薄毛(AGA)治療法

薄毛にならないためのヘアケア、スカルプケア方法

投稿日:

​間違ったヘアケア方法を続けると、頭皮環境が悪くなる可能性があります。正しいヘアケアを実践して、健康な頭皮を目指しましょう。

正しい頭の洗い方

毎日の洗髪で、「正しい洗い方」を心がけることで、頭皮環境の改善が見込めます。洗髪の回数が多すぎたり、頭皮を傷つけたりすると、「皮脂の過剰分泌」の原因になりますので、ツメで頭皮を傷つけないように気をつけて、1日1回の洗髪を習慣にしましょう。

シャンプーの前後にもポイント

シャンプーの前に、温かいお湯でしっかりと「前洗い」をすることで、頭皮の汚れが落ちやすくなります。シャンプー後は、すすぎ残しがないようにじっくりと時間をかけて頭皮についたシャンプーを洗い流しましょう。

正しい髪の洗い方、シャンプーの使い方

「シャンプーつけて適当に洗えばいいんでしょ」と思っている人がいたら要注意。毎日の洗髪のときに、どのような洗い方をするかで、頭皮環境に差が出てきます。男性だけではなく、女性の育毛にも影響しますので、「正しい洗い方」をマスターして実践してくださいね。

洗髪するときの【ポイント】

洗髪のポイント1 1日1回が理想

私たちの頭皮の「皮脂」には、紫外線や、空気による乾燥などの「外部の刺激」から頭皮を守る「バリア」のはたらきがあります。1日に何度も洗髪すると、常に皮脂(バリア)が足りない状態になりますので、身体が頭皮の皮脂を補うためにどんどん皮脂を分泌しようとします。頭皮の皮脂を「適度な量」で保つためには、余計な皮脂を分泌させないことが大切。頭の洗いすぎによる「皮脂過剰」にならないためには、1日1回の洗髪が理想です。

洗髪のポイント2 「夜」に洗う

髪を洗う時間は、朝よりも夜がベストです。昼間の汚れを次の日に持ち越さないことが頭皮環境をよくするためには大切。そのまま寝てしまうと、汗や汚れで「雑菌」が繁殖したり、皮脂を好む「常在菌」が過剰に増えすぎる可能性があります。菌が過剰な繁殖は、「かゆみ」や「炎症」をはじめとした「頭皮トラブル」の原因ですので、できる限り夜に洗髪するように心がけましょう。

朝シャンはできる限り控えましょう。

朝出かける前に洗髪すると、頭皮のバリア(皮脂)がない状態で外に出ることになります。バリアがない無防備な頭皮が「外部の刺激」にさらされますので、頭皮にとって良くありません。どうしても朝シャンが欠かせない人は、• 髪の汚れを洗い流す程度に洗う(水洗い)• 髪の毛の先のほうだけにシャンプーを使うなど、頭皮の皮脂を落としすぎないように心がけましょう。​

洗髪のポイント3 上か前を向いて洗う

下を向いて「逆毛」の状態で下から上に洗うのは、キューティクルの流れに逆らった洗い方です。毎日続けるとキューティクルにダメージが蓄積されてしまいます。
キューティクルがめくれた髪の毛は、クシや手ぐしでも引っかかりやすいため、抜け毛を誘発する原因です。なるべく前か上を向いた状態で、キューティクルの流れに逆らわないように、髪の毛の根元から先端にむかって洗いましょう。

洗髪のポイント4 「指の腹」で洗う

頭皮をゴシゴシ洗うと、爪が頭皮に当たってしまうことがあります。洗っているときに頭皮を傷つけてしまわないように、指の腹をつかってやさしくもみ洗いしましょう。髪の毛の汚れを落とすよりも、「頭皮を揉む」ことを意識して洗いましょう。両手の指の腹をつかって洗髪するときに、小指のツメが頭皮に当たりやすいので注意しましょう。しっかり注意すればツメを当てずに洗うことはできますが、慣れない間は頭皮を傷つけないためにも、両手の小指以外の計8本の指を使って洗髪しましょう。

髪や頭皮の正しい洗い方

1.洗髪の前のブラッシング

髪を洗う前に、まずは髪をブラッシングしましょう。
髪の毛についた「フケ」や「ホコリ」は、頭皮や髪の皮脂を吸い取り「油分」を多く含んでいます。油分が多いとシャンプーが泡立たなくなりますので、ブラッシングでしっかり取り除くことで、シャンプーの泡立ちが良くなります。髪の毛の絡みをほぐすことで「指通り」も良くなりますので、洗髪時の「頭皮への負担」を減らすことができます。いきなり髪の毛の根元からブラッシングすると、毛が絡まって切れ毛・抜け毛が増えてしまいます。 毛先をほぐすことでブラシに毛が絡みにくくなります。ブラッシングで使用するヘアブラシは、「クッションブラシ」か「パドルブラシ」がオススメです。どちらもクッション性に長けているため、頭皮に強く当てても刺激が少ないのが特徴。頭皮マッサージ効果も期待できますので一石二鳥です。

​2.湯洗い(前洗い)

髪を洗うときは、すぐにシャンプーを使わずに、じっくりと温めのシャワーで湯洗いをしましょう。(髪の長さに合わせて2~3分程度)。お湯が熱すぎると頭皮のストレスにもなりますので、37~39℃くらいの温かいお湯で洗いましょう。髪の汚れは湯洗いでほぼ落ちますし、頭皮の汚れも落ちやすくなります。お風呂を沸かすときは、シャンプーの前に湯船につかりましょう。頭皮が蒸れた状態になり、毛穴が開くのでよりいっそう汚れが落ちやすくなります。シャワーのみで軽く済ませたい場合は、頭を暖かいタオルで包み、先に体から洗うようにしましょう。体を洗っている間に頭皮が蒸されて毛穴が開きますので、湯船につかった状態に近くなります。

3.シャンプー、洗い方

前洗いのあとのシャンプーは、頭皮に直接シャンプーをかけるのではなく、手のひらに適量(短い髪で10円玉、長い髪で500円玉程度)をとり、お湯を混ぜて泡立てから、まんべんなく髪になじませましょう。そして、揉み洗いです。頭皮のよごれをかきだすイメージでゆっくりじっくり揉みながら洗いましょう。前洗いでフケやホコリなどの「髪の汚れ」はほぼ落ちていますので、頭皮を洗うイメージです。もちろん爪を立てるのは、頭皮によくないのでNGです。指の腹で揉み洗いしましょう。このとき、「頭皮マッサージ」をしながら洗うとより効果的です。

4.すすぎ(後洗い)

シャンプーの泡が頭皮に残らないように、シャワーでしっかりとすすぎましょう。頭皮トラブルの原因として、すすぎ不足が意外と多いです。泡が消えただけで満足しないで、充分すぎるくらいにすすぎましょう。

頭皮マッサージをしよう

頭皮マッサージはお手軽に頭皮の環境を良くする方法です。「生え際」や「頭頂部」をやさしく揉むことで、頭皮の血行が改善され、抜け毛や薄毛の予防になります。「リラックス効果」や、「ストレス緩和」の効果も期待できますので、毎日の習慣にしましょう。健康な頭皮は「厚み」と「弾力」がありますが、血流が悪い頭皮は「薄くて硬い」傾向にあります。自分の頭皮を指で押して、「手の甲」のように薄っぺらく張っているような感じがしたら血行が悪くなっている可能性があります。

​頭皮マッサージの正しいやり方

頭皮マッサージは、頭皮を揉みほぐすことで血流の良い「健康な頭皮」を目指す方法です。
頭皮の血行が良くなると、抜け毛の予防、 発毛促進など、薄毛改善に役立つ効果が期待できます。
さらに、「ストレス緩和」や「リラクゼーション効果」も期待できますので、手間の割にはたくさんの嬉しい効果を得ることができます。
頭皮マッサージの効果を最大限に実感するためには、「正しいやり方」を身につけることがとても大切。間違った方法では、効果が半減してしまいます。それでは、頭皮マッサージの「注意点」や「正しいやり方」、「効果を高める方法」をご紹介します。

ポイント1 過度な刺激はNG

頭皮はとても薄くデリケートな部位です。
頭皮に強い刺激を与えると、「皮下組織」や、「表皮の角質層」の細胞を傷つけてしまう恐れがあり、頭皮のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れる原因になってしまいます。頭皮マッサージをするときには、強く押さない、強くこすらない、ということに注意しながら、やさしく揉む・押すことを意識しましょう。
特に、薄毛が進行している人は、血行不良によって頭皮が硬くて薄くなっている可能性が高いので、過度な刺激を与えないように細心の注意を払いましょう。

ポイント2 小指はなるべく使わない

頭皮マッサージで小指をつかうと、角度的に頭皮に爪が当たりやすいため、頭皮を傷つけてしまうことがあります。
慣れるまでは、両手の人差し指、中指、薬指の3本(計6本)、または親指を加えた計8本をつかって頭皮を傷つけないようにマッサージしましょう。

ポイント3 面倒でも毎日続ける

頭皮マッサージは1日2~3分でできるお手軽な育毛方法です。
しかし、毎日続けてもなかなか頭皮マッサージの効果が実感できずに「本当に意味あるの?」と不安になって、やめてしまう人もいらっしゃいます。頭皮マッサージは、続けることで頭皮環境の改善を目指す行為です。続ければ続けるほど頭皮環境が良くなり、効果を実感しやすくなりますので、毎日続けましょう。

​ポイント4 マッサージのタイミングを見極めて効果アップ

就寝前

寝ている時は、髪のメンテナンスの時間でもあります。毎日の就寝前に頭皮マッサージをして血行を良くすることで、寝ている間の髪の成長に大きなプラスになります。また、頭皮マッサージには「リラックス効果」もありますので、より質の高い睡眠が取れるようになり、髪のメンテナンスの質が高まります。

洗髪時

毎日の洗髪も頭皮マッサージのチャンスです。
頭皮マッサージをしながら洗髪することで、頭皮の毛穴につまった「角栓」を取り除く「揉みだし」の効果が期待できます。
普通に髪を洗うよりも、頭皮環境を健康に保つことができますので、まさに一石二鳥の方法と言えます。

頭皮に優しいシャンプーを使おう

シャンプーの目的は、頭皮の汚れや皮脂を落とすことです。頭皮への刺激が強すぎるシャンプーや、洗浄力が強すぎるシャンプーは、使い続けると「皮脂の過剰分泌」を引き起こす可能性があります。シャンプーを選ぶときには、皮脂を適度に落としてくれる「頭皮に優しいシャンプー」を選びましょう。

​育毛に「余計な成分」はいらない

ドラッグストアやコンビニなどで市販されているシャンプーの中には、香りやツヤを意識して開発されたものも多いです。香りやツヤを出すための成分は、育毛観点でみると「余計な成分」です。これらの余計な成分が多いほど「育毛」の妨げになりますので、シャンプー選びには慎重になりましょう。

「刺激」や「洗浄力」が強いシャンプーはハゲの原因?

薄毛に悩み出すと、シャンプーにも気を使いたくなりますよね。しかし、使うシャンプーによっては逆効果になってしまうことも。頭皮を清潔に保つことは育毛に有効ですが、洗浄力が強いシャンプーを使うと、逆に頭皮の環境を悪化してしまいます。

シャンプーによっては薄毛の原因に

刺激が強い成分は、頭皮の炎症を引き起こす原因に
皮膚に合わないものや、刺激の強いものをつけると、肌が荒れてしまいますよね。ひどいときには、炎症を起こしてしまいます。
頭皮も顔と皮膚でつながっていますので、肌と同じように肌荒れや炎症が起きる可能性があります。
シャンプーの中には、刺激が強い成分が配合されている商品もあり、知らずに使うと頭皮トラブルを引き起こす恐れがあります。
洗浄力が強すぎると、皮脂の過剰分泌の原因にシャンプーの中には、油性が強く、洗浄力が高いものがあります。頭皮の汚れをスッキリ落とすことに長けていますが、洗浄力が強すぎると、頭皮の皮脂を必要以上に落としてしまいます。皮脂には頭皮を守るバリアのはたらきがありますので、皮脂を落としすぎると、人間の体は不足した皮脂を補充するために分泌を始めます。これがかえって過剰な量の皮脂を分泌してしまい、抜け毛を誘発する原因になります。

シャンプーの洗浄成分に注目

市販されているシャンプーの洗浄成分は 高級アルコール系、せっけん系、アミノ酸系の3種類があります。
「高級アルコールシャンプー」は、高い洗浄力で有名です。
この「高級」とは価格が高いという意味ではなく、分子中の炭素の量で「高級」「低級」に分けられており、高級になると油性が強く洗浄力が高くなります。
シャンプーの中にはいい匂いを付けるために、香料が含まれていたり、着色料や保存料などが多いものもあり、本来皮脂を落とすためには関係の無いこれらの成分は、デリケートな頭皮には刺激が強すぎます。洗浄力が強すぎないアミノ酸系か石けん系のシャンプーを選びましょう。ドラッグストアにも頭皮に低刺激のシャンプーはたくさん売られていますので、配合成分と価格で吟味して、自分に合ったシャンプーを見つけましょう。

価格にこだわらないなら「育毛シャンプー」

育毛シャンプーは、頭皮環境を整えることを目的として作られたシャンプーです。シャンプーの中では育毛に特化しているのですが、価格が高いのが難点。3000円を超える高いシャンプーも珍しくはありませんので、ご自身の予算に合わせてシャンプーを選びましょう。

原因に合った「育毛剤」を使おう

育毛剤の用途は大きく分けると、「頭皮環境の改善」「髪の成長を促進」「AGA対策」の3つに分かれます。同じように見える育毛剤でも、配合されている成分によって期待できる効果が違いますので、自分の薄毛の原因に合った育毛剤を選ぶことが重要です。​

育毛剤で「AGA対策」できる?

近年の育毛剤は、AGAの原因である「DHT」の生成を抑制する成分が配合されている商品も増えています。「オウゴンエキス」や「ヒオウギエキス」に代表される「AGA対策成分」が高配合されている育毛剤は、AGAの進行を止める効果が期待できます。近年、日本の育毛剤は、10年前と比べて比較にならないほど進化しています。2013年に日本の育毛剤を販売する企業の研究団体が「世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞したことからも分かるように、日本の育毛剤のレベルはもはや世界トップクラスです。育毛剤は数多くありますが、AGA対策成分が配合されている育毛剤に限り、はげ対策の利用優先度はかなり高いです。

​効果的な使い方

育毛剤を使うタイミングは、お風呂上がりが理想です。洗髪で頭皮の汚れをスッキリ落とすことで、浸透率が高まります。 夜10時から深夜2時までは「髪のゴールデンタイム」と呼ばれ、成長ホルモンの分泌が盛んになり、髪が成長します。育毛剤を使用して、髪のゴールデンタイムに就寝することで、髪の成長をサポートできます。
ベストは、入浴後に使用し22時に就寝。 お風呂から上がって、育毛剤を塗布して22時に寝るのが理想ということですね。なかなか習慣にするのは難しいと思いますが、「お風呂上がり」、「ゴールデンタイムの睡眠」のどちらかでも習慣にしましょう。

育毛剤の成分

血行を促進する成分

塩化カルプロニウム、ニンニクエキス、センブリエキス、ビタミンE など

毛母細胞を活性化する成分

ビタミンA、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸カルシウム など

抗男性ホルモン

オウゴンエキス、ヒオウギエキス、チョウジエキス、など

​頭皮の炎症をおさえる成分

アズレン、アラントイン、グリチルリチンなど

フケを抑制する成分

フェノール、硫黄、クロルヘキシジン、ヒノキチオール、など

かゆみを抑える成分

アラントイン、アズレン、グリチルリチンなど

頭皮の保湿成分

コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、な

頭皮への浸透を促進する成分

l-メントール、l-リモネン、ビサボロール など

どれくらいで効果が出る?

髪にコシが出たり、産毛が生えたりするのは比較的早い期間で実感できるケースが多いようです。ただし、生えてくる髪を増やすためには、それなりの期間がかかります。薄毛改善を実感するには、 実際に薄毛改善効果を実感するまでには、半年~1年と考えておきましょう。
髪のヘアサイクルは、成長期が3~5年、退行期が2~3週間、休止期が3ヶ月です。育毛剤を使用しても、今生えている毛がすぐに太くなるわけではありません。これから成長期に移行して生えてくる毛に影響すると考えると、やはり半年以上の期間はかかってしまいます。

​どんな人に効果的?

個人差はありますが、はげの予備軍や、薄くなってきたばかりの人の方が高い効果を感じやすいです。長期間はげを放置した人は、効果を実感するまで長い期間が必要です。なくなった髪を生やすよりも、今生えている髪を維持したり、ヘアサイクルが乱れるまえに、正常なヘアサイクルに戻すほうが簡単ということですね。
AGAは、脱毛物質「DHT」と「アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)」が結びつくことで発症する脱毛症です。
アンドロゲンレセプターの感受性が強い人ほど、脱毛物質「DHT」と強く結びつくため、薄毛が進行しやすい体質といえます。
AGA育毛剤に配合されている有効成分は、DHTの生成を抑制するはたらきがありますので、DHTの影響を受けやすい「感受性が強い人」のほうが高い効果を実感できる傾向にあります。アンドロゲンレセプターの感受性は、母親の血統から遺伝で受け継がれます。生まれたときからすでに感受性の強弱が決まっていますので、自分ではどうすることもできません。感受性が強い人は「ハゲる体質」と言えますので、感受性が弱い人よりも早く適切な対策をすることが大切です。(※アンドロゲンレセプターの感受性の強弱は、AGAクリニックの遺伝子検査で調べることができます。)

どんな育毛剤がいいの?

AGAが原因の場合は、AGA育毛剤しか効果が期待できません。
逆に、AGA以外の原因で薄毛が進行しているなら、血行促進、頭皮環境正常化など、それぞれの原因に合った育毛剤が良いです。
AGAならAGAの進行に関係する「5αリクターゼ」の働きを阻害する成分が含まれている育毛剤(AGA育毛剤)は効果が期待できます。
育毛剤に配合されている成分では、

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス

が、高い効果が期待できます。これら2つの成分が一緒に配合されている育毛剤を選びましょう。

おススメAGA育毛剤はこちらです!

【チャップアップ】

•    チャップアップ単品購入:7,400円

•    チャップアップ+サプリ 定期購入:9,090円

チャップアップは、育毛サプリメントが1,690円で購入できコスパ抜群です。しかも定期購入がお得&いつでも解約可となっています。育毛剤の中には、定期コースは3回(3ヶ月)縛りなどの条件付きの育毛剤も多いのですが、チャップアップの定期コースはどちらも継続の縛りがありません。万が一効果を実感できなかった場合は、1回(1ヶ月)でも解約ができますので安心です。

-薄毛(AGA)治療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

薄毛の予防・改善に効果的なサプリメント

そもそもサプリメントとは健康食品の一つで、さまざまな栄養素が凝縮された、錠剤やカプセルを指します。「飲みすぎや胃もたれにはウコン」「つらい疲れにはクエン酸」など、馴染みがあるサプリもあるのではないでし …

薄毛になる生活習慣

男性の薄毛のほとんどはAGAが原因ですが、生活習慣も軽視してはいけません。悪しき生活習慣は、「薄毛の進行スピード」や、「薄毛の改善率や、改善の早さ」に影響します。 ​薄毛になる生活習慣 その1 睡眠不 …

AGA服用薬の購入先

くすりエクスプレス 2018年2月からくすりエクスプレスで購入した ミノキシジルとフィステナリドを服用しております お買い求めの際は下記のリンクからどうぞ 服用にあたりましては、自己責任でお願いいたし …

薄毛の予防改善に効果的なAGA治療薬

プロペシアとミノキシジルは、AGA治療薬として国内で認可されている公式の治療薬です。効果と実績のある2つの治療薬ですが、どちらも即効性があるわけではありません。ある程度の時間をかけて使用することで、効 …

頭皮環境の悪化が薄毛の原因

​頭皮環境の悪化や、頭皮へのダメージは、「抜け毛を誘発」したり、「髪の成長を妨げる」たりする原因です。 ​刺激の与えすぎはハゲる! 頭皮は、皮膚が薄く、皮膚の内側に細い血管がたくさん通っているデリケー …

Count per Day

  • 651402総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング