FXデイトレード話

トレードルールの確認

投稿日:

文字色にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 為替ブログへ 
 

当ブログの外国為替証拠金取引に関する情報提供は,管理者の個人的見解によるものです。実際の投資行動に当たっては,読者様ご自身でご判断ください。当ブログの情報により損害が発生した場合でも,当方では一切の責任を負いかねますので,あらかじめご了承願います。

自分の決めたトレードルールが守れなくなることがあります。

そんな時は,一度ルールを書き出して,確認をしてみます。

後はルールを守るだけ。

でも,それが一番難しいのです。

過去のチャートを検証している時は,全く感情が入り込まない機械的思考で,勝率の高いルールを作り上げます。

勝率の高いルールということは,100%勝てるルールではありません。

しかし,リアルタイムのチャートを前にすると,様々な感情がルールを守ろうとする自分の邪魔をします。

エントリーをためらう感情。

方が出来上がってないのにエントリーしたくなってしまう感情。

損切りを先延ばしする感情。

トレードをしている以上,ある程度の負けは受け入れなければなりません。

大切なのは,その負けを以下に少なく,小さくしていくことができるかです。

私の場合,人に語りかけるようにブログにつづりながら,実際は自分言い聞かせています。

今日も損切りを経験しました。

ルールを守れなかった結果の,悪い損切りでした。

損切りをした後に,値が戻りました。

あともう少し粘っていれば,±ゼロだったのに・・・

後もう少し我慢すれば,30pips取れたのに・・・

そうではないんです。

我慢できなかったのが悪いのではないのです。

利確をすべきところでしなかったから,悪い損切りになったのです。

損切りのポイントが見えていたのに,無視をしたから,悪い損切りになったのです。

すべてはルールを守れなかったことが,原因だったのです。

ルールどおりに利益確定か,損切りをしていれば,

後2回はエントリーのチャンスがあったのを,

含み損を抱えていた為に,みすみす見逃してまったのです。

心の弱い自分への戒めです。

もう一度ルールを確認して,

次のトレードに備えたいと思います。

トレードルール
1. 日足の確認→陽線か?陰線か?)
2. 1時間足の確認。→アリゾナルールでレンジ」,トレンド発生前,トレンド中,トレンド終息の何れか?
3. 5分足の確認→アリゾナルールでレンジ」,トレンド発生前,トレンド中,トレンド終息の何れか?
4. 5分チャートでトレード
(1) ローソクがMA200を抜ける。
(2) MA25がMA200を抜ける。(長い足で抜けた場合は戻り確認のため様子見)
(3) トレンドラインを引く。
※トレンドラインを引く場合は,転換があった箇所から安値(高値)同士を結ぶ。
(4) MA25,62,200,トレンドライン,ピボット等までの戻り&反発があるか様子を見る。
※戻りを確認することは「ダマシ」を避ける意味で非常に重要。
(5) 戻り&反発を確認した後に,(2)で抜けた方向へエントリー。
(6) 利益確定はボリンジャーバンド±2σまたは±3σ。ピボット。
(7) 損切りはMA200を逆方向へ抜けたとき。(長い足で抜けた時は戻りを待って損切り
損切りができなければ,利益を伸ばすことができない。損切りこそルールを確立して,機械的に行わなければならない。

MA800を基準にする場合は,MA200の箇所をMA800に置き換える。

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

スイングトレードはどうか?

スキャルピングとデイトレードは,どちらも損切りが重要。 どちらもそれなりの枚数をかけて臨むからこそ,損切りができなければ,大きな損失を被ります。 エントリーポイントばかり探して,損切りポイントを設定し …

no image

ドル円 トレードルール改

ドル円のトレード3連敗。しかも,2桁以上の大きな負けが続いた。反省としては,ルールを守りきれていなかったということ。粘って19pips取ることができたところから,メンタルが崩れた。ドル円のトレードルー …

no image

長い時間足と短い時間足

長い時間足のチャートと短い時間足のチャート。どちらを使ってトレードをするかということを考えることがあります。単純に勝率ということで考えれば、長い時間足の方に分があるかもしれません。例えば1時間足や4時 …

no image

トレンドの後は,レンジの幅を確認する 焦ってエントリーしないこと

mso-fareast-font-family:”MS 明朝”;mso-bidi-font-family:”Times New Roman“;mso-f …

no image

考えないトレード

『デイトレード』日経BP出版 より 「考えるということは、一般的には良いことだが、 考えすぎることはトレードでは良いことではなく、 熟練したトレーダーの多くは、 「考える」という過程を経ずに、 行動が …

Count per Day

  • 651402総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング