断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

CFDトレード話

証拠金取引は便利な仕組み

投稿日:

CFDとは「さまざまな投資対象を差金決済で売買するしくみ」です。それを可能にしているのが証拠金取引であるということです。身近なところではFXや日経225先物なども証拠金取引ですが、証拠金取引とはどのようなものなのでしょうか。

言葉から考えると、投資家が証拠金を預け入れておこなう取引です。これだけではまだわからないと思います。具体的な取引で考えてみましょう。売買単位が100株のソニー株が株価2000円のとき、これを売買しようとすれば、最低でも2000円×100株で20万円が必要になります。ところが、証拠金取引であるCFDであれば、これを売買するのに必要なものは一定の証拠金だけでいいということになります。たとえば、レバレッジ10倍であれば、ソニーの場合は20万円の10%、すなわち2万円で済みます。

証拠金取引と現物取引ではどのように違うのでしょうか。たとえば、ロ座に証拠金として50万円入金していて、株価が2000円のときにソニー株を100株買うと、取引に必要な証拠金がロ座の「投資可能余力」から差し引かれます。ソニー株100株分の購入に必要な証拠金が2万円だとすれば、今後、取引に使える金額は48万円になります。

このソニー株cFDを2500円のときに売ったとしましょう。必要証拠金としてロックアップされていた2万円は解除され、利益として500円×100株=5万円がロ座に反映されることになります。
一方、現物取引では最初に株を買うに際して20万円が必要となり、保有中は他の取引に当てることもできませんから、取引に使えるのは残りの30万円ということになります(手数料等は考慮せず)。結果的に5万円の利益となるのは同じであっても、証拠金取引の場合は必要な資金がより少額で済み、余った資金を他の取引に向けることができるため、資金を効率よく回すことができるのです。これが証拠金取引の大きな魅力です。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

移動平均線を効果的に使う

マーケットはさまざまに変化します。その変化に対して上手く立ち回るための基本的なツールとして、移動平均線があります。 移動平均線は過去の平均レートを1本の線で結んだだけの非常にシンプルなものです。20日 …

CFDの取引時間はどうなっている?

CFDの特徴について紹介していきましょう。まずは取引時間。米国のサブプライム・ショックに端を発した一連の世界金融危機で、世界経済のボーダーレス化を強く実感されました。 日本企業の業績が良かろうが悪かろ …

CFDで勝つために見るべきチャートとは?

裁量でトレードするために欠かせない道具となるのがチャートです。これから本格的にトレードを始めようという人のなかには、チャートに対してアレルギーがある方もいるかもしれません。しかし、チャートは非常に優れ …

株価指数CFDトレードの隠れコストとは?

海外市場に上場されている個別株や株価指数、商品先物などをCFDで売買する場合、売買益に為替コストが発生します。 このコストは投資家には見えづらい部分なので説明しておきます。 まずCFD業者は、使用して …

もみあいの相場は逆張りで稼ぐ!

強制決済機能が働くcFDでは、 一時的な損失に対する許容範囲が限定されているため、損失拡大リスクが大きい「逆張り」投資は不向きです。 どんなに複雑なテクニカル分析を駆使しても、相場の先行きなんて、ハッ …

Count per Day

  • 623468総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング