FX基礎知識

連敗したときは

投稿日:


「規律あるトレードを行うぞ!」

と心に決めてトレードを始めたのに

すぐにトレード手法に変えてしまったり、

金管理ルールを変えてしまったりといった

ルール違反を犯してしまう大半の原因は「負け」が原因です。

特に連敗はトレーダーの信念を簡単に捻じ曲げます。

連勝している場合には、

ルール違反をしたくなる心の葛藤など起こることはないでしょう。

ですが想定外の連敗が訪れると、

どんなに固く「ルール厳守」と誓っていても、

自分のトレードを信じることができなくなってしまいます。

しかし、どのようなトレードルールであっても

1回あたりのトレードに限って見れば

勝率は50%なのですから、

10連敗が起こることだって十分にありえるのです。

確かに2分の1の確率で負ける勝負に10連敗する確率は

2の10乗分の1でしょう。

これって、確率が0ではありませんよね。

ということは10連敗は起こり得るということです。

10連敗どころか確率的に言えば100連敗だって起こりえます。

原発の爆発事故と同じです。

確率的に起こりうることは、

いつ、誰の身に起こってもなんら不思議はないのです。

この世の中で可能性が0%なことといえば、

絶対に死なない人間がいる確率くらいのものでしょう。

想定外の連敗が発生した場合には、

「ルールを変更する前に」自分の行ったトレードが、

良いトレードであったか、

悪いトレードであったかの判断をしなければなりません。

まずは自分のトレードをルールと照らし合わせ、

ルール違反をしていないかどうか確認してみましょう。

おそらくルール自体には問題がないと思います。

連敗の途中でルール違反があれば、

それはルールが悪いのではなく

ルールを守れなかった自分が悪いということになります。

全ての負トレードを見直しても、

自分のミスが見つからない場合は

さすがにルールを見直したほうがよいかもしれません。

この場合、エントリールールに目がいきがちですが、

よくよく考えて欲しいのは決済のルールです。

エントリーよりも決済の仕方のほうが100倍大事です。

なるべく損切りをしなくても済むような決済ルールを

考えるようにするとよいでしょう。

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

指標トレードのリスク

指標トレードとは、重要経済指標の発表後の価格変動を狙ったトレードです。重要経済指標の発表時は大きな価格変動が生じることがあり、短い時間で大きな利益を狙うことができます。しかし、普段とは異なった動きをす …

no image

感情のブレを排除するために・・・

トレードで勝ち続ける為には、 ブレることなく 一貫性のあるトレードを続けることが必要です。 ポジションを保有していると様々な考えが頭に浮かんできます。 「このエントリーは正しかったのか?」 「損切りの …

no image

様子見したところ・・・。

11月22日15時25分。5分チャートがボリンジャーバンド+2σにタッチした。しかし、今日の午前中に-20pipsを経験したため、こわくてエントリーができなかった。実際にルール通りにエントリーしていれ …

no image

まず知識を求めよ,利益はその次である

重要性の観点からは,常に最初に知識ありきでなければならない。ぬかりのないとレーダーであるためには,知識欲を利益に対する欲望に優先させなければならない。熟練したデイとレーダーは,数時間度についての相場観 …

no image

いろいろ分析したけれど

4本値だテクニカルサマリーだ何だかんだといろいろ分析してみたけれど,自分のトレードには生かしきれていない。 結局,チャートに向き合い,流れを読み,エントリーピントを待つ。 これに尽きると思います。 ド …

Count per Day

  • 662352総閲覧数:
  • 35今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 83昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング