FXの不労所得でセミリタイアを目指す 40代からの終活ブログ

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

FXデイトレード話

行動経済学 1/13 プロスペクト理論

投稿日:

得をする時と損をする時で価値の感じ方が異なる事を説明した理論
宝くじをあなたが引くとして、例えば、以下の2つのパターンのくじが選べるとする。
このくじによる実験は、結果的に見た場合、
どの選択肢を選んでも、金銭的価値としては全て同様の¥10000であるはずですね。
でも、最初の実験の場合は得られる金銭が少なくても良いからより堅実性の高い選択肢を選び、
1番目の実験の場合は、よりリスクの高い(つまりは堅実性の低い)選択肢を選んで
リスクを回避しようとする意思を見て取れるわけです。
つまり、同じ額でも自分の「利益」と「損失」では「損失」の方がより強く印象に残り、
それを回避しようとする行動をとる事を示しています。
これを行動経済学では損失回避性と言います。
又、同額であっても損失の方をより強く感じる事に変わりは無くとも、
損失・利益共に額が大きくなればなるほど
その感覚が鈍ってくる事も実験によって分かっています。
これを感応度逓減性と言います。
プロスペクト理論とは、「価値関数(損失回避性)」と、
大きい額になるにつれ感覚が麻痺してくる事をあらわす「確立加重関数(感応度逓減性)」からなり、
人間が利益や損失を伴う選択肢でどのような意思決定をするか、
損失と利得をどのように評価をするのかを解説する理論なんです。
損失回避性は既に解説したとおりですが、
感応度逓減性を現実的な分かりやすい例で説明すると、
感応度逓減性
Aショップで¥10000で売られているラジカセが、
15分ほど先の1つ隣の駅のBショップでは、¥6000で売られている場合、
かなりの確立でBショップへ行くと思いますが、
同じくAショップで¥250000で売られているPCが、
Bショップで¥246000で売られていた場合、
わざわざBショップへ行きますか?という事になります。
みなさん、多少なりとも覚えがあると思います。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

バックテストが自信を生み,フォワードテストが確信を生む

有効だろうと思われるトレードルールを見出すことができれば, バックテストをしてみる。 バックテストで継続的に利益を上げることができれば, ルールに対して自信が持てるようになってきます。 そして実際のチ …

no image

一番大事なことは?

こんな時間にチャート分析をしてもなんなので, トレードルール作りにあたって一番大事なことは何かということについて考えてみました。 いろんな意見があると思いますが, トレードルールにおいて一番大事なこと …

no image

「アベノミクスで儲けた芸能人」日テレが特集 川合俊一「高級車2台分」、松居一代「数億円」…本当か

すごい話ですね・・・本放送は見逃しましたが、ネットで動画を探して見ました。株や日経先物などのトレードが主でした。番組を見る限りはどんな手法でトレードをしているのか分かりませんでした。手法というよりも値 …

no image

リアルトレードの恐怖・・・克服するのは一貫したルールのみ

リアルトレードをする前提条件は 各トレード単体では負ける事はあっても、 複数回のトレードの総数では、プラス収支になる、ということです。 トレード単体では負けたとしても、 次は勝てる期待値が大きいことか …

no image

海外FX口座のメリット&デメリット

海外FX取引業者とは、 海外に本社を置き、 海外を拠点に活動しているFX取引業者のことです。 FX業者を選ぶ際には、 まず国内の業者に口座を開こうと考えるのが当然かと思いますが、 日本にいながらにして …

Count per Day

  • 620917総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 74昨日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

アーカイブ