CFD株価指数トレード

06/12様子見!取引無し06/15売買目線ライン S&P500株価指数CFD

投稿日:2020年6月13日 更新日:

欧米市場の情勢

「株価は上昇するだけ」が裏目、2兆ドル吹き飛び個人投資家に痛み

売りがかさんだのは航空、エネルギーなど個人が最近選好した業種
11日の株価急落後も相場は割安水準になっていない
ツイッターやチャットルームでポピュラーになった「株価は上昇するだけ」を信じて米国株上昇に賭ける戦略に最近転向した人は、これが思ったほど万全な戦略ではなかったことを思い知らされた。

もともと皮肉まじりだったかもしれないこの戦略は、11日の米株式市場で痛烈な否定に見舞われた。S&P500種株価指数は約6%下落し、時価総額2兆ドル(約213兆円)近くが吹き飛んだ。売りが特にかさんだのは航空やエネルギー、銀行など、ここ1カ月で株式に殺到した多くの個人投資家が選好してきた業種だった。

The S&P 500 drops near 6% in worst day since mid-March
3月後半以降のS&P500種の上昇率45%に比べれば11日の下げはまだ小さいものの、経済が少なくとも数十年ぶりの規模で縮小する状況の下、相場上昇の土台が不安的であることが浮き彫りになった。ここ数週間で株式市場に飛び込んだ小口トレーダーは、初めて大きな痛みを味わうことになった。

ボストン・パートナーズのグローバルマーケット調査ディレクター、マイク・マレーニー氏は「個人投資家がこのトレードに比較的大きく殺到した」と指摘。「彼らの今の気分は最悪で、これが持続的な動きなのかと疑問に思っている」と述べた。

一部の市場では11日のような日はバーゲンハンターを誘う可能性があるが、同日の展開によって特に相場が割安になったわけではない。

11日の相場急落後も、S&P500種の予想株価収益率(PER)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う相場下落が始まった2月の水準よりも依然13%高い。安くはなったものの、バーゲンハンターが通常出現する水準には至っていない。

出典 https://www.bloomberg.co.jp/

 

S&P500のトレード結果(6/12)

年月日 終値 始値 高値 安値
2020年6月12日 3,041.70 3,079.80 3,088.52 2,984.10

取引無し

DAX30は大幅に下げて寄り付いたが、その後上昇。前日終値を100pips以上上回るレベルまで達した。前日終値から±100pipsの値幅での乱高下のため目線確定できず。様子見とした。

 

DAX30による目線判断(6/15

C=当日終値 H=当日高値 L=当日安値

bH=前日高値 bC=前日安値

  • ルール1   buy=H-bH>+50   sell=L-bL<-50
  • ルール2   buy=C-bC>+50    sell=C-bC<-50
  • ルール3   buy=C-O>+50      sell=C-O<-50
  • ルール4   buy=C-bH>+50    sell=C-bH<-50

赤実線…前日高値 赤破線…買い目線ライン

青実線…前日安値 青破線…売り目線ライン

年月日 終値 始値 高値 安値
2020年6月12日 11,949.28 11,876.34 12,172.63 11,828.66

買い目線判断ラインは12222

売り目線判断ラインは11778

寄り付きからしていきなり売りラインを突破したので、完璧売り目線と思っていたところ、その後上昇に転じ易々とルール2の買い目線ラインに到達。こんな時は目線が定まらない…。結果論だが、売りが正解だった。

-CFD株価指数トレード

Copyright© 10万円から始められる副業としてのFX(ドル円 豪ドルNZドル ドルコスト平均) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.