投資と断酒とミニマリスと

INVETSING,SOBRIETY,MINIMALIST,VEGAN and…

FXデイトレード話

行動経済学 2/13 選択回避の法則・極端性回避

投稿日:

選択回避の法則

~豊富な選択肢は、むしろ判断しずらくなる~
ショッピングモールで自転車を買おうとした際、
7種類の自転車を取り揃えているショップAと、
20種類の自転車を取り揃えているショップBでは、
どちらの方が売り上げが良いだろうか?
又、お客さんとしては、
どちらのお店で買い物をした方が満足度の高い買い物ができるだろうか?
実験によれば、購入率はショップAの方が約10倍高く、
買い物後の顧客の満足度合いもショップAの方が高かった。
サービスを提供する側としては、
より多くの選択肢を用意し、
お客さんによりマッチしたサービスを提供しようとする方が
良い結果をもたらすのではと考えられてきた。
特により多くの選択し同士を比較し、
自分にとって最高の選択をしようとするお客さん(マキシマイザー)は、
選択後も選ばなかった選択肢について悩んでしまい、
結果的に満足度が低下してしまう傾向にあります。
極端性回避

~人は3つのグレードがあると真ん中を選ぶ?~

あなたはデジカメを買おうと家電ショップに行き、
同一メーカーの3つのモデル、
A(¥50,000)
B(¥35,000)
C(¥20,000)
を見ています。
それぞれ、グレードが違い値段も異なりますが、
あなたは3つの内どのモデルを買いますか?
実験によると、
選択肢がB(¥35,000)・C(¥20,000)の2種類しかない場合、
それぞれの売り上げ半々になりましたが、
上位機種A(¥50,000)を加えた3種類の場合、
真ん中のモデルB(¥35,000)の売り上げが約6割を占め、
上位機種の売り上げも約2割に達した。
これは古くから日本でもお寿司や定職屋のメニューに「松」「竹」「梅」とあるように、
一番下のグレード「梅」ではちょっとケチだけど、
「松」では贅沢だから「竹」を選ぼう、
といった人の心理を突いた商売人の知恵としても見ることができます。
こうした、真ん中のものを選ぶ性質を行動経済学では「極端性回避」と呼ばれます。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

東京BOX

ボブロッカーのトレード手法,ニューヨークボックス(NYボックス)。基本,日本時間の14時~21時までの値動きでボックスを描くこのトレードを,東京市場が動いている日本時間の9時~16時の値動きでボックス …

no image

値動きの理由は知らなくていい

トレードに「なぜ?」は禁物です。 エントリー後に価格が逆行し、 なぜ?と思ってしまうと、 自分に有利な情報を意図的に探し始めてしまいます。 それが原因で最悪の場合損切りができないことなどにも繋がってき …

no image

ルール作りに必要なものは?

ルールは簡単なほうがよい でも簡単すぎるとだましが多い 難しすぎると再現できない ルール作りは本当に奥が深いです。 世の中にトレードルールは数多ありますが, やはり最終的にはオリジナルのルールを作り上 …

no image

新トレードルール検証 ユーロドル円 2012/07/09~2013/02/22

通貨ペア ユーロ vs 米ドル検証期間 2012年7月9日~2013年2月22日 トレード回数 102勝ちトレード 59 負けトレード 43総獲得pips数 2295pips 総損失pips数 ▲16 …

no image

なぜ損切ができないか?

    損切ができずに ナンピン、塩漬けを繰り返し、 損失がマックスに拡大したところで 強制ロスカットを恐れて 泣く泣く損切りをする   KMAもかつてはこんなトレードを繰り返しておりました なぜ損切 …

Count per Day

  • 632670総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 31昨日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング