FXデイトレード話

MACDとは

投稿日:

MACDは主に逆張り系を意味する『オシレーター系』(オシレーターは振幅を測るもの)の指標です。

MACDは、短期の移動平均線と長期の移動平均線の乖離度合いを示す指標です。

MACDは『シグナル』という線と併せて表示されます。

MACDがシグナルを下から上に抜けることをゴールデンクロスといい、上昇トレンドに転換されたとみなされます。

 逆に上から下に抜けるのはデッドクロスで、下降トレンドに転換したとみなされます。売りのサインです。

MACDの数字は、

0より上の位置でゴールデンクロスしたときにはより強い買いのサイン、

0より下でデッドクロスしたときは、より強い売りのサインだと考えられています。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

初動をとらえたい

順張りでも逆張りでも,流れの最初をとらえたいと思うもの。 その初動はレンジの中から始まる。 特にMA25 75 150 が絡まったところがトレンドの始まりとなる。 今日はこの流れに乗るとこができなかっ …

no image

100%負け続けることはできない

100%勝ち続けることができるトレードルールというものはありません。 逆を言えば、 100%負け続けるトレードルールというものも存在しません。 仮に100%負け続けることができるトレードルールがあると …

no image

複雑な分析=安定しない利益

大変興味のある内容のブログがありました 以下はそのブログの記事からの引用です。 FX初心者救済プロジェクト:たった40分で本業より荒稼ぎする秘密をマスター 今回の記事では、 勝ち組投資家のルールについ …

no image

豪ドル円のトレードルール

   

no image

FXで絶対にロスカットされないトレード手法

FXで絶対にロスカット(証拠金不足によるロスカットの意)されることのない手法があります。 そうは言っても、聖杯というわけではありません。 「ロスカットされない=負けない」というわけではないのです。 確 …

Count per Day

  • 652291総閲覧数:
  • 75今日の閲覧数:
  • 82昨日の閲覧数:
  • 42今日の訪問者数:
  • 44昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング