FXの不労所得でセミリタイアを目指す 40代からの終活ブログ

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

FXデイトレード話

利食いの仕方

投稿日:

損切りは一度できるようになると簡単なのです。

私は今やほぼ完璧に損切りをすることができています。

それに対して利食いは本当に難しいです。

ある程度利益が出せるようになってくると悩み出すのが利食いです。

利食い方法は、本当にたくさんあります。

利食いのポイントとなるものだけでもこんなにあります。

抵抗線
・高値、安値 

・Pips・金額 

・時間経過 

・トレーリングストップ 

・MA 

ボリンジャーバンド 

MACD
ストキャスティクス
ATR
・PIVOT
・フィボナッチ
エリオット波動 などなど・・・

方法は様々ありますが、重要なことは

利食いには「正解がない」ということです。

未来の相場は誰にもわかりません。

うまく天底で利食いができたとしても、

それはただ「その時の結果」にしかすぎず、

次のトレードで同様のポイントで利食いをしたとしても、

利食いの後に更に伸びていくということは十分にありえます。

優れている利食いとは利益・損失・勝率のバランスがいい利食いです。

これもトレードスタイルによって変わってきますので、

どれが良いとは一概には言えませんが、

自分のトレードルールを検証して

安定した利益を得ることができる利食いのルールを設定していくとよいと思います。

ちなみに、私の利食いルールは「23時決済」です。

シンプルかつ迷いの余地がありません。

特に含み損を抱えているときは23時きっかりに決済します。

23時の時点で利益がかなり出ていて、

尚且つMACDがトレンド方向にクロスをしていたら

そのままキープということもありますが・・・。

23時決済のルールでトレードをしていると

利食いの後に伸びていったり

損切りの後に値が戻ってきたりということがざらにあります。

しかし、それと同じくらい

天底で利食いができたり

損切り後に逆方向の大きなトレンドが発生したりということが起こります。

なので、最良で決済をするよりも

成績が検証データどおりになり安定します。

きっと裁量に任せて決済をしていたら

プロスペクト理論に則って

大利少になってしまうことでしょう。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

海外FX Pepperstone

Pepperstoneオーストラリア国内最大のFXブローカーであり、ASIC(オーストラリア証券投資会社)への登録もある一大ブローカーです。世界でトップシェアのFX自動売買ツールであるMetatrad …

no image

両建て論 ストレス軽減効果

とかくFX業界では悪名高き「両建て」 確かに、 外し時が難しい、 損切りの先送りにしかならない、 証拠金の負担が増える、 などの最もなデメリットも多数です。 しかし、そんな両建てにも大きなメリットがあ …

no image

テクニカルを学ぶという罠

にほんブログ村 FXで利益を上げようとして口座を開く。 何の知識もなくリアルトレードを開始。 本能の赴くままに取引をし、ビギナーズラック。 やがてプロスペクト理論どおりに勝てなくなる。 殆どのトレーダ …

no image

行動経済学 1/13 プロスペクト理論

プロスペクト理論~ 得をする時と損をする時で価値の感じ方が異なる事を説明した理論 宝くじをあなたが引くとして、例えば、以下の2つのパターンのくじが選べるとする。 このくじによる実験は、結果的に見た場合 …

no image

なぜ損切ができないか?

    損切ができずに ナンピン、塩漬けを繰り返し、 損失がマックスに拡大したところで 強制ロスカットを恐れて 泣く泣く損切りをする   KMAもかつてはこんなトレードを繰り返しておりました なぜ損切 …

Count per Day

  • 620917総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 74昨日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

アーカイブ