簡単なお金の増やし方

FX初心者でも簡単に始められるトレード手法を公開&毎日のトレード結果を解説

FXデイトレード話

相場の予想はやめました

投稿日:

チャートを見ながら,この先相場はどうなるだろうと考える。

上がるか?

下がるか?

横ばいか?

予想ができたらいいですね。

予想が当たればもっといいですね。

移動平均線やRSI,MACDボリンジャーバンド,一目,ストキャスティクス・・・

いろんなインジケータを駆使しても,

相場の動きを予想し,当てることなんてできませんでした。

あるとき私は,相場の予想をやめました。

後付講釈ならば,そこそこできるんですけどね。

私が予想をしたところで,当たるか外れるかのどちらかしかないわけです。

正解率の50%を上げる自信はあります。

その予想が当たって,

エントリーした後に含み益が伸びてきたとします。

どこで利益確定をするかということは,

目の前の相場の動きを予想するだけでは,分かりません。

逆に,予想が外れて,含み損を抱えたとします。

どこで損切りをするか?

これもまたしかりです。

結局相場に対する読みが当たるかどうかは,丁半博打。

当たるかどうかは50%。

数学の問題だったら,解法を学んでいけば正解率を上げることができます。

一方,相場の展開は,

いくらテクニカルやファンダメンタルを勉強しても

正解率を上げることは不可能です(少なくとも私にとっては)

しかしながら,失敗率を少なくすることは可能です。

ですから 相場の予想はしません。

相場の動きに合わせて

どのように行動するかを考えます。

ここで考える行動は二つだけ。

エントリーするか,様子を見るか。

相場の予想はしませんが,

テクニカル的な状態とファンダメンタルの情報をもとに

行動の予定は立てます。

相場が上がったらエントリーしよう,

相場が下がったら様子を見よう,

というように。

そして,エントリーをしたら,次の予定を立てます。

ここまでいったら利益を確定しよう。

ここまで戻ってしまったら,損切りをしよう。

相場のエネルギーからおこぼれをいただいている身分の者故,

相場の動きを予想して,しかも当てようなんて,

おこがましくてできません。

動きについていって,

自分の生活に足りるだけのもの恵んでもらえたら十分なのです。

相場を見下ろさず,

相場を見上げながら,

相場の動きに取り残されないように,

ついて行きたい,

ついて行けるようになりたい

いつもそう思っています。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

チャートの特性 日足・1時間足

日足や1時間足のよさは,ダマシが少ないということ 一度流れをつかむことができれば,大きな利益を得ることができる 日足や1時間足でおきたトレンドは比較的長時間にわたって継続することが多い その反面,長い …

no image

堅実なスキャルトレード手法

継続的に利益を上げることができる手法は,数多く存在します。 しかし,あらゆる相場の局面に対応して利益を上げ続けることができる手法はごくわずかです。 とくに,デイトレードやスイングトレードなど,比較的長 …

no image

熟練したとレーダーは,なぜチャートで取引するのか

ファンダメンタル素は重要ではあるが,目先のリスク評価の助けにはならない。この点において,テクニカル分析やチャート分析はファンダメンタルよりも輝きを増す。チャート分析が常に機能することを期待するのは愚の …

no image

リアルトレードの恐怖・・・克服するのは一貫したルールのみ

リアルトレードをする前提条件は 各トレード単体では負ける事はあっても、 複数回のトレードの総数では、プラス収支になる、ということです。 トレード単体では負けたとしても、 次は勝てる期待値が大きいことか …

no image

スイングトレード 売りか?買いか?どの通貨か?

スイングトレードで,売りと買いどちらをメインにしトレードをしていくのかということを決めるのは,難しいことではありません。 スワップ金利のつく方でトレードすればよいのです。 今の相場で言えば,ユーロドル …

Count per Day

  • 618567総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 51昨日の閲覧数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ