FX基礎知識

行動経済学 6/13  アンカリング効果

投稿日:


行動経済学第6弾は、アンカリング効果です。

アンカリング効果
~提示された特定の数値や情報が
印象に残って基準点(アンカー)となり、
判断に影響を及ぼす心理傾向のこと~ 

船の錨(アンカー)が語源で、
錨を降ろした船が繋がれた範囲しか動けないことと、
顧客が情報を得ることで
判断が基準点に縛られてしまうことを例えている。 

アンカリング効果は、
顧客の購買行動に大きな影響を与えている要因のひとつである。 

例えば、30,000円のコートがあった場合、
通常であれば顧客は製品の品質や利用価値に注目して、
価格に見合ったものかどうかを検討して購買行動を行う。 

ところが、「通常価格58,000円→特別価格30,000円」と表示することで、
先に提示した通常価格58,000円という情報がアンカーとなり、
30,000円という価格に対して
「28,000円値引きされている」という判断がなされ、
お買い得に感じられるといったことがある。 

価格のアンカリング効果によって、
顧客は購買判断の際、
性能や品質以上に
価格や割引率といった数字に注目するようになるのである。 

こうした価格判断は、
衝動買いにも大きな影響を及ぼしていることがわかってきている。 

また、妥協効果と呼ばれる極端の回避性と
アンカリング効果を組み合わせた手法もある。 

妥協効果とは、極端な高低の価格帯を避けて、
無難な中間の価格帯を選びやすいという心理効果のことである。 

例えば、コース料理でAコース16,000円、
Bコース10,000円というふたつの選択肢だけの場合は、
顧客の選択は双方に分散することが多い。
しかし、
更に上のSコース30,000円という
高品質・高価格のコースを設定することで、
Sコースが高価格帯の基準になり、
AコースとBコースに割安感が出て注目されるようになる。 
そして、安いコースを選んで失敗したくないという心理によって、
妥協効果が働き、
一番安いBコースが選択から除外される。
結果として、中間の価格帯となったAコースが選ばれやすくなる。 
このように、非常に高価格なSコースをブラフとして設定することで、
もともとは高価格であるAコースを無難な選択肢だと思わせることができる。

この手法は、
使用前の品質判断が難しい製品である自動車や家電製品、
店ごとに価格設定が違うコース料理や
エステティックサロンなどのサービスで、
利益率の最も高くなる選択肢に集中させる為に活用されることがある。

・・・
値ごろ感で手を出してしまうということがよくあります。
直近高値がアンカーとなってしまい
価格は安い!
と思って買いポジションを取ったはいいが、
そのまま下落していってしまった・・・
こんなことにならないように
値ごろ感で飛びつくことなく、
チャートをよく見て
エントリーする方向を決めておくことが大切ですね。

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

次回のデモトレードに向けて

15分足のチャート,EMA5・13・21・89,一目均衡表①EMA5と13がクロス。GC→上昇トレンド発生予想。DC→下降トレンド発生予想。②EMA13と21がクロス。GC→上昇トレンド発生と判断。D …

no image

お勧め業者とお勧め手法

個人的推奨FX業者 SBI FXTRADE スプレッドが最狭です。 ドル円が1万通貨までならば0.19銭。 ユーロ円は0.66銭。 ポンド円も0.69銭です。 枚数が大きくなるほどスプレッドも大きくな …

45度線でトレンドの強弱を測る

トレンドラインとその平行線について説明してきましたが、トレンドの測定に私が主力武器とするもうひとつのラインがあります。それが45度線です。あまり聞き覚えのない方が多いでしょうが、知っておくと非常に便利 …

no image

ドル円の話

昨日見られたドル円の急騰は,日銀が対ドルの上限(下限?)を設定するとの噂が市場に出回ったことが理由のようだ。パソコン一つでトレードしている個人トレーダーにとってはそんな情報すぐには手に入れられないので …

no image

移動平均線について

移動平均線(以下)MAは, 最も基本的なインジケーターで 世界で一番使われているインジケーターでしょう。 MAの活用方法はいろいろあります。 フィルターに使ったり、 クロスでエントリーしたり、 抵抗線 …

Count per Day

  • 671652総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 63昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 50昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ