FXデイトレード話

早すぎる利食いの克服

投稿日:

損小利大はトレードの一つの理想形です。
この損小利大は、言うは易し行うは難しで、人間の本能に大きく逆らう為実行が困難です。
損小利大を実践するには、
大きな時間足のトレンド方向にエントリーして
含み益が出たら損切りポイントを建値まで移動して、
その後は思い切ってパソコンの前を離れます。
これによって勝率は低下するかもしれませんが
大きなトレンドが発生した場合には確実に捉えることができます。
大きなトレンドを取りたいと思ったら、
トレードで抱えている含み益を全て吐き出しても仕方が無いという覚悟が必要です。
放置トレードによって、
「利益は放っておけば伸びる」
利食いを焦る必要はない」
ということを実感できれば利食いを早くしてしまうクセも治るかもしれません。
相場の世界にはこんな有名な話もあります
~以下引用~
何年か前、ジェイクがある証券会社の顧客の集まりで講演した時のことである。
顧客達は主に牧場主や農場経営者、数人のトレーダーも混じっていた。
講演が終わると、一人だけトレーディングでカネ儲けをしている顧客がいて、
その人に会ってみないかと誘われたのである。
その顧客は、別に頭脳明晰というわけではないが、
それでもトレーディングでは必ず儲けている、という話だった。
この農夫とジェイクはウマが合ったようで、
老農夫はジェイクに
自分がどんな取引システムを使っているのか知りたいか、
と尋ねたのである。
「もちろん」とジェイク。
「どんな手法なのか、ぜひ拝見したいですね」
そこで老農夫は、ポークベリーのチャートを開き、
糸のついた振り子を取り出した。
そしてそれをチャートの上に振り子をかざすと、彼はジェイクに言った。
「このページの上で、振り子が上下に振れたら買い、
 横に振れたら売りなんだよ。
 ジェイク見てしまったね、俺のシステムを 」
ジェイクが後ずさりすると、ちょっと考え、そして尋ねた。
「それだけですか?他に何もありませんか?」 
「えーと・・・」とこの老農夫は口ごもり、
「もう一つあるけど、あんまり意味ないと思うね。
 いくつかの玉を建ててその日の終わりで損をしていたら、
 
 そのトレードは仕切ることにしているんだ」といいました。 
農夫がポーク・ベリーなどの商品相場で儲け続けていたのは確かな事実でしたが、
もちろん、農夫が振り子によるダウジングで勝ち続けたわけではありません。
農夫自身はフーチによるダウジングが相場に勝ち続ける秘訣と思っていたようですが、
「いくつかの玉を建ててその日の終わりで損をしていたら、
そのトレードは仕切ることにしているんだ」
とうことに損小利代の秘密があったのです。
~引用終わり~ 

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

検証作業

トレードプロセスで一番重要なのは,検証作業だと思っています。しっかりと検証,自分の売買ルールを確立,自信を付けた後は感情を入れずに売買を行うことで必ず利益は出てきます。 エントリーする前に勝負は決まっ …

no image

FX口座開設で17万円を手に入れる方法

上がるか下がるかわからない相場の世界で勝負するよりも 簡単・確実に儲ける方法があります。 ルールさえ守れば、ほぼノーリスクで確実に利益を得ることができます。 ★必要なもの パソコン 身分証明書 資金( …

no image

移動平均線について

移動平均線(以下)MAは, 最も基本的なインジケーターで 世界で一番使われているインジケーターでしょう。 MAの活用方法はいろいろあります。 フィルターに使ったり、 クロスでエントリーしたり、 抵抗線 …

no image

クロス円通貨の見通しを立てる方法

FX市場には様々な通貨ペアが存在します。 どんな通貨ペアを取り扱っているかは業社によって様々ですが、 ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円 などは、日本の業社であれば取り扱っていないところ …

no image

チャートの時間足について

どの時間軸を主にトレードすればいいのか?というのは誰しもが一度は通る道ではないでしょうか?単一の時間軸だけ見てトレードするか、 または複数の時間軸を同時に監視するか・・・。時間軸については 1分足・5 …

Count per Day

  • 651399総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング