レート確認・注文・決済は早朝のみの1日1回 副業に最適な簡単手法でFXのデイトレードとスイングトレードで資産運用をしています。デイトレード対処通貨ペア:ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル。スイングトレード対象通貨ペア:豪ドルNZドル、NZドル米ドル トレード手法:10pデイトレ、トラリピ、ループイフダン、グルグルトレイン(グルトレ)、くるくるワイド

10万円から始める副業としてのFX

FXデイトレード話

クロス円は魔性の通貨

投稿日:

いやですねぇ、

クロス円のことです。

クロス円とは、ドル円以外の円がらみの通貨ペアのことです。

ユーロ円、豪ドル円、ポンド円なんかがクロス円です。

南アランド円なんてものもあります。

この通貨ペア、ドルストレートの掛けあわせで値段が決まります。

たとえばユーロ円、

ユーロ円=1ユーロ相当の日本円の価格

ドル円レート=1ドル相当の日本円の価格

ユーロドル=1ユーロ相当の米ドルの価格

ですので、

ドル円×ユーロドルで算出されます。

ドル円=100円 ユーロドル=1.3 の場合

100×1.3=130

ですから、

1ユーロ=130円 となります。

ユーロ円が上昇するためには、

ドル円が上昇・ユーロドルが上昇というトレンドが必要です。

???

ドル円が上昇=米ドルが強い

ユーロドルが上昇=米ドルが弱い

ということですから、

米ドルが円に対し強く、ユーロ対して弱いという状況にならなければ

ユーロ円は大きく上昇しません。

もちろんどちらかがレンジでどちらか上昇トレンドであれば

一応上昇はしますが・・・

これが南アランド円やスイスフラン円のだともう少しややこしくなります。

南アランドスイスフラン

ドル・南アランド、ドル・スイスフランというようにレート表示されます。

例えば南アランド円を計算するには

ドル円÷ドル南アランド南アランド

なので、南アランドが上昇するためには、

ドル円が上昇トレンド、ドル南アランドが下降トレンドでなければなりません。

チャートの見方は変わりますが、結局は

ドルが日本円に対しては強く、南アランドに対しては弱い状況です。

いまのところ、世界の通貨はドルを機軸としていますので、

ドルが、日本に対してだけ強く、

その他の国の通貨に対しては弱い状況という都合のよい状況は

そうそう臨めるものではありません。

そのような意味からも、クロス円の裁量取引は難しいというのが実感です。

ただし、クロス円を構成する通貨ペアのトレンドが

思惑通りに行けば大きく動きますので、

そこが魅力といえば魅力。

現に100pipsナンピントレードでも、

クロス円のほうがドルストレートよりも3~5割ほど多く利益を残しています。

裏を返せば、それだけ損を抱えるリスクも大きいということ。

恐ろしや、恐ろしや・・・

-FXデイトレード話

Copyright© 10万円から始める副業としてのFX , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.