投資と断酒とミニマリスと

INVETSING,SOBRIETY,MINIMALIST,VEGAN and…

FXデイトレード話

行動経済学 1/13 プロスペクト理論

投稿日:

得をする時と損をする時で価値の感じ方が異なる事を説明した理論
宝くじをあなたが引くとして、例えば、以下の2つのパターンのくじが選べるとする。
このくじによる実験は、結果的に見た場合、
どの選択肢を選んでも、金銭的価値としては全て同様の¥10000であるはずですね。
でも、最初の実験の場合は得られる金銭が少なくても良いからより堅実性の高い選択肢を選び、
1番目の実験の場合は、よりリスクの高い(つまりは堅実性の低い)選択肢を選んで
リスクを回避しようとする意思を見て取れるわけです。
つまり、同じ額でも自分の「利益」と「損失」では「損失」の方がより強く印象に残り、
それを回避しようとする行動をとる事を示しています。
これを行動経済学では損失回避性と言います。
又、同額であっても損失の方をより強く感じる事に変わりは無くとも、
損失・利益共に額が大きくなればなるほど
その感覚が鈍ってくる事も実験によって分かっています。
これを感応度逓減性と言います。
プロスペクト理論とは、「価値関数(損失回避性)」と、
大きい額になるにつれ感覚が麻痺してくる事をあらわす「確立加重関数(感応度逓減性)」からなり、
人間が利益や損失を伴う選択肢でどのような意思決定をするか、
損失と利得をどのように評価をするのかを解説する理論なんです。
損失回避性は既に解説したとおりですが、
感応度逓減性を現実的な分かりやすい例で説明すると、
感応度逓減性
Aショップで¥10000で売られているラジカセが、
15分ほど先の1つ隣の駅のBショップでは、¥6000で売られている場合、
かなりの確立でBショップへ行くと思いますが、
同じくAショップで¥250000で売られているPCが、
Bショップで¥246000で売られていた場合、
わざわざBショップへ行きますか?という事になります。
みなさん、多少なりとも覚えがあると思います。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シンプルに,シンプルに

トレードルールってシンプルなほうがいい シンプルであればあるほど 感情の動きが排除される シンプルであればあるほど ルールの有効性が正しく検証できる 使っていないインジケーターは思考を妨げるノイズでし …

no image

次から次へと財政危機

ギリシャに続いて,今度はイタリア。次から次へと財政問題が出てくる。今はあまり目を向けられていないが,日本のほうがギリシャよりも国債残高のGDP比は圧倒的に高い。200%くらいあるはずだ。しばらくたった …

no image

相場のどの部分を利益に変えるか?

相場というものは本当に気まぐれなものです。 そんなものに「上がってくれ」「下がってくれ」と私たちが願掛けをしたとしても,それは土台無駄な話。 個人の願いなどそっちのけで,上へ下へを気ままな動きを繰り返 …

no image

トレンドの判断は後付け

   当ブログは,外国為替証拠金取引に関する私個人のトレード方針のレポートです。あくまで個人的な非営利活動における情報提供ですので,実際の投資行動に当たっては,読者様ご自身でご判断ください。当ブログの …

no image

愛・トレーダーの力の源泉

多くの哲学者によって,愛は人間の偉大な力であるとみなされてきた。 子どもに惜しみのない愛を与えれば,彼らは力強く成長し,崇高な精神を築き,成功裏に,そして力強く明るい未来へと導かれるのである。 愛が配 …

Count per Day

  • 632670総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 31昨日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング