FX100pipsナンピントレード

利益確定ポイントについて

投稿日:

リーマンショック以来,長期の円高トレンドが続いています。
1年近く々通貨ペアを観察していると,だんだんといろんなことが見えてくるようになります。
利益確定のポイントもその一つ。
1時間足でエントリーと決済をするスイングトレードの場合,
ボリンジャーバンドの±3σとSMA25との乖離率±1%を利益確定の目安としています。
通常はボリンジャーバンド±3σで利益確定しますが,
重要指標や会見などのイベント時は,乖離率±1%を利益確定ポイントにします。
米雇用統計などの大きなイベント前には相場は様子見ムードになり,値動きが小さくなります。
すると当然ボリンジャーバンドも収縮してきます。
ボリンジャーバンドが収縮した状態でイベントを迎えると,相場は大きく動きます。
この様な時は,ボリンジャーバンド±3σで利益確定してしまうと,
イベント後の大きなトレンドを逃してしまうことになります。
普段はなかなか到達しない乖離率±1%もイベント時には十分到達する可能性がありますので,
このように利益確定ポイントを変えています。
ボリンジャーバンドだけでも,乖離率だけでもなかなかうまくいきませんので,
相場の状況にあわせて利益確定のパターンを2つくらい決めておくとよいかもしれません。
あまり多すぎるのは却って,トレードの妨げになりますのでご注意を。

-FX100pipsナンピントレード

Copyright© 10万円から始められる副業としてのFX(ドル円 豪ドルNZドル ドルコスト平均) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.