薄毛(AGA)治療法

男性型脱毛症(AGA)とは?

投稿日:

AGAは、男性の薄毛原因の約9割を占める「男性ホルモン」が関係する「脱毛症」です。

何故、AGAが危険なのか?

AGAになると、他の薄毛とは比較にならないほど「抜け毛」が増えます。しかも、AGAは進行性の脱毛症。最終的には、ツルツルに見えるまで薄毛が進行してしまいます。AGAのリスクさらに厄介なことに、通常のハゲ対策では治すことができません。

・通常の育毛剤では効果なし

・育毛シャンプーもダメ

・生活習慣を改善しても治らない

AGAになるとどうなるの?

1. 髪の毛が充分に成長できなくなる

AGAになると、毛髪を作り出す「毛包」が大きく成長できなくなります。小さな毛包では、髪は太く強く育つことができず、長く伸びる前に抜けてしまいます。髪の毛が成長する期間(成長期)は、通常なら3~5年ほどありますが、AGAになると半年から1年に短縮されます。そのため、正常な髪のサイクルの間に、「生える→抜ける」を4~5回繰り返します。

2. 細くて短い毛が目立ち始める

軟毛「生える→抜ける」のローテーションが早くなると、髪の毛は充分に成長できませんので、成長途中の細い「軟毛」が目立ち始めます。「軟毛」が増えると、髪のボリュームが減り、頭皮が透けて見えます。

3. 薄毛が広範囲に広がる

AGAが進行すると、細くて短い毛の割合がどんどん増えて、薄毛が広範囲に広がります。最終的には、髪の毛が「産毛」のようになり、「毛が生えていない」ように見えます。

AGAになる原因は?

AGAは、DHT(強力な男性ホルモン)、遺伝が原因で発症します。

【原因1】DHT(ジヒドロテストステロン)

男性ホルモンDHTは、「テストステロン(誰にでも存在する男性ホルモン)」と「Ⅱ型5αリダクターゼ(頭皮の毛乳頭に存在する酵素)」によって生成されます。作られた「DHT」は、髪の毛の成長を強制的にストップさせ、毛が抜けるように働きかけます。

【原因2】遺伝

「AGAそのもの」が遺伝するわけではなく、どれだけ「DHT」が作られやすいか

どれだけ「DHT」の影響を受けやすいかが、生まれたときから遺伝で決まっています。これらの「遺伝要素」を受け継いでいる人は、薄毛が進行しやすい「AGA体質」と言えます。

こんな人はAGAの可能性が高い

若ハゲ

若ハゲの男性10~20代の若い年齢の頭皮は、「毛の生える力」が強いため、ちょっとやそっとの薄毛原因ではハゲません。この元気な頭皮が薄くなるのは「強力な脱毛症状」を起こす「AGA」が原因の可能性がきわめて高いです。

細くて短い抜け毛が多い

細くて短い抜け毛抜け落ちた毛が「細くて短い」のは、髪が充分に成長できずに抜けてしまった証です。AGAが発症して、ヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。

特定の部位だけが薄い

AGAは、薄毛の進行パターンが決まっています。

  • M字ハゲ M字ハゲ(生え際の両サイド)
  • O型ハゲ O型ハゲ(つむじ周辺・頭頂部)
  • U字ハゲ U字ハゲ(生え際の中心)

上のパターンは 、AGAの典型的な症状です。後頭部と側頭部の髪の毛がしっかり残っているのも特徴です。

AGAは「早期の対策」が重要!

AGAの進行はとても早いので、ちょっと薄いだけだからまだ大丈夫!と思っている人は要注意。世界的に有名な製薬会社「MSD」の調査によると、5.1㎠の円形の髪の量(約903本)は、5年後には約250本も減ってしまいます。

早く対策しないと「手遅れ」に

髪の毛はヘアサイクルによって「生える→抜ける」を繰り返しています。このヘアサイクルは、一生のうちに40~50回が限界で、その後はどんな治療をしても髪の毛は生えません。AGAが発症すると、ヘアサイクルの回転が何倍も早くなりますので、髪の毛の寿命が早く尽きてしまいます。ヘアサイクルが限界回数に近づくほど「改善率」はどんどん低下します。

AGAを改善するためには、まだ回転の余力が多く残っている早い段階でヘアサイクルの回転を「正常時」に戻し、「髪の寿命」を延命することがとても重要になります。

断酒関係の記事はこちら

FX関係の記事はこちら

ミニマリスト関係の記事はこちら

おススメFX業者

ユーロポンド(EUR/GBP)と豪ドルNZドル(AUD/NZD)の取引ができるFX業者

トレイダーズ証券[みんなのFX]

FX取引ならヒロセ通商へ

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

LINE証券

楽天証券(FX)

取引ツールが使いやすいFX業者

DMM FXは初心者向け

 


薄毛(AGA)治療薬セット

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

TOPへもどる

 

-薄毛(AGA)治療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

薄毛予防に効果的な育毛シャンプー

育毛シャンプーと皆さんが普段使っている従来のシャンプーの大きな違いは目的にあります。従来のシャンプーの目的は髪や頭皮の汚れを落とすことにあります。育毛シャンプーの目的は、頭皮環境を整えることになります …

薄毛になる生活習慣

男性の薄毛のほとんどはAGAが原因ですが、生活習慣も軽視してはいけません。悪しき生活習慣は、「薄毛の進行スピード」や、「薄毛の改善率や、改善の早さ」に影響します。 ​薄毛になる生活習慣 その1 睡眠不 …

タイプ別 9つのはげ方

1 男性型脱毛症(AGA) 男性型脱毛症(AGA)は、一般的に30~40代から発症する脱毛症です。男性の薄毛の9割以上が、このAGAが原因です。AGAが発症すると、毛髪が充分に成長する前に抜け落ちてし …

薄毛にならないためのヘアケア、スカルプケア方法

​間違ったヘアケア方法を続けると、頭皮環境が悪くなる可能性があります。正しいヘアケアを実践して、健康な頭皮を目指しましょう。 正しい頭の洗い方 毎日の洗髪で、「正しい洗い方」を心がけることで、頭皮環境 …

薄毛の予防改善に効果的なAGA治療薬

プロペシアとミノキシジルは、AGA治療薬として国内で認可されている公式の治療薬です。効果と実績のある2つの治療薬ですが、どちらも即効性があるわけではありません。ある程度の時間をかけて使用することで、効 …

Count per Day

  • 651400総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング