投資と断酒とミニマリスと 

INVETSING and SOBRIETY and MINIMALIST

マネーの話

原油価格が7年ぶりに1バレル100ドルになる? Will oil prices hit $100 per barrel for the first time in 7 years? 油价将在7年内首次达到每桶100美元?

投稿日:

原油価格が7年ぶりに1バレル100ドルになる?

ハリケーン・アイダで大きな被害を受けたアメリカ・ルイジアナ州。 油田も大きな被害を受けており、生産量の回復には時間がかかる(写真:ロイター/アフロ
8月28日、ハリケーン「アイダ」がカテゴリー4の非常に強い風(最大瞬間風速58.6m/s以上)を伴って米国ルイジアナ州に上陸し、同国南部に記録的な被害をもたらしました。
メキシコ湾に点在する海上油田も深刻な影響を受け、すべての施設から作業員が避難し、同月30日にはメキシコ湾全体の94.6%に当たる日量172万2千バレルの石油生産が停止しました。
8月20日、コロナウイルスの新型「デルタ」の感染拡大とそれに伴う景気回復のペースダウンへの懸念が高まる中、ニューヨークの原油市場は一時61米ドル/バレル台まで下落しました。 しかし、その後、AIDAの発生を受けて買いが加速し、9月上旬には70米ドル台まで回復しました。 その後も買いの勢いは衰えず、メキシコ湾の生産量の回復が遅れたこともあり、9月28日には76米ドル台まで一気に上昇し、10月には一時80米ドル近くまで高騰しました。 80ドル台に戻るのも時間の問題となってきた。
通常、ハリケーンの襲来で止まった石油生産は、ハリケーンの直後に再開され、1週間もすれば通常の生産量に戻ります。 そのため、ハリケーンが発生すると原油価格が急激に下がることが多いのですが、今回の被害は予想以上に大きかったようです。
ハリケーン上陸から1ヶ月以上が経過した10月5日時点で、日量29万4,000バレルの生産量は依然として低迷している。 このような異常事態は、石油市場の需給バランスをさらに逼迫させ、価格上昇の勢いをさらに強める可能性があります。
正直なところ、ハリケーンが発生してから、アメリカの石油の需給はそれほど逼迫していない。 これは、ハリケーンの直撃を受けたルイジアナ州を中心とした広範囲にわたる停電により、製油所が生産を停止せざるを得なくなり、その結果、製油所で消費(精製)される原油の量が大幅に減少したためです。
米国エネルギー省エネルギー情報局(EIA)のデータによると、ハリケーンが上陸した翌週の9月3日時点での国内の原油生産量は、前週より150万バレル少ない日量1,000万バレル、製油所の稼働率は前週の91.3%から81.9%へと大幅に低下しました。 製油所での原油消費量は170万バレルで、生産量よりも大きな減少となりました。
9月10日までの1週間で、生産量は日量10万バレル回復しましたが、製油所の消費量は日量4万バレルの増加にとどまり、かなり楽な需給関係になっています。
春から需要が回復し、需給が逼迫した状態が続く
しかし、ここにきて状況が急変したようだ。 翌週の9月17日の週には、生産量が50万バレル回復したのに対し、製油所の消費量は回復量を大きく上回る98万バレルの増加となり、需給バランスが一気に逆転した。
現在も操業を停止しているメキシコ湾の石油生産は、深刻な被害を受けている可能性が高く、操業停止が延長される可能性もあります。 電力供給問題などによる製油所の停止により、稼働率がさらに上昇し、ハリケーンの影響でガソリンなどの生産量が大幅に減少したことを補うために原油消費量が増加する可能性が高い。 ハリケーンによる供給不安や需給逼迫の状況は、今後の市場に本格的な影響を与えると思われます。
しかし、ハリケーンの影響を考慮しなくても、市場がさらに拡大するための条件は実際に有利になってきています。 ハリケーンが直撃した後、製油所での消費が減少したため、需給はそれほどタイトではなかった」と書いたのは、あくまでも原油の生産量と製油所での消費量についての話です。
一般家庭やその他のお客様からの小売レベルでのガソリン、軽油、暖房用オイルの需要は、特にハリケーンの影響を受けなかった地域では引き続き高い水準にあり、全体として需給は逼迫しており、在庫は大幅に削減されています。

具体的には、新型肺炎ワクチンの接種が進み、景気が急回復した今年の春以降、慢性的な需給逼迫状態が続いており、4月には1バレル50ドル前後だった原油価格が、夏場には70ドル前後まで上昇したのは当然のことです。
このように在庫が減少し、需給が逼迫しているのは、需要の増加よりも生産量の伸び悩みによるものです。
議論の末、OPECプラス(石油輸出国機構と非OPEC加盟の主要産油国で構成)は、昨年4月に合意した大規模な協調減産の範囲を狭める、つまり増産することになりました。 しかし、その増加ペースは月50万バレルとかなり遅く、景気回復に伴う需要の伸びには追いついていないのが現状です。
シェール企業は迅速な増産が困難になり、需給はさらに逼迫している
昨年の価格暴落で一部のシェール企業が破綻して以来、投資家のシェールオイル生産への締め付けが厳しくなり、採掘コストが高いフィールドでも積極的な増産ができなくなっています。
需要面では、新型コロナウイルスのデルタ変異株などの感染症の拡大が懸念されていますが、経済はまだ回復しており、米国政府が経済活動を大きく制限するような政策を再び導入する可能性は低いと思われます。
9月20日、米国政府は、予防接種を完了した外国人について、11月以降、原則として入国を認める方針を発表しました。 年末まで停滞していた航空需要が、今回の発表でようやく増加傾向に転じる可能性があります。
今後、需要が増加傾向にある中で、生産の回復の遅れが改まらなければ、需給の逼迫は解消されない。 原油価格の指標となるWTI原油先物価格は、冬の暖房シーズン前に1バレルあたり80米ドルを超え、あるいは2014年以来の100米ドル台に戻る可能性も否定できなくなってきました。

Will oil prices hit $100 per barrel for the first time in 7 years?

The U.S. state of Louisiana, which was severely damaged by Hurricane Ida. Oil fields were also severely affected, and it will take some time for production to recover (Photo: Reuters/Afro)
Hurricane Ida, which made landfall in the U.S. state of Louisiana on August 28 with extremely strong Category 4 winds (maximum instantaneous wind speed of over 58.6 meters per second), caused record damage in the southern part of the country.
The offshore oil fields scattered across the Gulf of Mexico were also severely affected, with staff evacuated from all facilities, and on the 30th of the same month, oil production was suspended at a rate of 1,722,000 barrels per day, or 94.6% of the entire Gulf of Mexico.
Amid growing concerns about the spread of the delta mutant strain of the new coronavirus and the resulting slowdown in the pace of economic recovery, the New York crude oil market temporarily dropped to the $61 per barrel level on August 20. However, buying then accelerated in response to the outbreak of “AIDA” and the price recovered to the $70 level at the beginning of September. The buying momentum continued, and with the slow recovery of production in the Gulf of Mexico, the price quickly rose to the $76 level on September 28, and then surged to almost $80 at one point in October. It is now only a matter of time before the price returns to the $80 level.
Normally, oil production halted after a hurricane hits would resume immediately after the hurricane passes, and within a week, production would be back to normal. Therefore, most of the time the price of oil turns down significantly after a hurricane passes, but this time the damage was much greater than expected.
As of October 5, more than a month after the hurricane landed, the production of 294,000 barrels per day was still at a standstill. This unusual situation is likely to further tighten the supply-demand balance in the oil market and further strengthen the upward momentum of prices.
To tell the truth, the supply and demand for oil in the U.S. has not been that tight since the hurricane hit. This is because the power outages that occurred over a wide area, especially in Louisiana, following the direct hit of the hurricane forced refineries to shut down their operations, which in turn greatly reduced the amount of crude oil consumed (refined) by the refineries.
According to data from the Energy Information Administration (EIA) of the U.S. Department of Energy, domestic crude oil production for the week up to September 3, immediately after the landfall, was 10 million barrels per day, a decrease of 1.5 million barrels per day from the previous week, while the refinery utilization rate dropped sharply to 81.9% from 91.3% the previous week. Crude oil consumption at the refineries was 1.7 million barrels, a bigger drop than production.
In the week to September 10, production recovered by 100,000 barrels per day, while refinery consumption increased by only 40,000 barrels per day, indicating that supply and demand were rather loose.
Supply and Demand Remain Tight as Demand Recovers from Spring
However, it seems that the situation has suddenly changed here. In the following week, the week ending September 17, production recovered by 500,000 barrels, while consumption at refineries rose by 980,000 barrels, far exceeding the recovery, and the supply-demand balance was suddenly reversed.
Oil production in the Gulf of Mexico, which is still shut down at the moment, is likely to have been severely damaged, and the shutdown may well be prolonged. The refinery shutdowns are mainly due to power supply issues, and it is highly likely that utilization rates will rise further and consumption of crude oil will increase to make up for the significant drop in gasoline and other production after the hurricanes. It may be that the hurricane-induced supply uncertainty and tight supply-demand situation will have a real impact on the market in the future.
However, even excluding the effects of the hurricanes, the conditions for a further rise in the market are actually becoming more favorable. When I wrote that “supply and demand were not so tight after the hurricane hit, due to a drop in consumption at refineries,” I was talking only about oil production and consumption at refineries.
Demand for gasoline, diesel fuel, and heating oil at the retail level for households and other customers remained high, especially in areas not affected by the hurricanes, so overall, supply and demand were still tight, and inventories were being drawn down significantly.
More specifically, supply and demand have been chronically tight since the spring of this year, when the vaccination against the new coronary disease progressed and the economy recovered rapidly. It is no surprise that the price of crude oil, which was around $50 per barrel in April, rose to the mid-$70 range in the summer.
Such inventory drawdowns and tight supply-demand conditions are due more to sluggish production growth than to increased demand.
After much wrangling, OPEC Plus (consisting of the Organization of the Petroleum Exporting Countries and other major oil-producing countries that are not members of OPEC) is now reducing the scope of the large coordinated production cut agreed to in April last year, in other words, increasing production. However, the pace of this increase is quite slow, at 500,000 barrels per day per month, and has not kept pace with the increase in demand accompanying the economic recovery.
Shale companies find it difficult to increase production quickly, further tightening supply and demand
Since the collapse of a number of shale companies during last year’s price plunge, investors have tightened their grip on shale oil production, making it impossible to aggressively increase production even at fields with high extraction costs.
On the demand side, there are persistent concerns about the spread of infectious agents such as the delta mutant strain of the new corona, but the economy is still recovering, and it seems unlikely that the U.S. government will launch another policy that will significantly restrict economic activity.
On September 20, the U.S. government announced its policy of allowing foreigners who have completed vaccination to enter the country in principle from November. The demand for air travel, which had been stagnant until the end of the year, is likely to finally turn to an upward trend in response to this announcement.
If there is no change in the situation where the recovery of production is delayed while demand remains on an upward trend, the tight supply-demand situation will not be resolved in the future. The price of WTI crude oil futures, a benchmark for crude oil prices, may well rise above $80 per barrel in the run-up to the winter heating season, and even a return to the $100 level for the first time since 2014 is becoming undeniable.

油价将在7年内首次达到每桶100美元?

美国路易斯安那州,受到飓风艾达的严重破坏。油田也受到严重影响,生产需要一段时间才能恢复(图片:路透社/Afro)
8月28日,飓风艾达以极强的四级风(最大瞬时风速超过58.6米/秒)登陆美国路易斯安那州,在该国南部地区造成了创纪录的破坏。
散布在墨西哥湾的海上油田也受到严重影响,工作人员从所有设施中撤离,同月30日,石油生产暂停,日产量为172.2万桶,占整个墨西哥湾的94.6%。
在人们对新冠状病毒德尔塔变异株的传播以及由此导致的经济复苏步伐放缓的日益担忧中,纽约原油市场在8月20日暂时跌至每桶61美元的水平。然而,买盘随后加速,以应对 “AIDA “的爆发,价格在9月初恢复到70美元的水平。买入势头持续,随着墨西哥湾生产的缓慢恢复,价格在9月28日迅速上升到76美元的水平,然后在10月一度飙升到几乎80美元。现在,价格回到80美元的水平只是一个时间问题。
通常情况下,飓风袭击后停止的石油生产会在飓风过后立即恢复,在一周内,生产就会恢复正常。因此,大多数时候,在飓风过后,油价会大幅转跌,但这次的损失比预期的要大得多。
截至10月5日,飓风登陆一个多月后,每天29.4万桶的产量仍处于停滞状态。这种不寻常的情况可能会进一步收紧石油市场的供需平衡,进一步加强价格的上升势头。
说实话,自飓风袭击以来,美国的石油供求关系并没有那么紧张。这是因为飓风直接袭击后,大面积停电,尤其是在路易斯安那州,迫使炼油厂停产,这又大大减少了炼油厂的原油消费(提炼)量。
根据美国能源部能源信息署(EIA)的数据,截至9月3日,即飓风登陆后的一周,国内原油产量为1000万桶/日,比前一周减少150万桶/日,而炼油厂的利用率从前一周的91.3%急剧下降到81.9%。炼油厂的原油消费量为170万桶,降幅大于产量。
在截至9月10日的一周里,产量每天恢复了10万桶,而炼油厂的消费量每天只增加了4万桶,表明供求关系相当宽松。
需求从春季复苏,供求关系仍然紧张
然而,这里的情况似乎突然发生了变化。在接下来的一周,即截至9月17日的一周,产量恢复了50万桶,而炼油厂的消费量增加了98万桶,远远超过了恢复的数量,供需平衡突然被扭转。
目前仍在停产的墨西哥湾的石油生产很可能受到了严重的损害,停产时间很可能会延长。炼油厂的停产主要是由于电力供应问题,利用率极有可能进一步上升,原油的消费量也会增加,以弥补飓风过后汽油和其他产量的大幅下降。可能在未来,飓风引起的供应不确定性和供需紧张的局面将对市场产生实际影响。
然而,即使不考虑飓风的影响,市场进一步上涨的条件实际上正在变得更加有利。当我写到 “由于炼油厂的消费下降,飓风袭击后供求关系不那么紧张 “时,我只是在谈论石油生产和炼油厂的消费。
家庭和其他客户在零售层面对汽油、柴油和取暖油的需求仍然很高,特别是在没有受到飓风影响的地区,所以总体而言,供应和需求仍然紧张,库存正在大幅减少。

更具体地说,自今年春天以来,供应和需求长期处于紧张状态,当时针对新冠状动脉疾病的疫苗接种取得了进展,经济迅速恢复。4月份每桶50美元左右的原油价格在夏季升至70美元左右,这并不奇怪。
这种库存减少和供需紧张的状况更多的是由于生产增长迟缓而不是需求增加。
经过一番争论,OPEC Plus(由石油输出国组织和其他非OPEC成员的主要产油国组成)现在正在缩小去年4月达成的大规模协调减产的范围,换句话说,就是增加产量。然而,这种增加的速度相当缓慢,每月50万桶,而且没有跟上伴随经济复苏的需求增长。
页岩公司发现难以迅速增加产量,进一步紧缩了供求关系
自从去年价格暴跌期间一些页岩公司倒闭后,投资者加紧了对页岩油生产的控制,使得即使在开采成本高的油田也无法积极增产。
在需求方面,人们一直担心传染病原体的传播,如新冠状病毒的三角洲突变株,但经济仍在复苏,美国政府似乎不太可能推出另一项大幅限制经济活动的政策。
9月20日,美国政府宣布其政策,原则上允许完成疫苗接种的外国人从11月起入境。在年底之前一直停滞不前的航空旅行需求,有可能在这一宣布下最终转为上升趋势。
如果不改变产量恢复迟缓而需求仍呈上升趋势的局面,未来供需紧张的局面将无法解决。作为原油价格基准的WTI原油期货价格很可能在冬季取暖季到来之前升至每桶80美元以上,甚至自2014年以来首次回到100美元的水平,这已成为不可否认的事实。

CNN.co.jp : OPECプラス、大幅増産見送り 原油価格が約7年ぶり高値


以下の商品は個人輸入のネット通販による飲み薬です。

ご購入とご使用にあたりましては、自己責任でお願いします。

購入・使用等に関わる全ての損害について当方は一切責任を負いません。

薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村



 

TOPへもどる

-マネーの話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国発「世界大不況」は起こるのか?

9月20日の週は、中国恒大集団(Evergrande)のデフォルト(債務不履行)に対する懸念から、世界の金融市場は一時的にリスクオフの影響を受けました。 特に20日には、同社が社債の利息を払えなくなり …

Will there be a “Great Recession” from China?

During the week of September 20, global financial markets were temporarily affected by risk-off due …

恒大集団危機!ウォール街の中国投資は大丈夫か?Hengda Group Crisis! Is Wall Street’s investment in China safe?恒大集团的危机! 华尔街在中国的投资是否安全?

恒大集団危機!ウォール街の中国投資は大丈夫か? 投資に関する有名な格言に「人の裏に道あり、花の山あり」というものがあります。現在、米国の個人投資家はこの格言を実践しているようだ。 バンダリサーチ社によ …

金持ちが選んでいる金融資産 ベスト5

激動の2020年を経て 2021年の金融商品のキーワードは “低金利 “と “資産インフレ “です。いずれの現象も、2020年から始まるコロナによる景気 …

China’s Hengda is the front runner! Will the world be able to cope with the Lehman-grade crisis that will follow?

China’s Hengda is just the tip of the iceberg At the time of writing, the 30-day grace period …

Count per Day

  • 628274総閲覧数:
  • 66今日の閲覧数:
  • 82昨日の閲覧数:
  • 51今日の訪問者数:
  • 68昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

Powered by RSSリスティング