FX基礎知識

テクニカルを学ぶという罠

投稿日:

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FXで利益を上げようとして口座を開く。

何の知識もなくリアルトレードを開始。

本能の赴くままに取引をし、ビギナーズラック。

やがてプロスペクト理論どおりに勝てなくなる。

殆どのトレーダーがこのような道を辿っていくのではないだろうか?

ここから取り組み始めるのがテクニカル分析の勉強だ。

オシレータ系やトレード系の指標を使って相場の動きを予想しようとする。

移動平均線がよいといわれれば、移動平均線を勉強し

一目均衡表がいいといわれれば、一目均衡表を勉強する。

MACDRSIストキャスティクス、ピボット、平均足、

ダブルトップ、トリプルトップ、ヘッドアンドショルダー、トレンドライン・・・

学べば学ぶほど自己満足感が高まっていく。

でもトレードの結果は?

学習の満足度に比例して利益も上昇しているだろうか?

残念ながら学習量に比例して成果が上がっていくトレーダーはほんの一握りだ。

テクニカル分析をどんなに徹底的に学習をしたとしても、

成果は上がらない。

テクニカル分析は全てが後付けだからだ。

ひとつのテクニカル指標は過去の相場の状態を示しているに過ぎない。

MACDゴールデンクロスは、

ちょっと前までは上昇トレンドだったということを示しているが、

現時点ではどうなのかは示していない。

RSI80を示していれば、

ちょっと前までは買われすぎだったということが分かるが、

今も買われ過ぎなのかどうかという事はわからない。

テクニカル指標は、1つだけを用いる分には

近い未来の相場展開を予想するにに役立つかもしれない。

しかし、表示させるテクニカル指標が増えれば増えるほど

チャートが示す状況が現時点の相場の状況よりも遅れてしまうのである。

だから、ローソクが移動平均線を上に抜けて、

MACDゴールデンクロスして、

RSI70を超えていなければ買いでエントリーしよう、

などと考えていては、時すでに遅し、となってしまうのである。

相場の状態をリアルタイムで示してくれるのはローソク足だけである。

どうしてもテクニカル指標を使いたいのであれば、

どれか1つに絞るべきだ。

テクニカル分析について一通り学んだら

自分はどのテクニカル指標を使うのかを決める。

それ以上学ぶことはない。

トレードは知識が多ければ勝てるという物ではない。

知識以上にものを言うのが経験だ。

そして、経験を積み重ねていくために最も重要なものが

一貫したルールと

一貫した取引手法だ。

多過ぎるテクニカル指標は判断の遅れや迷いにつながる。

判断材料が増えれば増えるほど、トレードの一貫性は失われる。

ローソク足1つのテクニカル指標に特化したルールを作り上げ、

一貫したトレードを継続していくことが、

成功へとつながっていくのではないだろうか?

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

FX研修

KMAのトレードルールについて分かりやすく解説いたします。ご希望の方は,メッセージにお知らせください。当方,福島県在住ですので,原則的に近隣の方のみとなります。旅費をご負担いただければ,遠方でもよろこ …

no image

FX必勝法!豪ドルNZドルアービトラージ《サヤ取り》

オーストラリアドル(豪ドル)とニュージーランドドル(NZドル)は 地理的条件や両国の経済的関係からよく似た動きをします しかし、まったく同じ動きをするというわけではなく、 両通貨の対円の価格差は開いた …

【FX基礎知識】ポイントがか分かれば怖くない!バレッジのかけ方を超わかりやすく解説

レバレッジは実際の取引にどう役立つのか! レバレッジは、証拠金預託額の数倍の金額で取引できるようにするものです。例えば、こんな感じです。 今、手元に10万円があるとします。通常であれば10万円しか取引 …

no image

シンプルに,シンプルに

トレードルールってシンプルなほうがいい シンプルであればあるほど 感情の動きが排除される シンプルであればあるほど ルールの有効性が正しく検証できる 使っていないインジケーターは思考を妨げるノイズでし …

no image

どうしてもFXやりたいならこれ!ダウ平均手法

個人的にはFXを卒業したのですが、   この方法だったらそこそこ勝てるかな?   と思っている手法が「NYダウ平均手法」です   NYダウ平均手法とは、   NY時間のNYダウ平均の上昇下降を利用して …

Count per Day

  • 657318総閲覧数:
  • 42今日の閲覧数:
  • 65昨日の閲覧数:
  • 38今日の訪問者数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング