FXデイトレード話

リスクとは?

投稿日:

リスク=「危な・危険なもの」というイメージですが、
トレード上のリスクは日常生活上のリスクとは少し意味合いが違います。
トレード上のリスク=「損をする可能性」です。
トレードは常に損をする可能性をはらんでいます。
トータルで利益を残すことができるようになるためには、
この「トレード上のリスク」(損をする可能性)を、
心の底から受け入れることができなければなりません。
トレード上のリスクを受け入れることができている精神状態とは、
次のような精神状態のことを指します。
損切りをした時に苦痛を感じない
★ポジションの保有中の損益の上下が気にならない
★エントリーの際に恐怖を感じない
★1回のトレードで一喜一憂しない
つまり、
損切りになろうが、利確になろうがどうでもいい」

というぐらいの精神状態になることが必要なのです。 

このような精神状態においては、
獲得(損失)pips数と資金の増減がまったく切り離されて考えられています。
つまり、
実際の資金にまったく影響がおよばないデモトレードの精神状態こそ、
理想の精神状態と言うことができます。
デモトレードでは結果を残すことができるのに、
リアルトレードになった途端にマイナスしか残せなくなるという現象は
トレード上のリスクを受け入れることができているか否かに
大きく関係しているのです。
トレード上のリスクを受け入れることができないでいると、
規律ある良いトレードであったのに、
結果が損失で終わった為に、
なぜ負けてしまったのかを真剣に考えてしまうようになってしまいます。
規律あるトレードであっても損失は避けられませんので、
なぜ負けたかを考えても答えが出ませんし、
無理に答えを出そうとすると、
トレードスタイルが変わってしまったり
迷いが生まれてしまったりします。 
反省すべきは「失敗トレード」についてであり、
必ずしも「負トレード」についてではありません。
「失敗レード」とは「ルール違反をしたトレード」であり、
利確をしたトレードであっても、
ルール違反をしたトレードであれば「失敗トレード」として反省の対象になります。
トレード上のリスクを受けれることができない原因としては
リスクの取り過ぎ(エントリー枚数の多すぎ)が考えられます。
このような場合は、一旦エントリー枚数を少なくして
健全な精神状態で規律あるトレードを経験するとよいでしょう。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

損切りはプロの技、素人には難しい。だったらどうするか?

トレードではルールどおりに損切りをすることが大切だ! 分かっているんです。 耳にタコができるほど聞きました。 損切りが大事なのは、 損切りをしなければ大きな損失を被るかもしれないから。 ハイレバレッジ …

no image

トレードルール

逆方向にクロスオーバーしたらすぐに損切り。絶対にクロスオーバー以外ではエントリーしない。トレンドの方向をしっかり確認。 過去のチャートを振り返ると,このルールで利益が上がるはず。自分を信じてトレードし …

no image

損をすると安心する

トレードをしていて 連勝続きだと不安になります。 心の中で思っています。 いいことがこんなに続くはずがない,と。 案の定,そういうと気に限って大きな損切りを喰らいます。 心の中では「やっぱりね」と思っ …

no image

決済ポイント

何事でも同じだと思いますが, タイミングを逃したら,後は待つしかありませんよね。 世の流行り廃りもそうですが, たいていも場合テレビで扱い始めたらもう, そのムーブメントの旬は過ぎているということです …

no image

複雑な分析=安定しない利益

大変興味のある内容のブログがありました 以下はそのブログの記事からの引用です。 FX初心者救済プロジェクト:たった40分で本業より荒稼ぎする秘密をマスター 今回の記事では、 勝ち組投資家のルールについ …

Count per Day

  • 651402総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング