簡単なお金の増やし方

FX初心者でも簡単に始められるトレード手法を公開&毎日のトレード結果を解説

コラム 時事放談

「汚染物質を扇風機で日本海へ」大気汚染に悩む中国で、仰天計画相次ぐ

投稿日:2013年3月6日 更新日:

迷惑な隣人問うのはよくある話ですが,
相手がでかすぎます。
中国が原発事故でも起こしたらどうなるんでしょう?
日本海は大量の放射性物質で汚染されてしまうでしょうね。
beijingrailway.jpg
以下記事引用「日刊サイゾー
中国の大気汚染の悪化が止まらない。
2月28日には北京市と隣接する河南省で、
24時間当たりの汚染物質の濃度が、
WHOが定める環境基準の10~20倍となる数値を記録した。
同省の高速道路ではこの日、
気汚染に起因するとみられる異常濃霧の中、
自動車30台が絡む玉突き事故が発生。
もはや中国の大気汚染は、
健康被害を超えた弊害に見舞われているのだ。 
成長至上主義のもと、
環境問題を放置してきた政府に生活者たちの批判が集まる中、
政府は今後どのような対策を講じるのだろうか? 
ネット上では、
「大気汚染から逃れるため、
2016年に首都を北京から河南省信陽市に移すことが政府決定された」
という未確認情報が飛び交っている。
信陽市では首都移転を見越し、
すでに不動産を買いあさる動きもあるという。 
また、
北京市中心を巨大ドームで覆い、
内部の空気を清潔に保つ」
という出所不明の計画もネット上をにぎわせている。
 
 
広東省ブロック紙の社会部記者は、
政府による大気汚染対策についてこう話す。
「内陸部の都市では、
実験的に人工降雨弾を使った浄化作戦を実行している。
雨によって一時的に大気の汚染レベルを低下させようというものですが、
効果のほどは不明です。
また、環境保護部の内部では
『巨大な扇風機を日本海に向けて並べて、沿岸部上空を換気しよう』という、
荒唐無稽な計画も浮上しているそう。
大気汚染に関してはそれだけ切羽つまっていて、
わらにもすがりたいということだろう」 
PM2.5をはじめとする中国からの汚染物質は、
すでに日本にも到達している。
中国には、早急に自分の尻を拭わせる必要があるだろう。

-コラム, 時事放談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

東京地裁の北本市立北本中いじめ裁判に思う

判決では、佑美さんが残した遺書について、 「自死を決意した主たる原因が何であるか、具体的に特定することは極めて困難。自殺の原因がいじめであると認定することはできない」としたそうです。  原告側は、佑美 …

no image

週刊ポスト、元少年の実名・顔写真を掲載 神戸児童殺傷

神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、当時14歳だった加害男性のものだとする実名と顔写真を14日発売の週刊誌「週刊ポスト」(小学館)が掲載した。少年法は、少年が起こした犯罪に関しては本人が特定 …

サービスのいい会社(店)はブラック企業ということ

客に対してサービスが飯樋ことは、 外面がいいということ すなわち、身内には厳しいということ だから社員に厳しいブラック企業 利用するのは問題ないが、働きたくはないな 日本がドイツより幸福度が低い理由の …

スーパーシティ法…個人を監視するなら、行政も監視させてくれない?

noteの記事をアップしました スーパーシティ法…個人を監視するなら、行政も監視させてくれない?

「収入=支出」で生活していると損をする

身の丈に合った生活って どんな生活だろうか? 殆どの人は 「収入=支出」 と思うかもしれない。 収入の範囲内で暮らすというのが 身の丈に合った生活。 なぜならば、これまでの日本は ・新卒一括採用 ・年 …

Count per Day

  • 616224総閲覧数:
  • 277今日の閲覧数:
  • 50昨日の閲覧数:
  • 261今日の訪問者数:
  • 40昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930