投資と断酒とミニマリスと 

INVETSING and SOBRIETY and MINIMALIST

断酒

禁酒していても、人付き合いはできる You can get sober and still socialize. 你可以在清醒的情况下仍然进行社交活动。

投稿日:2021年10月15日 更新日:

禁酒していても、人付き合いはできる。

「断酒」というキーワードで検索していろいろなサイトを見ていると、流行のノンアルコール飲料の美しい写真が並んでいるものが多いことに気づきました。

もちろん、パーティーや食事の際にそのようなお酒を選ぶことが悪いことだとは思いませんが、ちょっと困ってしまいます。

「断酒」は、ノンアルコールカクテルを飲むことではありません。

冷静に考えれば、生活の中でアルコールを連想させるものからさらに遠ざかることができるはずです。

夜の飲食を伴う付き合いは最小限に抑えられます。

昭和や平成の時代には、お酒が飲めないと制約を感じるビジネスマンや、そもそも飲み会で人とつながれないと仕事ができないという話も聞きました。

会社員の方であれば、定期的に社内交流会を行っている部署に所属している方も多いと思います。

また、参加しないと、しつこく「なぜ?としつこく聞かれるというのは、私にとってはよくあるシナリオだと思います。

最悪の場合、「えっ、パーティーに行かないの? あなたは自分勝手だわ!」

しかし、それはもう過去の話です。

日本になって世の中が少しずつ変わってきて、飲み会への参加を強要することがパワハラとみなされるようになり、以前よりもずっと簡単に嫌悪感を表明できるようになりました。

さらに、この「飲み屋でコミュニケーションを取らないと存在できないワークスタイル」は、働き方改革の一環として改革すべきだと思います。

仕事で同僚との親交を深める

以前、同僚が上司やキーパーソンと毎週のように飲み会をしているのを見て、「自分も参加しないと情報が得られないのではないか」と悩んでいた時期がありました。

その部分が自分の損になっていたのは確かです。

友人にしか教えていない重要な仕事の情報があるかもしれません。

とはいえ、これからの世界では、若者の居酒屋離れや飲酒を強要する風潮が衰えることはないので、「酒浸り」は確実に死語になるだろう。

それは、自分の仕事に関わる人たちと信頼関係を深め、仕事を通じて職場で交流するというシンプルなものです。

プライベート面について

友情を深めるために、友人や同志と同じテーブルで食事をしたいと思う気持ちはよくわかります。

一番いいのは、日が沈む前のランチタイムに対話することです。

しかし、会社員の場合、平日の午後遅く以降しか利用できなかったり、週末は家庭の事情で利用できなかったりすることもあります。

ここでは、いくつかの選択肢をご紹介します。

平日の夜しか選択肢がない場合は、夜に営業しているカフェを利用するといいでしょう。

大食いでない人は、夕食にカフェで軽食をとることもできます。

ただし、22時以降は酔っぱらいが酔い覚ましにやってくることもあります。

本当に「おしゃべり」がしたいのであれば、積極的にネット上でのおしゃべりの機会を増やしてみてはいかがでしょうか。

通信機器が良ければ、騒がしいレストランで話すよりもずっと会話に集中できます。

二人きりで雨や雪が降っていなければ、散歩するのも悪くありません。

体を動かすのに最適な方法ですし、体を動かしていると、比較的ポジティブな考えや会話ができるようになると思います。

女性がアルコールのあるレストランを避けるべき理由

酔っぱらった女性は、少しでも酔っぱらっていると隙だらけになります。

自分の会社の社員として、

飲み会に参加しないことで不利になるのではないか?

男性と比べて昇進が遅くなるのでは?

と思った女性は多いのではないでしょうか?

逆に、飲み会に参加すればするほど、反感を覚えることもあります。

アルコールの代謝は体の大きさに比例しますので、どうしても女性は男性よりもお酒に弱い傾向があります。

お酒に酔っている女性を見ると、昭和脳の馬鹿ども(失礼!)は、「お前は酔っ払っているんじゃないか?」と絡んでくるかもしれません。

「あわよくばヤレるかも?」と思って言い寄ってくる男性も、少なくないはずです。

特に若い女の子には、飲み会の誘いはなるべく断った方がいいと思います。

親睦を深めるだけなら、食事でいいのです。

そして、誰かと一緒に食事をするなら、昼間にしましょう。

騒がしいバーには行かない

たとえシラフであっても、バーでの騒がしいパーティーには行くべきではありません。

夜のパーティーであっても、話したい人がいる場合、比較的静かなレストランであれば話ができるのでいいのですが、バーで騒がしくて話ができないとなると、そこで過ごす時間はとても損をしているように思えてしまいます。

そう、時間のロスなんです。

居酒屋に行くのは何か重要な用事があるときだけにしたほうがいいということです。

夜の集まりは最小限にして、社会的なつながりを維持する

結局のところ、夜食は自分が何を求めているかが重要なのです。

自分が求めているものを提供してくれそうか?

自分の目的に合わなければ参加しない。

そして、まれに夜の食事に参加することがあっても、その時に初めてノンアルコール飲料を楽しめばよいのです。

You can get sober and still socialize.

When I search for the keyword “sober curious” and browse through the various websites, I notice that many of them are lined with beautiful pictures of stylish non-alcoholic drinks. Of course, I don’t think it’s a bad idea to choose such drinks when you’re having a party or eating out, but I’m a little bewildered.
Sobercurious should not mean drinking a cocktail without alcohol in it.
If you are sober-curious, you should be able to live further away from anything that reminds you of alcohol.

Socializing with food and drink in the evening can be minimized.

In the Showa and Heisei eras, I’ve heard stories of businesspeople who felt restricted if they couldn’t drink, or even worse, couldn’t do their jobs unless they were able to connect with people at drinking parties in the first place.
If you are a company employee, I am sure that many of you have belonged to a department where in-house social gatherings are frequently held. And if you don’t attend, you will be persistently asked “Why? I think it was a common scene for me to be persistently asked “why? In the worst case scenario, “What? You’re not coming to the party? How selfish of you! In the worst case scenario, they would say to me, “What?
But that’s all in the past now. However, this is now a thing of the past. The world has gradually changed with the advent of Japan, and forcing someone to attend a drinking party is now recognized as a form of power harassment, and it is much easier to express your disapproval than in the past. In addition, such a “work style that cannot exist without communication at the bar” should be reformed as part of the work style reform.

Deepen friendships with colleagues through simple work.

There was a time when I used to see my colleagues (mostly male) drinking with their bosses and other key people in the company every week, and I used to worry that if I didn’t join them, I wouldn’t get the information I needed. I was worried. And I’m sure that was partially to my detriment. There may have been important information for work that was shared only with your friends.
Nevertheless, in the future world, “drinking-nication” will definitely become a dead word, as the trend of young people leaving the bar and forcing people to drink will never weaken. It’s simple: deepen the relationship of trust with work-related people through work and interact with them at work.

Private

I understand the feeling of wanting to share a table with friends and comrades to deepen our friendship. The best way to do this is to communicate over lunch before the sun goes down. However, if you are an office worker, you may only have free time after evening on weekdays, and you may not be able to be free on weekends due to family matters. Here are some alternatives for you to consider.
If your only choice is weekday evenings, you can use a cafe that is open in the evening.
If you are not a big eater, you can have a light meal at the cafe for dinner. However, after 10:00 p.m., drunks may come to sober up.

If you really just want to “talk”, how about actively increasing your opportunities to talk online?
If the communication equipment is good, you can concentrate on the conversation much better than talking in a noisy restaurant.

If it’s just the two of you, and it’s not raining or snowing, taking a walk is not a bad idea.
It’s a good way to get some exercise, and I feel that when you’re physically active, you tend to have relatively more positive ideas and conversations tend to be more positive.

Why women in particular should avoid restaurants where alcohol is served

Because drunk women, even tipsy ones, are full of gaps.
As an employee of a company, am I being disadvantaged by not having drinking vacations? Will I be promoted later than my male peers? On the other hand, I often felt resentful if I attended drinking parties.
On the other hand, the more I attended drinking parties, the more I felt resentful. That is, men would look at me curiously. I have never had a strong constitution against alcohol, and when I drink, they can easily tell that I am drunk. And then they’d say, “You’re drunk, aren’t you? And when I was teased by a smirking man, “You’re drunk, aren’t you? I would come to my senses. It was a really unpleasant memory.
Especially for young girls, I would tell them, “If at all possible, you should refuse invitations to drinking parties! “If you are going to have dinner with someone, do it in the daytime! If you want to have dinner with people, do it in the daytime! If you are going to have dinner with people, do it in the daytime.

Don’t go to noisy pubs.

Even if you are sober, you should not go to a noisy gathering at a pub.
Even if it’s an evening gathering, it’s fine if the people you want to talk to are there and if it’s a relatively quiet restaurant where you can talk to them, but if it’s a pub, it’s too noisy to talk to them, and the time you spend there seems to be a huge loss. Yes, it is a loss of time.
In the Sober Curious way of life, you should only go to an izakaya when you have something important to do.

Minimize evening dinners, but still maintain social connections

In the end, evening dinners are all about what you are looking for in a place. Is it likely to give you what you are looking for? If it doesn’t suit your purpose, don’t attend.
If it does not suit your purpose, don’t participate. And on the rare occasions when you do participate in evening dinners, that is when you should start enjoying non-alcoholic drinks for the first time.

你可以在清醒的情况下仍然进行社交活动。

当我搜索关键词 “好奇的清醒 “并浏览各个网站时,我注意到许多网站上都排满了时尚的无酒精饮料的精美图片。当然,我不认为在开派对或外出就餐时选择这种饮料是个坏主意,但我有点困惑。
清醒好奇不应该意味着喝不含酒精的鸡尾酒。
如果你是清醒的好奇心,你应该能够在生活中进一步远离任何让你想起酒精的东西。

晚上吃喝玩乐的社交活动可以降到最低。

在昭和和平成时代,我听说过一些商人的故事,如果他们不能喝酒,就会感到受到限制,甚至更糟糕的是,除非他们首先能够在饮酒聚会上与人联系,否则就无法完成工作。
如果你是公司员工,我相信你们中的许多人都属于一个经常举行内部社交聚会的部门。而如果你不参加,就会被人锲而不舍地问:”为什么? 我想这是我常见的场景,被人锲而不舍地问:”为什么? 在最糟糕的情况下,”什么,你不去参加聚会?你真是太自私了!”。在最坏的情况下,他们会对我说:”什么?
但那都是过去的事了。然而,现在这已经是过去式了。随着日本的出现,世界已经逐渐发生了变化,现在强迫别人参加酒会已经被认为是一种权力骚扰,而且表达你的不同意比过去容易得多。此外,这种 “不在酒吧交流就不能存在的工作方式 “应该作为工作方式改革的一部分进行改革。

通过简单的工作加深与同事的友谊。

曾经有一段时间,我经常看到我的同事(大部分是男性)每周与他们的老板和公司的其他关键人物喝酒,我曾经担心,如果我不加入他们,我将无法获得我需要的信息。我很担心。我确信这部分是对我不利的。可能有一些重要的工作信息只与你的朋友分享。
尽管如此,在未来的世界里,”喝酒-奉献 “肯定会成为一个死词,因为年轻人离开酒吧,强迫人们喝酒的趋势永远不会减弱。这很简单:通过工作加深与工作相关人员的信任关系,在工作中与他们互动。

私人

我理解那种想与朋友和同志们同桌吃饭以加深友谊的心情。最好的方法是在太阳下山前的午餐时间进行交流。然而,如果你是一名办公室工作人员,你可能只有在工作日的傍晚之后才有空闲时间,而且由于家庭事务,你可能在周末也不能有空。这里有一些备选方案供你考虑。
如果你唯一的选择是工作日的晚上,你可以使用在晚上营业的咖啡馆。
如果你不是一个大胃王,你可以在咖啡馆吃一顿简餐作为晚餐。然而,晚上10点以后,醉汉可能会来醒酒。

如果你真的只是想 “聊天”,那么积极增加网上聊天的机会如何?
如果通讯设备好,你可以集中精力谈话,比在嘈杂的餐厅里谈话好得多。

如果只有你们两个人,而且没有下雨或下雪,散步也不是一个坏主意。
这是一个锻炼身体的好方法,我觉得当你身体活跃的时候,你往往会有相对更积极的想法,谈话也会更积极。

为什么女性特别应该避免去有酒的餐馆

因为喝醉的女人,即使是微醺的女人,也是充满了差距。
作为公司的员工,我是不是因为没有喝酒的假期而处于不利地位?我是否会比我的男性同龄人更晚得到晋升?另一方面,如果我参加饮酒聚会,我经常感到反感。
另一方面,我越是参加饮酒聚会,越是感到反感。也就是说,男人会好奇地看着我。我对酒精从来没有强烈的体质,当我喝酒时,他们很容易就能看出我喝醉了。然后他们会说:”你喝醉了,对吗?而当我被一个嬉皮笑脸的人取笑说:”你喝醉了,是不是?我就会清醒过来。那是一段非常不愉快的记忆。
特别是对年轻女孩,我会告诉她们:”如果可能的话,你应该拒绝喝酒聚会的邀请!”。”如果你要和某人共进晚餐,请在白天进行! 如果你想与人共进晚餐,就在白天进行!如果你想与人共进晚餐,就在白天进行。如果你要与人共进晚餐,就在白天进行。

不要去嘈杂的酒吧。

即使你是清醒的,你也不应该去酒吧里的嘈杂聚会。
即使是晚上的聚会,如果你想交谈的人在那里,如果是一个相对安静的餐厅,你可以和他们交谈,那也没有问题,但如果是酒吧,太吵了,无法和他们交谈,你在那里花费的时间似乎是一个巨大的损失。是的,这是一种时间的损失。
在清醒的好奇心的生活方式中,你应该只在有重要事情要做的时候去居酒屋。

尽量减少晚间聚餐,但仍然保持社会关系

归根结底,晚上的晚餐都是关于你在一个地方寻找的东西。它是否有可能给你你所寻找的东西?如果它不适合你的目的,就不要参加。
如果它不适合你的目的,就不要参加。而在你参加晚间聚餐的极少数情况下,这时你应该开始第一次享受无酒精饮料。

居酒屋 三代目鳥メロ 飲み会に二次会がある場合に幹事が知っておきたいこと|公式サイト 焼き鳥 居酒屋


以下の商品は個人輸入のネット通販による飲み薬です。

ご購入とご使用にあたりましては、自己責任でお願いします。

購入・使用等に関わる全ての損害について当方は一切責任を負いません。

薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村



 

TOPへもどる

-断酒

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今すぐ断酒することのメリット The Benefits of Getting Sober Before Others 在他人面前保持清醒的好处

今すぐ断酒することのメリット 日本では、コンビニエンスストアで24時間お酒を買うことができます。 また、未成年者への酒類の販売は法律で禁止されていますが、IDなしで酒類を購入できる人については厳密な規 …

アルコール依存症予備軍の特徴 Characteristics of Pre-Alcoholics 酒精中毒前期患者的特征

あなたは大丈夫?アルコール依存症予備軍の特徴 かつて一緒に飲んでいた人たちは、私のことを「幸せな酒飲み」と思っていたかもしれませんが、「元アルコール依存症」と思っていた人はいなかったと思います。 むし …

断酒と人間関係の簡素化 Relationship Simplification 简化关系

人間関係の簡素化 人間関係をシンプルにして、ストレスを感じさせないようにすれば、しらふで好奇心旺盛になり、過度な飲酒をしなくなる可能性が高くなります。 断酒(禁酒)に向けている人の中には、何度も断酒や …

つい酒を飲みすぎてしまうのは何故か? Why do we tend to drink too much? 为什么我们容易喝多?

つい酒を飲みすぎてしまうのは何故か? “お酒が好き”、”お酒を飲んでパーティーをするのが好き”、”楽しいからお酒を飲む!” そう …

断酒はクール Sobriety is cool. 清醒的感觉很好

ファッションの大原則は、健康であること。 恋愛でも仕事でも、お酒は私たちの生活の中で当たり前のものになっています。 飲酒には健康上のメリットがないことが明らかになった今、シラフでいることを選択するのは …

Count per Day

  • 628277総閲覧数:
  • 69今日の閲覧数:
  • 82昨日の閲覧数:
  • 53今日の訪問者数:
  • 68昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

Powered by RSSリスティング