断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

FXデイトレード話

行動経済学 8/13  選好逆転の法則

投稿日:


選好逆転の法則

私たちは、
ものを選択する際に思いがけない選択をしてしまうことある。
たとえば次のケースでは、あなたはどちらのくじ選ぶだろうか?

A 賞金は低い(7千円)が、もらえる確立は80%と高いくじ

B 賞金は比較的高い(7万円)がもらえる確率は10%と低いくじ

多くの人(67%)は、Aのくじを選ぶ
それでは、Aの質問とBの質問に金額を加えてみよう。

このくじを買うとしたら、どちらの方に高い値段をつけますか?

今度は、多くの人(71%)がBのくじに高い値段をつけました。

(たとえば、Aを300円で買えるくじとしたら、Bのくじを3千円で買うと決めた)

この実験は、
オレゴン州立決定研究所の研究者が
実際にお金と人を使って
ラスベガスのカジノで行った一連の実験によって明らかになった。

分かったことは、
くじにつけた購入(見積り)価格は賞金額に高い相関関係があり、
どちらにするかの選択は
勝算の確率に高い相関関係をもつということが判明したのです。

つまり、物事を選ぶ際、
何らかの基準で好みの順序(選好)が決定されるのが当たり前なのに、
この基準が変わると
好みに対する一貫性を保つことができず
好みの順序が突如変わってしまう現象が起きるのです。
これを、「選好の逆転」といいます。

一般的な経済学では
「人の嗜好や好みは一定で変化しない」と捉えていますが
行動経済学では、
「目先の利益に左右され、将来の大きな利益に目がいかない」
ことが起こりうるとし、

このことを「選好の時間的な逆転」
または「時間的非整合性」と呼んでいるのです。
特に、選択肢が多いほど目移りする可能性が高くなります。
魚が大好きで、
普段の昼食はいつも「焼き魚定食」と決めているのに、
「今日のランチメニュー」を見て、
思わず「しょうが焼き定食」を頼んでしまうようなことは良くある話ですよね。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クロス円通貨でチャート分析をしても無駄

にほんブログ村 チャートの分析って大切だと思います。 ドルストレートに限っては・・・。 もしも、豪ドル円やNZドル円、ユーロ円やポンド円などの クロス円通過をトレードしているのであれば、 チャート分析 …

no image

メンタルを排除した機械的ルールの確立

当ブログは,外国為替証拠金取引に関する私個人のトレード方針のレポートです。あくまで個人的な非営利活動における情報提供ですので,実際の投資行動に当たっては,読者様ご自身でご判断ください。当ブログの情報に …

no image

ブログを再開いたします

しばらく更新を休んでおりましたが,このたびブログを再開することといたしました。 海外のFX業者を利用した誰でもできて,利益を上げられる確率の高い手法です。 とは,言いましても非常にシンプルな手法なので …

no image

値ごろ感から買いたくなってしまうとき

昨日の豪ドルは大きな下落でした。 今日になってもその余波が残っているような感じです。 つい2ヶ月前まで88円台をつけていたことを考えると 実に12円近い下落。 10lotで売っていたら,100万円以上 …

no image

大切なのはMAの角度

移動平均線のクロスや、 移動平均線とローソク足の位置関係を見ることによって 現在どちらの方向にトレンドが現れているかということは 比較的簡単に把握することができます。 ゴールデンクロスをしていたり、 …

Count per Day

  • 623551総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 47昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング