昨日の仮想通貨トピックス

中国の規制当局が仮想通貨に対する取締りを強化したことで、今月だけで少なくとも5つの仮想通貨取引所が閉鎖に追い込まれた。ブルームバーグが28日に報じました。

中国では先週に規制当局が相次いで、仮想通貨の取締り強化を発表していました。中国の深センの当局は、中国の方針に反して仮想通貨取引を提供している事業者39社を特定し、中国人民銀行の上海本部が、仮想通貨の取締りを強化するとの声明を22日に発表しました。

ブルームバーグは、今回の動きが、17年9月の中国の仮想通貨禁止措置以来、「最大の取締りだ」と指摘しています。11月22日には北京の仮想通貨取引所BISSが閉鎖され、逮捕者も出ているとの報道が出ていたが、影響はより広範囲に及んでいるようです。

BISS以外には、中国ではBistodaが23日に業務停止を発表しました。24日にはAKdexがサービス終了を発表しています。IDAXが24日に中国のユーザーへのサービス停止を発表(中国以外の地域に対してはサービスを継続)しました。25日にBtuexは「中国政府のポリシーに対応するため」、サービスを停止しています。

また仮想通貨ウォレットアプリImTokenは、11月22日の中国人民銀行の警告を受け、ユーザー間のテザー(USDT)の取引が急増したと指摘し、10月の1日の平均取引量の2倍に達したということです。

引用元 https://jp.cointelegraph.com/news/the-biggest-cleanup-of-the-sector-since-september-2017-at-least-5-exchanges-were-closed-in-this-month

ビットコイン円チャート(For DCABCT)

DATE 終値 始値 高値 安値 出来高 前日比%
2019年11月28日 814000 822070 837372 808765 6.14K -0.0102

 

現在のポジション構成

新規購入数 BTC保有数 評価額 投資額 評価損益 倍率
0.00123 0.01231 10020 10030 -10 0.999

 

ビットコインドルコスト平均法のルール

・bitflyerの終値(翌日9:00)で毎日1000円分のビットコインを購入する。

以上!

-ビットコインドルコスト平均法

Copyright© 10万円から始める副業としてのFX , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.