断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

CFDトレード話

騒がれる頃はピークアウト!

投稿日:

サブプライムローン問題が表面化するまで、過剰なバブル相場を形成していました。中国株の高騰をうけて、日本でも多くの中国株投資信託が設定されたのは、皆さんの記憶にも新しいのではないでしょうか?中国株バブルは、しかし、あっけなく崩壊しました。上海総合指数は2007年につけた6000ポイント台の高値から1年ほどで2000ポイントへと急落しています。中国株フアンドを持っている方は多いでしょうが、上手く売り抜けられた人はきつとごく一部でしょう。少なからぬ方が大切な資産を毀損させてしまったのではないでしょうか。これはある意味当然です。フアンドを設定する側の立場に立って考えてみてください。投資家の資金を多く集めれば、ファンドの管理者や販売者たちには多くの手数料が集まります。となると、自然と彼らのゴールは、「投資家に勝たせること」よりも、「多くの投資家の資金を集めること」へと向かいがちとなります。多くの投資家の関心を集めて、資金を集めるためには、どうすればよいでしょうか。盛り上がっていない市場に対してファンドを設定したところで、投資家の興味をひくことは容易ではありません。それよりは、盛り上がっている市場、バブルを形成するほどに過熱した金融市場をターゲットにしたファンドを設定すれば、メディアの格好のネタにもなり、投資家の関心も得られやすいはずです。典型がバブル崩壊前の中国株です。

ということは、それほど投資に関心のない一般の人々が「中国株が盛り上がっているらしいな。ひとつ、投資してみるか」と思うころには、市場の過熱は明らかで、新たに参入する彼らの資金で消える間際のローソクのように最後のきらめきを見せることはあっても、いずれ炎が消えることは明確です。 一般人が投資するころには、やがて必ず訪れるカタストロフィーを目前にしているということになります。こうした例は枚挙にいとまがありません。ライブドアショックが起きる前の日本の新興株ブームしかり、サブプライムローン問題で円高が急進するまでのFXによる円キャリートレードによるスワップ狙い(円安バブル)しかり、極論すれば、投資に対して受動的な姿勢でいる限り、私たちは「高値づかみ」を宿命づけられているともいえるのです)。

ここから私たちはどんな教訓を得るべきでしょうか。メディアで騒がれたり、ファンドの設定が相次ぐようであれば、その投資対象はピークアウトしたか、あるいはピークアウトが近いということです。世間の情報に惑わされず、自分の目でトレンドを確かめながら、リスクを減じて、着実にリターンをあげていく、その術を学ばないといけないということです。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

損切は逆指値で手堅く!

ここでは、いくらで逆指値を入れたらいいかについて解説していきます。 まず、頭に入れておいてほしいのが「勝ち続ける人間はいない」ということ。 どんな天才トレーダーでも、最終的にプラスになったというだけで …

移動平均線を効果的に使う

マーケットはさまざまに変化します。その変化に対して上手く立ち回るための基本的なツールとして、移動平均線があります。 移動平均線は過去の平均レートを1本の線で結んだだけの非常にシンプルなものです。20日 …

CFDではどんな商品が売買できる?

取扱銘柄数はcFD業者によって異なりますが、最大で6000銘柄を超えるcFDの主な商品の種類は次のとおりです。それぞれの特徴について、簡単に説明しておきましょう。 ●株価指数CFD・株価指数先物CFD …

デイトレで稼ぐなら指数と指数先物がおススメ

デイトレに適した銘柄を選ぶうえでの重要ポイントは、①スプレツドが小さい、②流動性が高い、③十分な値動きがある、の3つ。 デイトレは一瞬のわずかな値動きで利ザヤを得る取引なので、スプレッドの幅が大きいと …

45度線でトレンドの強弱を測る

トレンドラインとその平行線について説明してきましたが、トレンドの測定に私が主力武器とするもうひとつのラインがあります。それが45度線です。あまり聞き覚えのない方が多いでしょうが、知っておくと非常に便利 …

Count per Day

  • 623468総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング