FX基礎知識

FXで勝つために必要なメンタル

投稿日:

KMAが毎日楽しみにしているブログの記事です。
(ソース:http://valuablefx.blog.fc2.com/blog-entry-814.html

人造人間19号
人造人間だったのか・・・

勝負には、必ず勝者と敗者がいます。
勝つ人は富と名誉を得、負ける人は屈辱を受けます。

同じくらいの能力の人同士でも、争えば勝者と敗者に分かれます。
その違いは、いったいどこから来るのでしょうか?

おそらく、能力の差が勝敗を決める、と考える人が多いでしょう。
腕力、体力、知力、瞬発力、意志力、魅力、気力、根性といった、人の能力差は確かにあります。

あるいは、時の運人脈が勝敗を分けることもあるでしょう。
幸運で人に好かれている人は、何事も成功しやすい。

有能で、運が良く、仲間に恵まれた人が、勝者になる。
貴方も、そう思っているかもしれません。

確かに、それは間違ってはいません。
しかし、それが勝負において最も大事な要素であるかというと、実はそうではありません。

はっきり言います。
勝負において一番大事な要素は、覚悟です。
それ以外の物は勝率を上げることはあっても、決定打には決してなりません。

スポーツでも、ビジネスでも、ゲームでも、トップに立つ者は必ず圧倒的な覚悟を持っています。
勝者が勝者足りえるのは、敗者を上回る覚悟があるからなのです。

人間個々の能力差は、成人同士で同性であれば、せいぜい1~2倍の範囲です。
貴方の2倍の筋力を持った人はいても、4倍以上の化け物はまずいません。
仮にいたとしても、そんなのを貴方が相手にする機会はないでしょう。

しかし、覚悟の強さは、人によって相当な差があります。
数字で言えば、1~10倍ぐらいの開きがあります。
自分より優れた能力を持った人も、相応のの覚悟があれば、打ち倒すことは難しくありません。

そもそも能力なんてものは、武器や道具、仲間次第でいくらでも埋められます。
相手より優れた武器を用いれば、体格や年齢の差なんて問題ではありません。

銃器
どんな敵も、これを使えばイチコロだ。

貴方が試合で誰かに負けたとしたら、おそらく貴方の覚悟は対戦相手に及んでいなかったはず。
貴方が勝つことができるのは、自分より覚悟のできていない相手だけなのです。

なぜ覚悟の大小で、そこまで大きな差が開くのでしょうか?
それは、覚悟とは、手段を選ばない執念と、相手を傷つけることを躊躇わない冷徹さだからです。

貴方にはその気になれば7mを1秒で走り抜ける瞬発力がありますが、それが実生活(家庭や会社)で発揮されることはありません。
オフィスでも家でも、1~2m/sぐらいでトボトボ歩いています。

なぜ本気で走らないかと言えば、危ないからです。
疲れるからです。
すると怒られるからです。

どんなに足が速くても、オフィスで走ることはできません。
テニスで、相手の顔面をめがけてスマッシュすることもできません。
そんなことをすれば、社会的に失墜することになりますからね。

しかし、非常事態なら、それは解除されます。

普段のんびりしている人でも、火事が起これば、全力で走って逃げだすでしょう。
普段声の小さい人でも、強盗に襲われれば、とてつもない大声で叫ぶでしょう。
虫も殺せない心優しい人も、自分の命が危険に曝されれば、人を殺めることもあるでしょう。

私達は日々を懸命に生きていますが、決して全力を出しているわけではありません。
あくまで社会的制限・倫理的制限を受け、さらにコスト面とバランスを考えた上で、最低限の労力を払っているだけのことです。

なりふり構わず、手段を問わず、相手に対する尊重を切り捨てた人は、本当に強い。
持てる私財の限りを投入し、様々な道具を駆使し、卑怯の限りを尽くす相手は、本当に手に負えない。
様々な制約から本来の10%程度の力しか出せない我々では、全く太刀打ちができないでしょう。

毎日2時間しか練習できない者が、生活を犠牲にして1日中練習する者に勝てるか?

幼少から一つの道に進んできた者に、ちょっとかじっただけの素人が勝てるか?

命に代えても成功したい専業投資家に、ちょっとした副収入が欲しい兼業投資家が勝てるか?

ルールの抜け道を知り尽くし、反則ギリギリの道を走る者に勝てるか?

いずれもノーでしょう。
覚悟のない我々が、犠牲をいとわない強者に勝てるわけがないのです。

自分が勝てるかどうか知りたくなったら、まずは自分の覚悟を測りなさい。
勝つためにどこまで許容できるか、犠牲にできるかを測り、それを人と比較しなさい。

「覚悟なんてしたくない」と思うなら、勝つことを諦めたほうがいいかもしれません。
たった一度勝つために人生を棒に振るのは、無謀以外の何物でもありませんから。

よく能力とか才能とか適正で物事を判断する人がいますが、それは無意味です。
そんなものは、覚悟に比べれば実に矮小で、勝敗の決定打にはならないからです。

なんとしてでも勝ちたいと思うなら、まずは心を決めることです。
何よりも大事なのは、貴方自身の意思なのですよ。

人生の岐路
さあ、進もう。信じる道へ。

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

良書紹介の追加と訂正

去年の記事でFXの書籍をいくつか紹介しました。 中にはこれは良書です!なんて書いた書籍もありました。 その後、自分のルールを確立していく中で 「これはどうも・・・」と感じられるようになったものもありま …

no image

時間を味方につける

相場が上がるか下がるかを予想することは困難です。 しかし,相場が動く時間は分ります。 まずは ロンドン市場~NY市場が開いている時間 世界で最も為替の取引規模が大きいのがロンドン市場です。 そのロンド …

no image

メンタルを排除した機械的ルールの確立

当ブログは,外国為替証拠金取引に関する私個人のトレード方針のレポートです。あくまで個人的な非営利活動における情報提供ですので,実際の投資行動に当たっては,読者様ご自身でご判断ください。当ブログの情報に …

no image

チャートは嘘をつかない

株価の動きは,欲望と不安と恐怖のいずれかの感情に基づいている。不安は,欲望と恐怖という2つの支配的な感情の狭間にある小休止のようなものである。マーケット参加者の大半が欲に支配されている間,株価は上昇す …

no image

一番大事なことは?

こんな時間にチャート分析をしてもなんなので, トレードルール作りにあたって一番大事なことは何かということについて考えてみました。 いろんな意見があると思いますが, トレードルールにおいて一番大事なこと …

Count per Day

  • 657318総閲覧数:
  • 42今日の閲覧数:
  • 65昨日の閲覧数:
  • 38今日の訪問者数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング