FXデイトレード話

決済ポイント

投稿日:

何事でも同じだと思いますが,

タイミングを逃したら,後は待つしかありませんよね。
世の流行り廃りもそうですが,
たいていも場合テレビで扱い始めたらもう,
そのムーブメントの旬は過ぎているということです。
トレンドも同様です。
ただし,トレンドには調整があります。
何度かの調整を繰り返して,やがてトレンドが終息していきます。
ですから,トレンドの中の1回目の調整を狙ってエントリーをするのがベストだと思っています。
つまり長い時間軸でトレンドを確認し,
短い時間軸で調整を見つけ出す。
チャート的に見れば,長い時間軸では順張りですが,
短い時間軸では逆張りになります。
FXのセオリーとして,逆張りリスクが高いのでご法度的な風潮がありますが,
利益を上げていくには,「安く買って高く売る」のが王道だと思っています。
「高く買って,もっと高く売る」的な主調も見られますが,
私はちょっと怖いですね。
「高く買ってもっと高く売る」戦術の場合,
損切りの際には「高く買って安く売る」ということになりかねません。
それに比べて「安く買って高く売る」戦術は
相場を見誤ったとしても,「安く買って安く売る」ことになりますから,
「高く買って安く売る」よりは,損少になると思っているもです。
そんなわけで,私のルールは,利益確定のポイントと損切りのポイントが同じルールになっています。
例えば,上昇するだろうと思ってボリンジャーバンド-2σで買いポジションを持った場合,
利益確定ポイントはボリンジャーバンド+2σです。
同様に,ボリンジャーバンド+2σに達した時に含み損を持っていたとしても,そこで損切りをします。
この場合ボリンジャーバンド+2σが利益確定ポイント兼損切りポイントとなります。
私はこのようなポイントを決済ポイントと呼んでいます。
プラスでもマイナスでも手仕舞いするポイントです。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

行動経済学 最終回 囚人のジレンマ

囚人のジレンマ(Prisoner’s Dilemma)  囚人のジレンマとは、個々にとって最適な選択が全体の最適な選択にはならないという、数学や経済学のゲーム理論における有名なモデル。  …

no image

ETFでやってみた!株価指数コスト平均法 NYダウ平均株価に連動したETFの場合

先日テストをしてみた株価指数コスト平均法   国内で購入可能なETFでテストしてみました   購入対象は   (1546) NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株3 …

no image

トレンドフォローは基本中の基本

海外の優れたトレーダーの多くは トレンドフォローを基本としています。 これに対して日本人は 逆張りのトレーダーが多いそうです。 逆張りを否定しているわけではありませんが 逆張りのほうが技術が必要で難し …

no image

テクニカルを学ぶという罠

にほんブログ村 FXで利益を上げようとして口座を開く。 何の知識もなくリアルトレードを開始。 本能の赴くままに取引をし、ビギナーズラック。 やがてプロスペクト理論どおりに勝てなくなる。 殆どのトレーダ …

no image

トレードルールの確認

文字色   当ブログの外国為替証拠金取引に関する情報提供は,管理者の個人的見解によるものです。実際の投資行動に当たっては,読者様ご自身でご判断ください。当ブログの情報により損害が発生した場合でも,当方 …

Count per Day

  • 651402総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング