FXデイトレード話

時間を区切ってトレードをする

投稿日:

サラリーマンの勤務時間は大体9:00~18:00といったところでしょうか。

時間外の勤務やサービス残業などもあるのでしょうが,17:30くらいになったら,「今日の仕事もそろそろ終わりかな」という気分になってくると思います。

一方トレードはどうでしょうか?

時間的なことを言えばトレードには,限りない自由が用意されています,逆に言えば制限が全くありません。

トレードを始める時間と追える時間を自分で決めることがでいるのです。

働く時間を自分で決められるということは,よいことのように思えますが,これがまた一筋縄には往きません。

サラリーマンであれば,仕事が片付けばその日の勤務は終わり,ということもできますが,

自由に満ち溢れたトレードの世界では,やろうと思えばいつまででもトレードすることができます。

では,どうなったらその日のトレードをやめにしますか?

目標額に達したらやめる

目標額に達するまでやめられなくなってしまいませんか?

今日は1回も勝てていないから,せめて1回ぐらいは勝つまでやる

勝つまでやめられなくなってしまいませんか?

今日は調子がいいから,1回負けるまでやる

最後の負けが,ものすごく大きな負けになるかもしれませんよ?

トレードを仕事としてやっていく以上

勤務時間の意識を持つことは重要だと思います。

何時~何時までというようにメリハリをつけてトレードをすることで

集中してトレードできますし,感情的になって自滅的なトレードに突っ走ってしまうということもなくなると思います。

私の場合 24時までと決めています。

負けていたとしても,24時になったらおしまいです。

調子がよくてもおしまいです。

明日は明日の風が吹くtomorrow is another day なのです。

-FXデイトレード話

Copyright© 10万円から始められる副業としてのFX(ドル円 豪ドルNZドル ドルコスト平均) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.