FXデイトレード話

トレードをしないという選択肢

投稿日:

トレードルールのエントリー条件が整ったポイントでしかエントリーをしない

当たり前のように思われますが、

コレが本当に重要です。

条件が整ったポイントでしかエントリーしないということは、

トレードをしないという選択肢が、トレードの中に含まれることになります。

トレードをしないということもトレードの一部であると言うことが理解できれば、

想定外の大幅な負けというのはなくなると思います。

一般には「トレードの回数が多ければ、より多く稼げる」という認識がある為、

トレードの数をこなすことが目的になってしまっている場合があります。

しかし、相場で優位性が発生するポイントというのは思った以上に少ないものです。

エントリーポイントがチャンスが全く無い日も普通にあります。

私のルールの場合は1通貨ペアに付きエントリーポイントが0~1回しかありません。

1日に数十回もトレードするなんて考えられません。

トレードにはスプレッドというコストが付きものです。

仮にスプレッドが1pipsの通貨ペアでトレードした場合、

1回のトレードに付き往復で2pipsのコストがかかりますので、

仮に1日50回トレードをすると100pipsのコストが発生します。

その上、50以下いのトレードで全勝というわけにはいきませんので、

損切りのコストも加わってきます。

どんなにトレードが上手い人でも、

1日に100pipsを継続的にとり続けるのは難しいということを考えると、

このようなトレードスタイルで安定した利益を計上し続けるというのは、

非常に困難だと言わざるを得ません。

トレードルールにもよりますが、

トレード回数の目安としては、

1日に0回~3回程度が適当なのではないでしょうか。

獲得pipsはいくら少なくても、

大きく負けることなく、

月単位で一定以上のpipsを安定して獲得することができれば

資金の増加に合わせて枚数を増やしていくことで

獲得金額は上がります。

実際、私の付き目標は毎月50pipsです。

コレを1年間継続することができれば、

年間で600pips獲得することができます。

最大の損切り幅を50pipsに設定し、

100万円当たり4枚建てててトレードをすれば、

1年間で24万円の利益が残ります。

コレを複利で運用していけばよいのです。

もちろん最初の資金が多ければ億の単位に到達するのも

それほど遠い未来ではないでしょう。

そんな明るい未来のためにも、

エントリーを見送るべきところは見送って、

安定したコツコツトレードを目指したいものです。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

クロス円は魔性の通貨

いやですねぇ、 クロス円のことです。 クロス円とは、ドル円以外の円がらみの通貨ペアのことです。 ユーロ円、豪ドル円、ポンド円なんかがクロス円です。 南アランド円なんてものもあります。 この通貨ペア、ド …

no image

バイナリーオプションについて考える

バイナリーオプションとは 特定の時間に価格が上がるか下がるかを予想する取引です。 バイナリーオプションはトレードの優位性を担保してくれる 損切りや利食いといった重要な可変要素が機能しません。 レートの …

no image

一貫したトレードを行うために・・・

一貫したトレードを行うための最大の敵はポジポジ病です。ポジポジ病とは常にポジションを持っていなければ落ち着かない状態に陥ってしまう病気です。一度感染するとなかなか治りません。 誰でも一度は感染したこと …

no image

いつだって正しいのは相場

トレードをしていて、「自分だけが負けている」と感じてしまうことがあります。 「自分がエントリーら逆行する・・・」 「3回連続損切り・・・」 「ロットを上げたら負ける・・・」 為替相場はとてつもない規模 …

no image

トレードルール追加

トレードは1分足のスキャルで行う。「1時間足,30分足,15分足でトレンドをつかみ,トレンドと逆方向にはエントリーしない。」というルールを追加。

Count per Day

  • 651402総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング