FX基礎知識

値ごろ感から買いたくなってしまうとき

投稿日:

昨日の豪ドルは大きな下落でした。

今日になってもその余波が残っているような感じです。

つい2ヶ月前まで88円台をつけていたことを考えると

実に12円近い下落。

10lotで売っていたら,100万円以上の利益です。

じゃぁ,そろそろ買いか?

長期保有を目的に買いポジションを建てておこうか?

と考えるようになってくるかも知れません。

その根拠は?

「この前まで80円台後半だったから。」

「ここまで下げたら,さすがにあがるだろう。」

まぁ,そんなところです。

確かに,東日本大震災後の円高レベルで考えると,

ここから400pipsほどのリスクに耐えられるのであれば,大丈夫でしょう。

しかし,2008年のリーマンショックのときはどうでしょうか?

55円台です。

ここから更に2000pips以上の下落です。

10lotの買い建てで200万円,

下落につられてナンピンをしていったら・・・恐怖です。

デイトレでさえ,どこが底でどこが天井かなんて分からないのに,

スイングで天井や底が分かるでしょうか?

私には分かりません。

比較的最近の出来事である,88円台や去年の円高時の72円台は覚えていても,

リーマンショック後の55円台までは,想像が及ばないかもしれません。

「さすがにそこまではないだろう・・・」

しかし,いずれのレートも過去に実際にあったものです。

更に言えば,リーマンショック前には104円をつけていたのも事実です。

いろんな方々のブログや様々な書籍にあるように

「値ごろ感から買ってはいけない

というのはこのような過去の事実に基づくセオリーなのだと思います。

…それにしても不思議なものです。

上がり続けている相場では

「ここまで上がってきたから,更に上がるだろう」と思い,

下がり続けている相場でも

「ここまで下がったのだから,そろそろ上がるだろう」

と思ってしまいます。

やはり人間は本能的に,何事につけ「上昇」を望む心理が強いのかもしれません。

$主夫Xのトレード&家事日記

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【FX初心者講座】チャート分析の基礎 相場の転換点を見極めるダイバージェンス

相場の転換点を知るダイバージェンス(Divergence)とは、 もともと「離れていくこと」、 「相違が見られること」の意味で、 日本語では「逆行現象」といわれる。 逆張りの絶好のポイントを探そうー …

【FX初心者講座】チャート分析の基礎 逆張りトレードに活躍!ストキャスティクス

一定の範囲の中で上下する数値で 売買を判断するストキャスティクスは、 オシレータ系の分析手法で、 高値、安値、終値の3種類を使って作成する指標。 過去における高値、安値に対して、 当日終住値がどのよう …

no image

自分のトレードルールを作る

全く何も無い状態から,自分のトレードルールを作るのは,不可能ではないが,とても大変。 試行錯誤を繰り返し,遠い回り道をすることになるだろう。 やはり,学ぶことの基本である「真似ぶ」ことから始めたほうが …

no image

100%負け続けることはできない

100%勝ち続けることができるトレードルールというものはありません。 逆を言えば、 100%負け続けるトレードルールというものも存在しません。 仮に100%負け続けることができるトレードルールがあると …

no image

平均足

   チャートの状態確認にはアリゾナルールを使っていますが, メタトレーダーの「heikeinashi」を使って確認すると, 視覚的にチャートの状態を把握することができます。 移動平均線とおなじで,実 …

Count per Day

  • 671627総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 63昨日の閲覧数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 50昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ