投資と断酒とミニマリスと

INVETSING,SOBRIETY,MINIMALIST,VEGAN and…

FXデイトレード話

利食いの仕方

投稿日:

損切りは一度できるようになると簡単なのです。

私は今やほぼ完璧に損切りをすることができています。

それに対して利食いは本当に難しいです。

ある程度利益が出せるようになってくると悩み出すのが利食いです。

利食い方法は、本当にたくさんあります。

利食いのポイントとなるものだけでもこんなにあります。

抵抗線
・高値、安値 

・Pips・金額 

・時間経過 

・トレーリングストップ 

・MA 

ボリンジャーバンド 

MACD
ストキャスティクス
ATR
・PIVOT
・フィボナッチ
エリオット波動 などなど・・・

方法は様々ありますが、重要なことは

利食いには「正解がない」ということです。

未来の相場は誰にもわかりません。

うまく天底で利食いができたとしても、

それはただ「その時の結果」にしかすぎず、

次のトレードで同様のポイントで利食いをしたとしても、

利食いの後に更に伸びていくということは十分にありえます。

優れている利食いとは利益・損失・勝率のバランスがいい利食いです。

これもトレードスタイルによって変わってきますので、

どれが良いとは一概には言えませんが、

自分のトレードルールを検証して

安定した利益を得ることができる利食いのルールを設定していくとよいと思います。

ちなみに、私の利食いルールは「23時決済」です。

シンプルかつ迷いの余地がありません。

特に含み損を抱えているときは23時きっかりに決済します。

23時の時点で利益がかなり出ていて、

尚且つMACDがトレンド方向にクロスをしていたら

そのままキープということもありますが・・・。

23時決済のルールでトレードをしていると

利食いの後に伸びていったり

損切りの後に値が戻ってきたりということがざらにあります。

しかし、それと同じくらい

天底で利食いができたり

損切り後に逆方向の大きなトレンドが発生したりということが起こります。

なので、最良で決済をするよりも

成績が検証データどおりになり安定します。

きっと裁量に任せて決済をしていたら

プロスペクト理論に則って

大利少になってしまうことでしょう。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

バックテストが自信を生み,フォワードテストが確信を生む

有効だろうと思われるトレードルールを見出すことができれば, バックテストをしてみる。 バックテストで継続的に利益を上げることができれば, ルールに対して自信が持てるようになってきます。 そして実際のチ …

no image

スイングトレードの基本戦略 その1

私が行っているスイングトレードは,正確に言うと「デイ・スイング」と呼べるかもしれません。 相場の値動きによって,その日のうちに2~3のポジションを決済してしまうこともあれば, 数日から数週間に渡って保 …

no image

お奨め業者と稼げる手法

乱立していたFX業者もだんだんと淘汰されてきました。スプレッドの狭さ,金融業者としての企業体力,トレードツールの充実振りから考えてSBI FXTRADE と DMM FXをお奨めします。この2つで十分 …

no image

失敗から如何にして多くを学ぶか?

何事についてもそうですが,失敗を避けては通れません。 何をかくそう,私も人生において大きな失敗を犯してしまった過去があります。 トレードについても然りです。 自分のミスで損失が発生したときほど悔しいも …

no image

デモトレードで出直し。

いろいろと複雑に考えすぎて,昨日・一昨日とpipsを獲得できずにいる。しばらくでもトレードに戻って,シンプルトレードを行っていこう。自信が十分ついたところで,またリアルの世界に戻ってきたい。とにかく1 …

Count per Day

  • 632670総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 31昨日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング