薄毛(AGA)治療法

薄毛の予防改善に効果的なAGA治療薬

投稿日:

プロペシアとミノキシジルは、AGA治療薬として国内で認可されている公式の治療薬です。効果と実績のある2つの治療薬ですが、どちらも即効性があるわけではありません。ある程度の時間をかけて使用することで、効果と効能が現れてきます。
また、最近ではジェネリック医薬品や新しい治療薬として「ザガーロ」も登場。発毛を促す治療薬として期待が高まっているのです。
以上に加えて近年では患者の状態・状況に合わせて配合してくれるオーダーメイド処方まで登場して、AGA治療はますます進化しています。
ただ、AGA治療にはコスト面での不安がつきまとうのも事実。病院や専門のクリニックで処方される公式の治療薬の特徴は何といっても、費用の高さにあります。しかもAGA治療は自由診療に当たり、健康保険の適用外。さらに効果と効能を得るためには、服用を長期間にわたって続けなければなりません。プラスして治療薬を購入するには診察もセットで必要です。

そこで、コスパに優れた治療薬としてジェネリックが注目されています。まず初めに、公式とジェネリック双方のAGA治療薬の効果と効能、副作用、費用目安をまとめました。

治療薬名称 (効能効果) 【副作用】 費用(月額)

プロペシア (脱毛の抑制)【男性機能不全、肝機能障害】 5,000円程度

​ミノキシジル(発毛の促進)【頭痛、腹痛】 4,000円程度

ザガーロ  (発毛の促進)【男性機能不全、肝機能障害】 9,000円程度

近年では、コスパに優れた治療薬としてジェネリック医薬品が注目されています。個人輸入で入手でき、低コストで服用を続けやすいメリットがあり、コスト面を抑えられる点は魅力といえるでしょう。

ジェネリック治療薬名称 (効能効果) 【副作用】 費用(月額)

フィンペシア・ジェネリック (脱毛の抑制)【男性機能不全、肝機能障害】1,000円程度

​エフペシア・ジェネリック (脱毛の抑制)【欲求減退】 1,000円程度

​フィナロ・ジェネリック (脱毛の抑制)【欲求減退】 1,000円程度

ジェネリックは、公式の治療薬と同じ成分を使っているため効能効果は同じです。変わるのはコストのみ。AGA治療薬は使うことをやめてしまうと、もとの薄毛に戻ってしまいます。そのため、費用を抑えるのであれば、クリニックでジェネリックの相談をしてみたいところです。​AGAは治療によって進行を止め回復することが可能ですが、治療を辞めてしまうと、再度薄毛が進行してしまいます。費用が安くて済むということは、治療を長く続けていく上でもありがたいですね。

​​プロペシア

AGA治療の代表的な薬の1つであるプロペシアは、錠剤タイプの飲む育毛剤。

この治療薬の主な成分であるフィナステリドは当初、AGA治療のために開発されたのではなく、前立腺肥大症を治療するための薬として作られました。その後、抜け毛抑制作用があることが分かり、1997年にFDAに認可された後、今ではAGA治療に欠かせない薬の1つとして活躍しています。男性ホルモンの一種であり、脱毛の発生を引き起こすジヒドロテストステロンの発生を抑えてくれます。服用することによって男性ホルモンによる発毛阻害がなくなるため、次第に髪の成長バランスが整ってきます。国内の臨床試験では3年使用で70%以上の人に改善傾向がある治療薬として名が知られるほど。人によって、性欲低下・ED(勃起不全)・じんましん・倦怠感などの副作用が出る場合がありますが、発症率は極めて低いといわれています。プロペシアは医療用の医薬品なので、購入を考えている方は、医師に相談するのが基本です。​プロペシアはインターネットでも購入することができます。クリニックに通う時間のない方らや、プロペシアを安く手に入れたい鷹にとっては選択肢の一つです。

​​プロペシア(フィナステリド1mg) 4,338円~

​​フィンペシア

​プロペシアは高価なAGA治療薬ですが、ジェネリックであるフィンペシアは比較的安価に入手できます。AGAクリニックや皮膚科で処方してもらうこともできますが、忙しくてクリニックに通う時間のない方や、コストを抑えて治療を継続したい方にはインターネットの個人輸入代行業者を利用することも可能です。

​​フィンペシア(フィナステリド1mg) 1,837円~

ミノキシジル

ミノキシジルは髪をつくる毛母細胞に直接働きかけ、滞っていた細胞の働きを活発にすることで、発毛を促してくれます。ミノキシジルもプロペシアと同様、当初はAGA治療薬で使われていたのではなく、別の病気の治療薬として使われていました。血管を拡張する作用があるため、高血圧の方に処方されていましたが、服用者から髪が増えたという声が広まり、発毛剤としても注目され始めました。今では正式に薄毛治療薬として認可を受けている有名な治療薬の1つです。

髪の毛の生え変わりのサイクルは毛母細胞の分裂が大きく関わっています。また、毛母細胞の働きをサポートしている毛乳頭細胞は、髪の量・バランスを確認し、髪を増やすタイミングを見計らっている重要な存在。しかし、血液の流れが滞っているとどちらの細胞の働きも鈍り、髪に必要な栄養素や血液などが充分に行き届きません。この状態を回避するためにも、ミノキシジルは最適な治療薬なのです。血管を拡張して血行を促進する 効果があるため、毛母細胞や毛乳頭細胞が活発になり発毛効果が期待できます。

副作用には頭皮のかゆみやかぶれなどの接触皮膚炎・じんましん・脂漏性皮膚炎などを生じる場合があります。また、元々高血圧の方に処方していた薬なので、低血圧でお悩みの方は、場合によっては血圧が低くなり過ぎる危険性があります。プロペシアとミノキシジル互いにFDA認可済のADA治療薬ではありますが、副作用の症例は確認されているため、安心して治療を続けていくためにも、AGA治療院で相談することが改善の近道ですが、忙しくてクリニックに通う時間のない方や、コストを抑えて治療を継続したい方にはインターネットの個人輸入代行業者を利用することも可能です。​

ミノキシジルタブレット 2.5~10mg 3,329円~

​ザガーロ

ザガーロはグラクソ・スミスクライン社のAGA治療薬で、有効成分はデュタステリド。メカニズムはプロペシアと似ていて、AGAの原因となる「ジヒドロテストステロン」を抑制することによって髪の成長期を健康な状態に戻す働きをしてくれます。もともと2001年に前立腺肥大症の治療薬として開発されたという成り立ちもプロペシアと似ていますが、日本で厚生労働省に認可されたのは2015年9月と比較的新しいAGA治療薬です。

プロペシアとの違いは阻害できる酵素に差があること。プロペシアがII型5αリダクターゼだけなのに対して、ザガーロはI型とII型両方の5αリダクターゼを阻害できるという点が大きな特徴です。

ザガーロは比較的新しい薬ということもあって専門クリニックのサイトなどを調べてみても、ザガーロはプロペシアよりも強力だという記述があります。ザガーロはI型とII型両方の5αリダクターゼを阻害できることから、AGA治療でより高い効果が期待できるとされているようです。臨床実験では有効成分デュタステリド0.5mgを毎日1回24週間継続使用した場合、血清中のジヒドロテストステロン濃度が90%以上減ったというデータがあり、それだけ強く効く薬だといえます。

​ザガーロもインターネットで購入することでコストを抑えることが可能です。忙しくてクリニックに行けない方、費用をおさえてセルフ治療を長く続けたい方にとっては選択肢の一つとなるでしょう。

​ザガーロ/アボルブジェネリック

デュタプロス(Dutapros)0.5mg 2,712円~

ジェネリック医薬品を医師の許可なく服用してもいいの?

個人輸入の危険性

価格が安いことで、出回っているジェネリック医薬品。このジェネリックの治療薬を個人輸入で手に入れる際の危険性や注意点などをご紹介します。

​医師の許可なしに服用することの危険性について

まず挙げられる問題が、医師の診断を受けることなく服用するということです。
個々の判断になるため(診断による処方ではない)、自分の症状に本当に適している治療薬なのかがわかりません。また、診断がないため、他の疾患で服用中の薬がある場合に、AGA治療薬との併用が大丈夫なのか?副作用はないか?といったこともわからず、不安をかかえたまま服用することになります。確かにコストは抑えられた上に、通院などの時間も省く手軽さはありますが、本当に安心して最適な治療を受けるという観点からすると、いささか疑問が残ります。​ジェネリック医薬品を自分で

選ぶまたは個人輸入する際の危険性について

AGAやその治療薬に関するさまざまな情報は手軽にネットで入手できるため、それらを参考にジェネリック医薬品を比較検討する機会も多いと思います。ただ、それだとどうしてもお買い得感や即効性などに目がいってしまい、客観的に自分に最適な治療薬かどうかを判断するのは難しいです。また、個人輸入するということは日本で認可されていない成分が含まれている可能性もあり、安全性が保障されているわけではありません。その点、病院や専門クリニックでは、血液検査やしっかりとしたカウンセリング、専門医の診断のもとで最適且つ安全な治療薬を処方してくれるので安心です。

​最終的には自己責任ということになりますが、フィナステリドもミノキシジルも安全性が確認されている成分です。定期的に専門医の診察とネットで購入によるAGA治療薬をうまく組み合わせていくことで、安全で経済的なAGA治療を継続することができるでしょう。

-薄毛(AGA)治療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

薄毛予防に効果的な育毛シャンプー

育毛シャンプーと皆さんが普段使っている従来のシャンプーの大きな違いは目的にあります。従来のシャンプーの目的は髪や頭皮の汚れを落とすことにあります。育毛シャンプーの目的は、頭皮環境を整えることになります …

タイプ別 9つのはげ方

1 男性型脱毛症(AGA) 男性型脱毛症(AGA)は、一般的に30~40代から発症する脱毛症です。男性の薄毛の9割以上が、このAGAが原因です。AGAが発症すると、毛髪が充分に成長する前に抜け落ちてし …

AGA治療薬と育毛剤の違いとは?

男性型脱毛症や瀰漫型脱毛症など、薄毛を改善する際に、育毛剤や発毛剤を利用することがあると思います。ところが、育毛剤と発毛剤を似たようなものだと思っている人が少なくありません。実際には、育毛剤と発毛剤は …

男性型脱毛症(AGA)とは?

AGAは、男性の薄毛原因の約9割を占める「男性ホルモン」が関係する「脱毛症」です。 ​何故、AGAが危険なのか? ​AGAになると、他の薄毛とは比較にならないほど「抜け毛」が増えます。しかも、AGAは …

薄毛の予防・改善に効果的なサプリメント

そもそもサプリメントとは健康食品の一つで、さまざまな栄養素が凝縮された、錠剤やカプセルを指します。「飲みすぎや胃もたれにはウコン」「つらい疲れにはクエン酸」など、馴染みがあるサプリもあるのではないでし …

Count per Day

  • 651399総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング