投資と断酒とミニマリスと

INVETSING,SOBRIETY,MINIMALIST,VEGAN and…

FXデイトレード話

行動経済学 8/13  選好逆転の法則

投稿日:


選好逆転の法則

私たちは、
ものを選択する際に思いがけない選択をしてしまうことある。
たとえば次のケースでは、あなたはどちらのくじ選ぶだろうか?

A 賞金は低い(7千円)が、もらえる確立は80%と高いくじ

B 賞金は比較的高い(7万円)がもらえる確率は10%と低いくじ

多くの人(67%)は、Aのくじを選ぶ
それでは、Aの質問とBの質問に金額を加えてみよう。

このくじを買うとしたら、どちらの方に高い値段をつけますか?

今度は、多くの人(71%)がBのくじに高い値段をつけました。

(たとえば、Aを300円で買えるくじとしたら、Bのくじを3千円で買うと決めた)

この実験は、
オレゴン州立決定研究所の研究者が
実際にお金と人を使って
ラスベガスのカジノで行った一連の実験によって明らかになった。

分かったことは、
くじにつけた購入(見積り)価格は賞金額に高い相関関係があり、
どちらにするかの選択は
勝算の確率に高い相関関係をもつということが判明したのです。

つまり、物事を選ぶ際、
何らかの基準で好みの順序(選好)が決定されるのが当たり前なのに、
この基準が変わると
好みに対する一貫性を保つことができず
好みの順序が突如変わってしまう現象が起きるのです。
これを、「選好の逆転」といいます。

一般的な経済学では
「人の嗜好や好みは一定で変化しない」と捉えていますが
行動経済学では、
「目先の利益に左右され、将来の大きな利益に目がいかない」
ことが起こりうるとし、

このことを「選好の時間的な逆転」
または「時間的非整合性」と呼んでいるのです。
特に、選択肢が多いほど目移りする可能性が高くなります。
魚が大好きで、
普段の昼食はいつも「焼き魚定食」と決めているのに、
「今日のランチメニュー」を見て、
思わず「しょうが焼き定食」を頼んでしまうようなことは良くある話ですよね。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

恋スキャの時間帯

恋スキャはレンジ相場に対応したロジックのためレンジが崩れやすい、9時・16時・21時・23時頃は恋スキャでは取引しない方が賢明です 「恋スキャFXビクトリーDX 」についての詳しい情報は右のバナーから …

no image

リーマンショックに学ぶ 高値づかみの恐ろしさ

このチャート,2007年のNZドル円日足チャートです。 すごいですね。 7月24日に1NZドル=97.74円をつけています。 その後は,奈落のそこにまっさかさまですね。 もしも97円で買っていたら,そ …

no image

マルチモニタ考

マルチモニター・・・ 私は3画面が限界です。 これ以上になると,把握できなくなります。 6画面,8画面,9画面ものモニタを並べて 相場の動きを観察しているとレーダーを見ると 心底尊敬します。 私はたく …

no image

行動経済学 最終回 囚人のジレンマ

囚人のジレンマ(Prisoner’s Dilemma)  囚人のジレンマとは、個々にとって最適な選択が全体の最適な選択にはならないという、数学や経済学のゲーム理論における有名なモデル。  …

no image

クロス円よりもドルストレート

クロス円通貨とは,ドル円以外の円絡みの通貨ペアのことを言います。ユーロ円や豪ドル円,ポンド円などがクロス円通貨です。これに対してドル円やユーロドル,豪米ドルなどの対ドルの通貨ペアをドルストレートと呼び …

Count per Day

  • 633299総閲覧数:
  • 32今日の閲覧数:
  • 94昨日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 77昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング