FX基礎知識

相場のどの部分を利益に変えるか?

投稿日:

相場というものは本当に気まぐれなものです。

そんなものに「上がってくれ」「下がってくれ」と私たちが願掛けをしたとしても,それは土台無駄な話。

個人の願いなどそっちのけで,上へ下へを気ままな動きを繰り返します。

相場の動きの翻弄されないためにも,自分は相場の動きのどの部分を利益に変えていくのかということをしっかりと理解しておくことが重要です。

レンジ内での反転を逆張りで狙うのか?

トレンド中の押し目買いや戻り売りを狙うのか?

レンジをブレイクしたところを順張りで狙っていくのか?

この狙いが定まっていないと,相場の動きに踊らされてしまいます。

これら全てを狙おうとしても,まず無理です。

なぜならがば,狙うところが違ってくれば,エントリーポイントも決済ポイントもおのずと変わってくるからです。

例えば,レンジ内での反転を逆張りで狙う場合,レンジの天井で売りポジションのエントリーをしますが,レンジブレイクを狙う場合は買いポジションのエントリーをすることになります。

このように,狙いが定まっていない場合は,自分のエントリーが正しかったのかどうか?

ここは損切りすべきところなのかどうか?ということが分らなくなってしまいます。

その結果どうなるでしょう?

損切りできずに含み損がずるずると膨らんでいく・・・という残念な結果になってしまいます。

トレードするときは狙いを定めてからエントリーをするようにしてみてはどうでしょうか?

それだけで,利益確定をするポイントと,損切りすべきポイントが見えてくると思います。

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【動画解説・FXトレード手法】再現率100%?移動平均線とRCIによる簡単トレード手法

  RCIとはどんなテクニカル指標か? RCIは、FX取引において利用されるテクニカル指標の1つです。 順位相関指数とも呼ばれます。 RCIは、価格が割高なのか割安なのかを判断するために生ま …

no image

チャートの設定

いろいろ試行錯誤をしてようやく落ち着いてきたチャート設定。 それぞれ好みはあろうと思いますが,私のチャートはこんな感じです。 1.日足チャート     (1)MA21(21本移動平均線)     (2 …

no image

ポジションの保有時間について

プロスペクト理論は人間の本能による行動です。トレードでは損小利大が有利であることは分かっていても、「利食いが早くなってしまう」 「損切りが遅くなってしまう」という悩みは尽きません。これらは生まれ持った …

no image

日足チャートの注意点

日足チャートを見るときに そのチャートがどこの国の時間を基準にしているのかという点を気にかけておくとよいと思います。 日本の標準時で動いているチャートと ヨーロッパの標準時で動いているチャートだと 日 …

no image

くるくるワイド勉強中(3) 複利ロングについて

トレードの最終判断はご自身の責任で行ってください。いかなる損失にも当方は責任を負いかねます。m(_ _ )m この記事はくるくるワイド関連ブログの情報からくるくるワイドについて当ブログなりに解釈アレン …

Count per Day

  • 662113総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 57昨日の閲覧数:
  • 35今日の訪問者数:
  • 42昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング