FX基礎知識

行動経済学 10/13 心理会計の法則

投稿日:


心理会計の法則

「本来は同じ価値のお金だとしても、
使用目的や入手方法によって、
異なる評価を下していること」を
心理会計と呼んでいます

「使用目的」で異なる例は、

「車を買うとき」と「コンビニのおにぎりを買うとき」の心境です。

200万円する車を買うときに、
内装のオプションが20万円だったとしても、
「まあ、いいか」と追加します。

しかし、コンビニで120円のおにぎりを買うか130円のおにぎりを買うかでは、
少し迷ってしまう。

人間は金額が大きくなるにつれて、
金銭感覚が麻痺してきます。

また、「入手方法」で異なる例は、

「毎月の給料」と「ボーナス」の例です。

これは、何も言わなくてもわかりますね。

決まった収入以外の臨時収入的なお金は、
「娯楽」や「教育」「食費」で消費する傾向があります。

家電業界の「ボーナス商戦」は、
この心理を利用しているのは周知の通りです。

怖いのは、心理会計によって、
無駄使いしている可能性が高いということです

「年収540万円を月々35万円もらい、
ボーナスで120万円もらっている人」と
年俸制で月々45万円もらっている人」とでは、
お金の使い道も違うかもしれませんね。

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

いろいろ分析したけれど

4本値だテクニカルサマリーだ何だかんだといろいろ分析してみたけれど,自分のトレードには生かしきれていない。 結局,チャートに向き合い,流れを読み,エントリーピントを待つ。 これに尽きると思います。 ド …

no image

どうしてルールが守れないの?

損切りにあったトレードの後,よく考えます。 このトレードはちゃんとルールを守っていたのだろうか? よくよく検証してみると,ルールを厳格に守っていなかったということがありますね。 ルールを守ったトレード …

no image

感情を排して、損切りを実行するには?

FXで負ける理由の一つは、感情に流されたトレード。 値ごろ感で場エントリーしてしまったり、 損失を取り戻そうとして熱くなってしまったり、 含み損が拡大しているのに、 「いつかは戻るだろう」とポジション …

no image

どんな手法でも,1回のトレードの勝率は5割

統計的に9割の確率で勝つことができる手法でも1回ごとのエントリーについて言えば勝率は5割勝つ時もあれば負ける時もあるルールどおりにエントリーをしたものの,思惑と違って逆行してしまったでもこのルールの勝 …

no image

お奨め業者と稼げる手法

乱立していたFX業者もだんだんと淘汰されてきました。スプレッドの狭さ,金融業者としての企業体力,トレードツールの充実振りから考えてSBI FXTRADE と DMM FXをお奨めします。この2つで十分 …

Count per Day

  • 655582総閲覧数:
  • 52今日の閲覧数:
  • 95昨日の閲覧数:
  • 36今日の訪問者数:
  • 70昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング