断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

FXデイトレード話

トレンドは続く

投稿日:

チャートのサインが出る前に

「これだけ下げれば、これ以上は下げないだろう・・・」

「そろそろトレンド転換かな?」

このような先入観でトレンドの判断をしていませんか?

先入観を持って相場を見ることは危険です。

相場というのは、基本的に大衆の先入観を裏切る動きをします。

ダウ理論の基本原則に

「トレンドは、明確なトレンド転換のサインが出るまで継続する」

というものがあります。

この原則は本当に重要です。

トレンドフォローのトレードを行うからには、

トレンド転換を恐れてはいけません

トレンドは継続することが前提ですので、

「そろそろトレンド転換かな?」

と考える必要はまったくないんです。

もちろんトレンドの転換が近づいていくると

損切りが多くなってくることも事実です。

しかし、損切りが続いたからといって

それがトレンド転換の予兆なのか?

トレンドの押し目・戻り目なのかということは神様しかわかりません。

ですから、チャート上にトレンド転換のサインが出るまでは

トレンドフォローでトレードし続けるしかないのです。

そして、損切りが続いた後に、

チャート上にトレンド転換のサインが出たならば、

新しいトレンドの方向に順張りでトレードをするのです。

あくまでもトレンドフォローに徹することで

トレンド転換時にあった損切り以上の利益を

新しいトレンドで手に入れることができるのです。

これに気づくまでに、私は2年かかりました。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

相場でコントロールできるもの

相場でコントロールできるものは「損失」だけです。 今日の目標は50pipsと掲げてみても, 相場が動いてくれなければ絵に描いた持ちにすぎません。 チャート検証をして,利益が得られそうなトレードルールを …

no image

ポジションの保有時間について

プロスペクト理論は人間の本能による行動です。トレードでは損小利大が有利であることは分かっていても、「利食いが早くなってしまう」 「損切りが遅くなってしまう」という悩みは尽きません。これらは生まれ持った …

no image

なぜ損切ができないか?

    損切ができずに ナンピン、塩漬けを繰り返し、 損失がマックスに拡大したところで 強制ロスカットを恐れて 泣く泣く損切りをする   KMAもかつてはこんなトレードを繰り返しておりました なぜ損切 …

no image

2012/06/20 NY時間の動きについて

昨日は米指標発表後に大きく下落。 目線と大きくずれてしまった。 重要指標の発表前と直後はエントリーをしないのが賢明。 指標発表後の相場動きが目線の方向と同じであれば,押し目や戻りを待つ。 逆に目線の方 …

no image

エントリーポイント(入り口)よりも出口のほうが重要

にほんブログ村 何事につけてもそうですが、 「終わりよければ全てよし」 とは言いますが、 「始めよければすべてよし」 とはあまり言いませんよね。 トレードも同じです。 例え、エントリー時にベストのポイ …

Count per Day

  • 623550総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 47昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング