FXデイトレード話

長~い目で見てください

投稿日:

決済後にチャートを振り返って、

ああすればよかった・・・、

こうすればよかった・・・、

といろいろと思いをめぐらせていると、

トレードスタイルがどんどん変わってきてしまいます。

後悔の念が強い心理状態でチャートを見ていても

よいことはありません。

相場は思っているほど、

勝てるポイントは多くありませんので、

自分のルールに合ったポイントにフォーカスしてトレードすることは、

とても大切な要素です。

トレードに「たら・れば」を持ち込むと迷いの原因となります。

特に負けトレードの後は

「あーでもない」

「こーでもない」

とトレードを詮索してしまいますので、

損切り後はすぐに気持ちを切り替えることが大切です。

トレードの反省は翌日でもいいかもしれませんね。

人間は古い情報よりも最近の情報を、

重要視してしまうものです。

この為、直近のトレードでうまくいかなかっただけで

トレードルールそのものに対してまで

否定的な見方をしてしまうことが少なくありません。

それによって、トレードスタイルが変わっていき、

規律あるトレードを行うことができなくなります。

勝っているトレーダーは何か特別なものを持っている訳ではなく、

毎日同じことを、同じように行える強い意志力あるだけです。

十分な期間の検証を経て構築されたルールであれば、

二度や三度のつまづきで否定してしまう必要はありません。

トレードルールを評価する際は、

直近数回のトレードに捉われることなく、

大きな視点、長い視点でとらえるように意識しましょう。 

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

いつだって正しいのは相場

トレードをしていて、「自分だけが負けている」と感じてしまうことがあります。 「自分がエントリーら逆行する・・・」 「3回連続損切り・・・」 「ロットを上げたら負ける・・・」 為替相場はとてつもない規模 …

no image

トレーダーの成長

安定した利益を残すことができるようになった方々は 概ね次のような段階を経てきていらっしゃるようです。 第1段階市場の構造やテクニカル分析にかかわる全体像がわかっていない。 自分の勘でトレードすれば何と …

no image

ピボット

やっぱりピボットってよく作用するなぁ。それにしてもドル円で含み損を抱えてしまっている。ボリバンの逆張りなんかしているからだ。流れに逆らわずにルールを守ることがとても大事。とても大事。だめになりそうなと …

no image

トレードルールを考えるときのポイントは?

トレードルールにはそれぞれが得意とする相場の状態があると思います。 例えば, ルールAはレンジに相場に強い ルールBはトレンド相場に強い という具合に。 これは利益という観点からの評価。 実際に使える …

no image

逆張りの優位性

安く買って,高く売る 高く売って安く買う これがFXの儲けの基本 これができなければ,儲けられない。 よくFXの本で高く買って,もっと高く売るとか, 安く売って,もっと安く売る なんて,トレンドフォロ …

Count per Day

  • 651400総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング