投資と断酒とミニマリスと 

INVETSING and SOBRIETY and MINIMALIST

FXデイトレード話

次から次へと財政危機

投稿日:

ギリシャに続いて,今度はイタリア。
次から次へと財政問題が出てくる。
今はあまり目を向けられていないが,日本のほうがギリシャよりも国債残高のGDP比は圧倒的に高い。
200%くらいあるはずだ。
しばらくたったら,日本が槍玉にあがることになるだろう。
そうなれば,これまでの円高トレンドが転換するきっかけになるはず。
TPPなんかより,そちらのほうが気がかりだ。
今のように,基本売りの姿勢でいればよいという相場は終わってしまうのかな?

-FXデイトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

長い足の順張り,短い足の逆張り

トレードルールどおりにエントリーをしてみても,なかなか利益が上げられない場合があります。条件がそろったところでエントリー→たちまち逆行して損切り。というパターン。15分チャートをメインにトレードをして …

2021年の英国ポンド値動き予測

– 市場は、米大統領選挙の話題で持ちきりだが、中長期的な為替相場を展望するなら、英ポンドに注目すべきだろう。これは、英国が2020年末をもって、名実ともに欧州連合(EU)から離脱する結果、 …

no image

NZドル暴落 最悪のシナリオを想定してみる 1NZD=0円になったら・・・

まずありえないとは思いますが,NZドルが一本調子で下落して,1NZドル=0円になったとします。 通貨といっても値段のあるものなので,0円になることはありえないと思いますが, 原発事故を経験した福島県民 …

no image

新トレードルール検証 ユーロドル円 2012/07/09~2013/02/22

通貨ペア ユーロ vs 米ドル検証期間 2012年7月9日~2013年2月22日 トレード回数 102勝ちトレード 59 負けトレード 43総獲得pips数 2295pips 総損失pips数 ▲16 …

no image

相場の常識を疑ってみる ナンピン・両建てについて

にほんブログ村 相場の世界の2大ご法度が ナンピンと両建てです。 これまた相場の常識とされており、 殆ど全ての方が ナンピンも両建ても行わないトレードを実践されているのではないでしょうか? しかし、相 …

Count per Day

  • 628276総閲覧数:
  • 68今日の閲覧数:
  • 82昨日の閲覧数:
  • 52今日の訪問者数:
  • 68昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

Powered by RSSリスティング