FXデイトレード話

FX入門 資金はいくら必要か?

投稿日:

一般的には10万円もあれば,たいていのFX業者で取引が可能です。
これは,レバレッジという仕組みによって,資金を運用していることによるものです。
レバレッジとは,証拠金を担保に,預けた金の何倍もの取引ができるというものです。
どうしてこのようなことが可能かというと,FXでは,差金決済を行っているからです。
顧客の損失が証拠金に達した時にはポジションが強制的に決済される仕組みで,FX業者はポジションの総代金を受けなくともリスクが釣り合うために,小額の証拠金でのトレードが可能になっています。
レバレッジとは,「てこ」と訳されるのが一般的です。
つまり,実際の運用資金の何倍もの取引をすることができる仕組みです。
これは,運用しだいで大きな利益を生むことができる反面,大きな損失を被る可能性もあります。
一般的に,レバレッジが大きいほど,被る損害の額も大きいといわれることが多いのですが,大切なのは,自分がが持つべきポジションの量であって,レバレッジ事態はリスク要因ではありません。
自分がどれだけの損を許容できるのか?その額はどれだけの通貨を持ったときにどれだけ動く分に相当するのかということを考えて置くjことが重要です。
何よりも,資金管理がFXでは最重要課題です。
いくらから始められるということよりも,資金に対して,どれだけのポジションを持つことが可能なのかということを考えながら取引をするとよいでしょう。
目安としては,資金に対して,証拠金の割合が10%を超えることの内容に運用していくのがベターです。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

LONG or SHORT or NEUTRAL ? 目線の固定

基本的には,サインが出た方向にエントリーをする。 しかしながら,相場の状態がレンジの時や, 短期トレンドの転換点にある時は,気をつけなければならない。 盲滅法サインどおりにエントリーをしていては, 往 …

no image

早すぎる利食いの克服

損小利大はトレードの一つの理想形です。 この損小利大は、言うは易し行うは難しで、人間の本能に大きく逆らう為実行が困難です。 損小利大を実践するには、 大きな時間足のトレンド方向にエントリーして 含み益 …

no image

「戻り&反発」の確認

   当ブログの外国為替証拠金取引に関する情報提供は,管理者の個人的見解によるものです。実際の投資行動に当たっては,読者様ご自身でご判断ください。当ブログの情報により損害が発生した場合でも,当方では一 …

no image

チャートは嘘をつかない

株価の動きは,欲望と不安と恐怖のいずれかの感情に基づいている。不安は,欲望と恐怖という2つの支配的な感情の狭間にある小休止のようなものである。マーケット参加者の大半が欲に支配されている間,株価は上昇す …

no image

デイトレ生存率向上ブログ

非常~に役立つ情報が満載のブログです。 有名なのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、 まだの方は、ぜひどうぞ。 ↓ デイトレ生存率向上ブログ

Count per Day

  • 651402総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング