投資と断酒とミニマリスと

INVETSING,SOBRIETY,MINIMALIST,VEGAN and…

断酒

【断酒】酒に勝る不摂生はない!There’s no better indulgence than alcohol!没有什么比酒精更让人放纵的了!

投稿日:

酒に勝る不摂生はない!

甘いものの食べ過ぎ、コーヒーの飲み過ぎ、睡眠不足 …… このような不摂生は体に悪いので、できる限り避けた方がいいでしょう。しかし、全ての不摂生をやめるのは、とても大変なことです。数ある不摂生の中で、1つだけやめるとすれば、断酒に勝るものはありません。アルコールの害悪に比べれば、他の不摂生(喫煙を除く)は大したことのないように思えてしまいます。

たまには堕落してもいい!

食事をすると、胃が痛くなることがありますよね。毎日、胃が痛くなるほど詰め込んでいるなら、問題があるので、自分を大切にする必要があります。でも、たまにだったら大目に見てもいいのではないでしょうか。ストレスを感じると、甘いものやコーヒーなどのカフェインに頼る人もいます。私自身、酒をやめてからは、甘いものをよく口にするようになりました。甘いものは体に良くないことはわかっています。美しく健康的に痩せたいのであれば、甘いものは絶対にやめたほうがいいですし、砂糖は肌のシミの原因にもなりますので、最低でも週に1回程度にしたほうがいいでしょう。

しかし、甘いものを食べて気分転換するのは心の健康に欠かせません。以前はチョコ最中ジャンボを自分へのご褒美にしていましたが、ヴィーガン生活を目指し始めてからは、乳製品を使っていない氷菓子(ガリガリ君など)を手に取っています。

コーヒーも同様です。夕方にコーヒーを数杯飲むと、夜になってもなかなか寝付けないことがあります。でも、ガツンとコーヒーの力が必要な場合もあるので、これは「必要悪」だと自分に言い聞かせています。

なぜ私は自分の堕落を許すのか?

時々食べるラーメン、スィーツ、一日2.3杯のコーヒーは、アルコールに比べれば大したことではないので、このような堕落には目をつぶります。アルコールは心身の健康、仕事、家族との生活、経済力、すべてを破壊する力を持っていますが、時々食べるラーメン、スィーツ、一日2.3杯のコーヒーはそこまでいかない。

私は以前、自分はたまにしか飲まない人間だと思っていました。でも、飲み始めると、だいたい1~2杯でやめられなくなって、フラフラになってしまうので、依存症だったんです。週末に大酒を飲むよりも、1日に1個甘いものを食べて日々のストレスを和らげる方が好きです。確かに、糖分の摂りすぎかもしれません。甘いものを食べて、記憶が飛んでしまったり、頭痛で次の日の半分を台無しにしてしまうことはありません。どうせお酒を飲むと、食欲が抑えられなくなり、脂っこいものや味の濃いものを暴食してしまいます。どうせ食べてしまうのならば、アルコールは抜きで、自分の理性でコントロールできる範囲で食べた方がはるかにましです。

カフェインの摂り過ぎ、特に睡眠に関しては、生活の質に悪影響を及ぼすことは周知の事実だと思いますが、お酒を飲むほどではないと言わざるを得ません。アルコールを自認していない人の中には、寝酒の習慣がある人がいます。(アルコールを摂らなければ寝られないのは、完全な依存症の証拠なのですが、本人は気づいていないだけ)アルコールは覚醒度を失わせるので、自然な眠りとは違うのです。お酒を飲んで眠る人の脳波は、自然な眠りの時の脳波とは違います。むしろ、軽度の麻薬状態にある人のようなものです。アルコールで眠っても、疲れはとれません。全身麻酔の後の気だるさと一緒です。カフェインも完全に体から排出されるまでには数時間かかりますので、午前中だけ飲むようにしています。少なくとも日中しか飲まないようにはしています。このくらいのガマンはアルコールの害に比べれば屁でもありません。カフェインの摂取に気を遣うことで、睡眠時間の確保にもなりますし、何より、コーヒーを飲んでも記憶力が落ちたり、人に失礼なことを言ったりすることはありません。

酒に勝る不摂生はない!

要するに、お酒の破壊力は半端ではないということです。逆に言えば、規則正しい生活をして、適度な運動をして、バランスのとれた食事をして、部屋をどれだけきれいに片づけていたとしても、酒を飲んでいれば、すべてが台無しになってしまうということです。昨今は筋トレブームですが、運動後にアルコールを飲むと、筋肉細胞が破壊されてしまうので、せっかくの運動が無駄になってしまいます。


 

Eating too many sweets, drinking too much coffee, lack of sleep …… These indulgences are bad for you, and you should avoid them as much as possible. However, it is very difficult to stop all the indulgences. If you have to quit only one of them, nothing can be better than abstaining from alcohol. Compared to the evils of alcohol, other indulgences (except smoking) seem like nothing.

It’s okay to be depraved once in a while!

Eating can make your stomach hurt, can’t it? If you are stuffing yourself to the point of stomach ache every day, then you have a problem and need to take care of yourself. But if it’s just once in a while, you can tolerate it. Some people turn to sweets or coffee or other caffeine when they feel stressed. I myself have been eating sweets a lot since I quit drinking. I know that sweets are not good for me. If you want to lose weight in a beautiful and healthy way, you should definitely stop eating sweets, and sugar can cause skin blemishes, so it is better to have them at least once a week.

However, eating something sweet to change your mood is essential for your mental health. I used to reward myself with a jumbo while I was in the middle of a chocolate, but since I started aiming for a vegan lifestyle, I have been grabbing dairy-free ice snacks (such as Gali Gali).

The same goes for coffee. If I drink a few cups of coffee in the evening, I may have a hard time falling asleep at night. But there are times when I need the power of a gulp of coffee, so I tell myself that this is a “necessary evil”.

Why do I allow myself to be corrupted?

I turn a blind eye to such depravity because the occasional bowl of ramen, sweet, or 2.3 cups of coffee a day is nothing compared to alcohol. Alcohol has the power to destroy your physical and mental health, your job, your family life, your financial strength, everything, but an occasional bowl of ramen, a sweet, or 2.3 cups of coffee a day does not go that far.

I used to think that I was an occasional drinker. But when I started drinking, I usually couldn’t stop after a cup or two, and I would get dizzy, so I was an addict. I prefer to eat one sweet a day to relieve my daily stress rather than having a big drink on the weekend. Sure, I may be eating too much sugar. I don’t want to eat something sweet and have a memory lapse or a headache ruin half of the next day. If you drink alcohol anyway, your appetite will be uncontrollable and you will binge on fatty and flavorful foods. If you are going to eat anyway, it is much better to do so without alcohol and eat as much as you can control with your reason.

I think we all know that too much caffeine, especially when it comes to sleep, has a negative impact on our quality of life, but I have to say that it is not as bad as drinking alcohol. Some people who do not self-identify as alcoholics have a habit of drinking in bed. (The fact that they cannot sleep without alcohol is evidence of a complete addiction, but they just don’t realize it.) Alcohol causes a loss of alertness, which is not the same as natural sleep. The brain waves of a person who drinks and sleeps are not the same as the brain waves of a natural sleeper. Rather, it is more like a person in a mild narcotic state. Sleeping with alcohol does not make you tired. It’s like the sluggishness after a general anesthesia. Caffeine also takes a few hours to be completely eliminated from the body, so I try to drink only in the morning. At least I try to drink only during the day. This level of indulgence is nothing compared to the harmful effects of alcohol. Taking care of my caffeine intake helps me to get more sleep, and most importantly, drinking coffee does not impair my memory or make me rude to people.

There’s no better indulgence than alcohol!

In short, the destructive power of alcohol is not half bad. To put it another way, no matter how regular your life is, how much exercise you do, how well-balanced your diet is, and how neat and tidy your room is, if you drink, it will all be ruined. Nowadays, there is a boom in muscle training, but if you drink alcohol after your workout, your muscle cells will be destroyed and your workout will be in vain.


 

吃了太多的甜食,喝了太多的咖啡,没有足够的睡眠 …… 这些放纵的行为对你有害,应尽可能避免。 然而,要停止所有这些放纵行为是非常困难的。 如果我们不得不只选择其中之一,那就是戒酒。 与酒精的罪恶相比,其他放纵行为(除了吸烟)似乎不算什么。

偶尔堕落一下也无妨!

当你吃饭时,你可能会感到胃部不适。 如果你每天都把自己塞得肚子疼,那么你就有问题了,需要照顾好自己。 但如果只是偶尔一次,容忍一下也是可以的。 有些人在压力大时转向甜食或咖啡或其他咖啡因。 我自己在戒酒后也经常转而吃甜食。 我知道,甜食对你没有好处。 如果你想漂亮而健康地减肥,你肯定应该停止吃甜食,而且糖会导致皮肤出现斑点,所以最好限制在每周至少一次。

然而,吃点甜的东西来改变一下,对你的心理健康至关重要。 我过去常常用巧克力棒中间的巨无霸来款待自己,但自从我开始以素食生活方式为目标后,我就开始抓取不含奶制品的冰激凌(如Gali Gali)。

咖啡也是如此。 如果我在晚上喝了几杯咖啡,我就会发现晚上很难入睡。 但有时我需要大口喝咖啡的力量,所以我告诉自己,这是 “必要的邪恶”。

为什么我允许自己被败坏?

我对这样的堕落视而不见,因为偶尔一碗面条、甜食或每天2.3杯咖啡与酒精相比都不算什么。 酒精有能力摧毁你的身体和精神健康,你的工作,你的家庭生活,你的经济实力,一切,但偶尔一碗面条,一个甜食或每天2.3杯咖啡并没有那么远。

我曾经认为我是一个偶尔喝酒的人。 但当我开始喝酒时,通常喝一两杯就停不下来,而且会头晕,所以我是个瘾君子。 我更喜欢每天吃一种甜食来缓解日常的压力,而不是在周末大喝一顿。 当然,我可能是吃了太多的糖。 你不希望吃了甜的东西,第二天记忆力下降或头疼毁掉你的半天。 如果你无论如何都要喝酒,你的食欲就会无法控制,你会狂吃油腻和有味道的食物。 如果你无论如何要吃东西,最好是在不喝酒的情况下,在你能合理控制的情况下吃得更多。

我想我们都知道,过多的咖啡因,特别是在睡眠方面,对我们的生活质量有负面影响,但我不得不说,它并不像饮酒那样糟糕。 有些人不自认为是酗酒者,却有在床上喝酒的习惯。 (他们不喝酒就睡不着的事实是完全成瘾的证据,只是他们没有意识到这一点。)酒精导致警觉性下降,这与自然睡眠不同。 饮酒后睡觉的人的脑电波与自然睡眠的人不一样。 它们更像是处于轻度麻醉状态的人的情况。 饮酒睡觉不会使人疲倦。 这就像全身麻醉后的呆滞。 咖啡因也需要几个小时才能完全从体内排出,所以我尽量只在早上喝。 至少我努力只在白天喝酒。 与酒精的有害影响相比,这种程度的放纵不算什么。 注意咖啡因的摄入量有助于我获得更多的睡眠,最重要的是,喝咖啡不会损害我的记忆,也不会让我对人说粗鲁的话。

没有什么比酒精更让人放纵的了!

底线是,酒精的破坏性没有听起来的一半。 相反,无论你的生活多么规律,你做了多少运动,你的饮食多么均衡,你的房间多么干净整洁,如果你喝酒,这一切都会被毁掉。 如今肌肉训练大行其道,但如果你在锻炼后饮酒,你的锻炼将被浪费,因为你的肌肉细胞将被破坏。

通过www.DeepL.com/Translator(免费版)翻译



以下の商品は個人輸入のネット通販による飲み薬です。

ご購入とご使用にあたりましては、自己責任でお願いします。

購入・使用等に関わる全ての損害について当方は一切責任を負いません。

薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村



 

TOPへもどる

-断酒

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【断酒】断酒という最強の睡眠メソッド

ほとんどの人は、アルコールが睡眠に及ぼす悪影響についてよく耳にしているでしょうし、「なぜ今さら」と思っていることでしょう。しかし、アルコールが睡眠に与える悪影響は理解していても、睡眠の重要性を認識して …

【断酒】酒をやめて感謝している事 What I am thankful for after quitting drinking 在我的清醒中,我感谢的是什么

2020年1月1日から数え始めた断酒日数が500日を超えました。その間、衰えを感じたことはありません。18歳の頃から何十年もの間、ほとんど毎日飲んでいました。私はアルコール依存症でした。確かに、お酒に …

【断酒】禁酒・断酒で痩せる理由 Why you can lose weight in sobriety 为什么戒酒有助于减肥

なぜお酒をやめてダイエットをしなければならないのでしょうか? アルコールを断つことで得られるメリットの一つは、健康的に体重を減らすことができることです。 単に体重を減らすだけではなく、健康的に体重を減 …

飲みたくなったときのストレス解消法 How to relieve stress when you feel like drinking again 当你想再次喝酒时如何缓解压力

飲みたくなったときのストレス解消法 以前はお酒を飲んでいたが、気分が良くなったので断酒に転じた人にとって、たまにお酒を飲みたくなるのは、ストレスが溜まっている時です。 お酒でストレスを解消して、飲み過 …

断酒は自己責任で Sobriety is a personal responsibility.清醒是一种个人责任

お酒を飲むのは個人の自由ですし、お酒から離れて禁酒するのも個人の自由です。すべてはあなた次第です。 私は以前、お酒は控えた方がいいかな、と思った時は 友人や家族に相談をしていました。 人と話をすること …

Count per Day

  • 630999総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 48昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング