投資と断酒とミニマリスと 

INVETSING and SOBRIETY and MINIMALIST

CFD株価指数トレード

2019/11/22☆買い目線☆CFD株価指数トレード

投稿日:2019年11月23日 更新日:

欧米市場の情勢

22日の米国株相場は上昇となりました。中国との貿易合意とりまとめは「非常に近い」とのトランプ大統領の発言が好感された模様です。トランプ氏は一方で、貿易合意は自分よりも中国側の方が強く望んでいるとも述べています。

FOXニュースが報じたトランプ大統領の発言に反応し、貿易協議の動向に特に敏感な自動車株が上昇をけん引しました。週間ベースでのS&P500種株価指数は、10月上旬以降で初の下落となりました。原油先物はこの日下げ、米国債利回りはほぼ変わらずです。

今週は米中貿易交渉の行方を巡り、楽観と悲観が交錯し、相場のボラティリティーは抑制され、主要株価指数は小幅なレンジでの推移となりました。

FTSEラッセルの世界市場調査担当マネジングディレクター、アレック・ヤング氏は「短期的な株式相場の方向性は、いまだに全て貿易協議次第だ」と指摘しました。「このところ実質的な進展がほとんど見られないことを考えると、相場が狭いレンジを抜けず、ボラティリティーが数カ月ぶりの低さにあるのは意外ではない」と述べています。

S&P500種は0.2%高の3110.29。ダウ工業株30種平均は109.33ドル(0.4%)上げて27875.62ドル。ナスダック総合指数は0.2%上昇。米国債市場では、ニューヨーク時間午後4時38分現在、10年債利回りがほぼ変わらずの1.77%。

欧州市場の値動き(チャート&レシオ)

OCレシオ CCレシオ HHレシオ LLレシオ
0.127 0.375 0.656 0.88

寄り付きから一気に上昇するも、

引けにかけて押し戻される展開

 

S&P500のトレード

S&P500の値動き(チャート)

3100ドルからやや反発

S&P500の目線判断

OCレシオ HHレシオ LLレシオ MAレシオ MA20
0.127769 0.656166 0.880146 0.833762 3084.572

OCレシオ 買い

HHレシオ 買い

LLレシオ 買い

MAレシオ 買い

総合判断 買い

S&P500の直近取引履歴

現在のポジション:新規買いポジション 20枚

年月日 終値 前日差 MA 買目線 損益 売目線
2019/11/22 3110.29 buy buy

 

ユーロストックス50のトレード

ユーロストックス50の値動き(チャート)

MA20がサポートしている状態です

 

ユーロストックス50の目線判断

CCレシオ HHレシオ LLレシオ MAレシオ MA20
0.37557 0.656166 0.880146 0.432323 3671.448

OCレシオ 買い

HHレシオ 買い

LLレシオ 買い

MAレシオ 買い

総合判断 買い

ユーロストックス50の直近取引履歴

現在のポジション:新規買いポジション 10枚
年月日 終値 前日差 MA 買目線 損益 売目線 売り損益
2019/11/22 3687.32 buy buy

-CFD株価指数トレード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020/09/03☆FX両建てサヤ取り☆ポンド円&豪ドル円RCIFXトレード☆S&P500株価指数CFD

S&P500株価指数CFDトレード 損切り 100,080円 株価指数トレード売買判断ライン(DAX30) 年月日 前日高値 前日安値 買い目線 売り目線 2020/9/4 13460 130 …

保護中: 限定)目線転換!利益確定!途転買い!CFD株価指数トレード2019/08/07

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

RCIFX・株価指数CFD・FX両建てアービトラージ2020/07/31

RCIFXトレード結果 損切り4280円 レンジ相場が多いかと思いユロポンに手を出してみたが撃沈タイミングが少し遅れた、エントリーも決済も… 株価指数CFDトレード(S&P500) 取引無し …

no image

2018/07/16株価指数トレード(SIT)様子見!

DAX30とFTSE100が 高安まちまちだったので エントリーは見送りです   下記のリンクから口座を開設された方には KMAオリジナルの株価指数トレード(SIT)の 取引手法解説書(PDF)を差し …

2020/01/21☆株価指数CFD☆S&P500・ユーロストックス50☆売り目線

欧米市場の情勢 S&P500種株価指数はこの日、過去最高値近辺で推移する場面もあったが、工業関連や消費関連の銘柄が売られて押し戻された。高級消費財・サービスなどを提供する企業で構成されるS&Pグローバ …

Count per Day

  • 628066総閲覧数:
  • 32今日の閲覧数:
  • 71昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 52昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

Powered by RSSリスティング