FXデイトレード話

値ごろ感から買いたくなってしまうとき

投稿日:

昨日の豪ドルは大きな下落でした。

今日になってもその余波が残っているような感じです。

つい2ヶ月前まで88円台をつけていたことを考えると

実に12円近い下落。

10lotで売っていたら,100万円以上の利益です。

じゃぁ,そろそろ買いか?

長期保有を目的に買いポジションを建てておこうか?

と考えるようになってくるかも知れません。

その根拠は?

「この前まで80円台後半だったから。」

「ここまで下げたら,さすがにあがるだろう。」

まぁ,そんなところです。

確かに,東日本大震災後の円高レベルで考えると,

ここから400pipsほどのリスクに耐えられるのであれば,大丈夫でしょう。

しかし,2008年のリーマンショックのときはどうでしょうか?

55円台です。

ここから更に2000pips以上の下落です。

10lotの買い建てで200万円,

下落につられてナンピンをしていったら・・・恐怖です。

デイトレでさえ,どこが底でどこが天井かなんて分からないのに,

スイングで天井や底が分かるでしょうか?

私には分かりません。

比較的最近の出来事である,88円台や去年の円高時の72円台は覚えていても,

リーマンショック後の55円台までは,想像が及ばないかもしれません。

「さすがにそこまではないだろう・・・」

しかし,いずれのレートも過去に実際にあったものです。

更に言えば,リーマンショック前には104円をつけていたのも事実です。

いろんな方々のブログや様々な書籍にあるように

「値ごろ感から買ってはいけない

というのはこのような過去の事実に基づくセオリーなのだと思います。

…それにしても不思議なものです。

上がり続けている相場では

「ここまで上がってきたから,更に上がるだろう」と思い,

下がり続けている相場でも

「ここまで下がったのだから,そろそろ上がるだろう」

と思ってしまいます。

やはり人間は本能的に,何事につけ「上昇」を望む心理が強いのかもしれません。

$主夫Xのトレード&家事日記

-FXデイトレード話

Copyright© 10万円から始められる副業としてのFX(ドル円 豪ドルNZドル ドルコスト平均) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.