This site is about sober living, Forex trading and minimalist living in a local city in Japan.

断酒と為替とミニマリスト Soberism Forexism and Minimalism

FXデイトレード話

自分のトレードルールを作る過程

投稿日:

1.基本にするトレードルールを決める
 
商材,ブログ,書籍…基本のルールにするのは何でもいいです。
そのルールをA4の用紙一枚に箇条書きにしてまとめます。
まとめる項目は以下の通り
  
①チャートの設定
②トレードする時間帯
③買い,売り,中立の決定規準
④エントリー見送り条件★
③エントリー条件★
⑤決済するポイント★
損切りのポイント★
  
最初からすべての項目を埋めることはありませんが,
★印の項目くらいは最低でも決めておかなければトレードできません。
最終的に,自分のルールを作るのにこれくらいはの項目が必要です。
逆にこれ以上ルールがあっても判断に迷ってしまうので,これぐらいで十分とも思います。
A4の用紙一枚にまとめられるくらいのルールでなければ,
実際のトレードでは使いこなせないと思います。
手元に置いて瞬時に確認できる機動性が,A4用紙一枚にまとめる利点です。

2.ルールに忠実にデモトレードを行う。

デモなので,損失が出てもかまいません。
とにかくルールに忠実にトレードします。
デモですが,本当にお金を動かしているつもりで真剣にやります。
メンタル的にちょっと矛盾していますが,大切なことです。

3.成果に応じてルールを修正していく。

基本にしたルールは,ルールを作った方が,利益を出しているルールです。
しかし,そのルールを自分が利益を継続して上げられるとは限りません。
でも,それでいいんです。
利益が出たときはなぜ利益が出たかを考え,ルールに加えていきます。
損切りしたときはなぜ損切りになったか原因を明らかにし,
その回避方法をルールに加えていきます。
このように,2~3のステップを1週間単位で繰り返し行い,
自分のトレードルールをブラッシュアップしていきます。
つまり,月~金までルールを守ってトレードをしたら,週末にルールを修正し,
次週は修正したルールを守ってトレードします。
この作業を繰り返していくことにより,
基本とした他人のルールを自分のオリジナルルールに作り変えてきます。
結果的に基本のルールと全くといっていいほど違うものになってしまっても構いません。
大切なのは,継続的に利益を残すことができるかどうかということと,
自分にフィットしているかということです。
自分にフィットしたルールを作り上げるには,それなりの時間が必要です。
時間をかけて作り上げたルールは,自分のノーミソに刻まれ,強力な武器となります。

私が重視しているのは,ルールをA4用紙一枚に箇条書きにまとめるということです。
細かいルールをたくさん設定しては,いざというとき使いこなすことができません。
チャートを見て瞬間的に判断できるルールが,最も使いやすいルールです。
紙を見ずとも,諳んじて言ったり書いたりできるぐらいに覚えこもうと思ったら,
A4用紙一枚くらいがちょうどよい分量ではないでしょうか。

当たり前のことを書いていますが,
自分のルールを自分がしっかりと理解しておくということは,
本当に大切なことだと思います。

-FXデイトレード話

Copyright© 断酒と為替とミニマリスト Soberism Forexism and Minimalism , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.