FX基礎知識

チャートパターンを覚えただけでは勝てない理由

投稿日:

相場では一定のパターンは発生しますが、

そのパターンが発生する状況は様々です。

勝ちやすいチャートパターンを覚えれば利益が出せるかというと

そうとも言い切れません。

勝ちやすいチャートパターンが

どの局面で発生したのかという背景を認識することが大切です。

例えば、15分チャートで上昇トレンドを示し、

MA20に沿って押し目をつけながら値を上げているチャートパターンが出現したとします。

このときに、ボリンジャーバンド+2σ上をバンドウォークした後に

ミドルラインまで下落して、そこから反発して

再びボリンジャーバンド+2σをバンドウォークする・・・

なんてチャートを見たらよだれが出てきてしまうかもしれません。

「よし、今度ミドルラインまで押し目をつけたら、買いでエントリーだ。」

このように考えるのも自然なことです。

この時に、1時間足や4時間足が下のような局面だったとしたらどうでしょう?

1.上昇トレンド中で押し目をつけて上昇している局面。

2.下降トレンド中で戻り目をつけている局面。

3.ボリンジャーバンドが収縮してレンジ状態になっている局面。

4.上昇トレンド中ではあるが、すぐ上に強力なレジスタンスがある局面。

5.下降トレンド中ではあるが、強力なサポートにぶつかって反発上昇している局面。

1~5いずれの局面であっても、

15分足では同じような上昇トレンドが確認できると思います。

しかし、3つの局面のうち、15分足で利益を上げることができるのは1の局面のみです。

2の局面は損切りに、

3の局面は損益0、

4と5の局面はうまくやれば利益が残せるかもしれない

という結果になる可能性が高いのではないでしょうか。

このように、ひとつチャートで同じパターンが出現しても、

より長い時間足のチャートの局面が違えば、

その後の展開も変わってきます。

では、どれぐらい上位の(長い)時間足まで確認すればよいのでしょうか?

結論から言いますと、いくら上位の時間足を確認したとしても、

トレードの勝率を劇的に改善することは難しいと思います。

もちろん3割程度だった勝率が5割以上まで改善するかもしれませんが、

その分トレードの機会も激減しますので、

勝率こそ違えども、最終的な損益には大きな差はつかないのではないでしょうか?

その用に考えると、スキャルピングデイトレード

1週間未満で決済する短期スイングトレードであれば

トレンドを確認するのは日足チャートまでで十分でしょう。

鉄板のチャートパターンを覚えただけでは勝てません。

上位の時間軸を確認してどんな局面かを理解し、

含み損を抱えたときに

どのような行動をとるかということを決めてからエントリーしましょう。

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

デモトレードで出直し。

いろいろと複雑に考えすぎて,昨日・一昨日とpipsを獲得できずにいる。しばらくでもトレードに戻って,シンプルトレードを行っていこう。自信が十分ついたところで,またリアルの世界に戻ってきたい。とにかく1 …

no image

FX口座開設で17万円を手に入れる方法

上がるか下がるかわからない相場の世界で勝負するよりも 簡単・確実に儲ける方法があります。 ルールさえ守れば、ほぼノーリスクで確実に利益を得ることができます。 ★必要なもの パソコン 身分証明書 資金( …

no image

新トレードルール検証 ユーロドル円 2012/07/09~2013/02/22

通貨ペア ユーロ vs 米ドル検証期間 2012年7月9日~2013年2月22日 トレード回数 102勝ちトレード 59 負けトレード 43総獲得pips数 2295pips 総損失pips数 ▲16 …

no image

オリンピック狂想曲~大切なのは弛まぬ努力

早いもので,ロンドンオリンピックも終盤に差し掛かっています。 世界に数多のスポーツがあれど,日頃から注目される競技はごく僅か。 女子サッカーで金メダルを獲得したアメリカでさえ,国内リーグは休止中だとか …

no image

スイングトレード 売りか?買いか?どの通貨か?

スイングトレードで,売りと買いどちらをメインにしトレードをしていくのかということを決めるのは,難しいことではありません。 スワップ金利のつく方でトレードすればよいのです。 今の相場で言えば,ユーロドル …

Count per Day

  • 662356総閲覧数:
  • 39今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 32今日の訪問者数:
  • 83昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング