簡単なお金の増やし方

FX初心者でも簡単に始められるトレード手法を公開&毎日のトレード結果を解説

コラム 時事放談

「WHO報告書は福島事故の被曝被害を過小評価」環境団体、WHO報告書を「原子力産業を守るための政

投稿日:2013年3月5日 更新日:

海外のメディアはフクイチノ事故に対してネガティブな傾向がありますね。
日本もチェルノブイリの事故のときはそうでした。
対岸の火事は冷静に眺められるものの,
いざ自分のこととなると・・・。
努めて楽観的な情報を捜して信じようとするものです。
トレードもそうですね。
ポジションを持っていなければ,損切りポイントが分るのに,
ポジションを持ったとたん,
含み損がどんどん膨らんでいっても
「いつかは戻るはず」
とおもって,損切り幅を拡大してしまいます。
泣く泣く損切りしてチャートを振り返ってみると
やっぱり損切りポイントがはっきりと分る。
「いつか戻るはず」と思っていたところが損切りポイントだったりします。

世界保健機構(WHO)は2月28日、
福島原発事故がもたらす健康被害に関する報告書を初めて発表した。
WHOはこの報告書の中で、
放射能による健康被害は福島から遠い地域には及ばないとしつつも、
福島原発の近隣住民及び事故処理にあたる原発作業員の癌罹患率
明らかに上昇する事実を認めた。
報告書によれば、
事故を起こした原発近隣の重度汚染地域に住む乳幼児が
一生涯のうちに癌にかかる危険性は悪性腫瘍全般に関し4%増加、
女性における乳がんで6%、
男性における白血病で7%増加する。
また、女性が甲状腺癌にかかる危険性については
70%もの増加を指摘した。
原発作業員については
「今のところ急性被曝による影響は出ていない」としつつも、
最も若い世代で20%もの癌発生率の増加を指摘した。
環境市民団体グリーンピースはこれに対し、
報告書の作成にかかわったドイツ人専門家オダ・ベッカー氏が
福島原発から半径20キロ以内の地域では、
住民一人当たりの被曝量は数百ミリシーベルトにのぼる」
と推定していることに言及、
「WHO報告書は福島原発から半径20キロ以内にいた人たちが
素早く逃げることができなかったために
事故直後に浴びた放射能による被害を
過小評価している」

「同報告書は原子力産業を守るための政治声明に過ぎず、
健康問題についての科学的分析ではない」
と指摘した。
東京電力
福島原発で事故処理にあたった
2万人の原発作業員に関する被曝データを
今も政府に提出していない。

(抜粋、一部編集)
● 元の記事:「WHO、福島事故による癌の増加を発表 福島原発周辺での甲状腺癌への罹患率は70%増」/ルモンド紙(3月2日)

(Paul Benkimoun, « Selon l’OMS, l’accident de Fukushima va entraîner davantage de cancers », Le Monde, 2013.03.02)

-コラム, 時事放談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アトピー性皮膚炎を治すために その13(最終回) 自律神経を改善しよう

この記事はあくまでも自分の経験を元に個人的感想を記載しております。当記事と同様の体質改善方法を試みても、全ての方のアトピー性皮膚炎が治癒することを保障する物ではありません。あらかじめご了承の上、お読み …

no image

アトピー性皮膚炎を治すために その4 デトックス

この記事は、私が健康づくりのために呼んでいるブログからの引用です。実践 するのは結構しんどいのですが、なるほど!と思える内容ですので、不定 期に掲載しています。 アトピーを治すために・・・  …

no image

恐喝国家・中韓と向き合うヒント 英仏の「謝罪しない外交」

日本はアメリカに空襲を受けたり 原子爆弾を落とされたりして 多くの非戦闘員の犠牲者を出しました。 しかし,中韓のようにいつまでも被害者面を引きずることがありません 相手の弱みに付け込んでゆすりたかりを …

no image

Moralism, liberalism and utilitarianism are always fighting

Coexistence is difficult! (No Д`) Discussions on policies are inherent in organizations such as gove …

no image

首からさげる「ウイルス除去剤」でやけど 幼児が重傷

近所の子どもたちがよくクビからぶら下げていました。 まわりの友達がインフルエンザにかかっても, 自分はかからなかったとのこと 効果はあるみたいなのですが, 安全性に問題があっては意味が無いですね。 そ …

Count per Day

  • 616248総閲覧数:
  • 301今日の閲覧数:
  • 50昨日の閲覧数:
  • 284今日の訪問者数:
  • 40昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930